4月28日のユーロ円

daily0428_20170428115158dfe.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます。)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は下落しました。昨日のロウソク足を見ると、前日と同様に上ヒゲの先が黒い下降トレンドラインaで止まっていることから、今もこの下降ラインが有効であることが読み取れます。

また、昨日は4月24日の高値付近で安値を付けましたので、この4月24日の高値がサポートラインになっていることがわかります。今日のロウソク足は今のところ陰線になっていますが、これからこの4月24日の高値を下抜けするかどうかが、ショートで攻める際のポイントになってくるでしょう。

それでは、1時間足チャートを見ていきましょう。


hourly0428_20170428115200b6c.jpg


前日営業日の展開は、

前半 上昇
中盤 レンジ
後半 下降

の流れとなりました。

今日の市場が始まってから1時間足ロウソク足はほぼ1時間足-1σの下で推移しており、1時間足平均線が下に向かっていますので、今は売り目線です。しかし、昨日と同様に4月24日の高値付近からのサポートを受ける可能性もありますので、ショートで攻めるなら4月24日の高値を下抜けしたときにエントリーして、まずは3月28日の高値を目標に、それを下抜けした場合は120円を目標に攻めて行くといいでしょう。

ロングで攻めるなら、1時間足平均線を越えるまで待つべきです。このラインを越えれば1時間足ボリンジャーバンドが収束し、持ち合いの値動きになる可能性が見えてきますので、1時間足+2σを目標に攻めて行くといいでしょう。

★ご注意
ご提供する配信データはあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


4月27日のユーロ円

daily0427_20170427115842cc3.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます。)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は下落しました。昨日のロウソク足を見ると、上ヒゲの先が黒い下降トレンドラインaで止まっていることから、この下降ラインからの抵抗を受けたことが読み取れます。

また、昨日は121円付近で安値を付けていることから、昨日は121円から黒い下降トレンドラインaの間で持ち合いの値動きをしていたことがわかります。

今日のロウソク足は今のところ陽線となっていますが、再び黒い下降トレンドラインaからの抵抗を受ける可能性もありますので、ロングで攻めるなら、この下降ラインを越えるまで待った方がいいと思います。

それでは、1時間足チャートを見ていきましょう。

hourly0427_20170427115843e14.jpg


前日営業日の展開は、

前半 上昇
中盤 下降
後半 レンジ

の流れとなりました。

今は1時間足ボリンジャーバンドが水平なので、上昇・下降どちらのサインも出ていません。

これからロングで攻めるなら、日足チャートの黒い下降トレンドラインaを上抜けするまで待つべきです。このライン上抜けすれば1時間足ボリンジャーバンドが拡がり、さらに伸びて行く可能性が見えてきますので、このラインを上抜けしたときにエントリーして、3月12日の高値を目標に攻めて行くといいでしょう。

ショートで攻めるなら、121円を下抜けしたときにエントリーして、まずは4月24日の高値を目標に、それを下抜けした場合は120円を目標に攻めて行くといいでしょう。

★ご注意
ご提供する配信データはあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


4月26日のユーロ円

daily0426_201704261305074d3.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます。)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は大きく上昇しました。

昨日はロングで攻めた場合の目標値である前日の高値を越え、日足+2σ付近まで上昇していきましたので、ロングで追いかけていった場合はいつ値戻りをしても損失を出さないように損切が重要でした。

今日のロウソク足も今のところ陽線となっていて、今は日足+2σの付近にいますが、これから日足+2σからの抵抗を受ける可能性がありますので、まだロングで攻めるべきではありません。ロングで攻めるなら、黒い下降トレンドラインaを越えるまで待った方がいいと思います。

それでは、1時間足チャートを見ていきましょう。
hourly0426_201704261311588d1.jpg


前日営業日の展開は、

前半 上昇
中盤 上昇
後半 上昇

の流れとなりました。

今は1時間足ロウソク足が1時間足+1σの上で推移していますが、日足+2σを上抜けできていないので、まだロングで攻めるべきではありません。これからロングで攻めるなら、日足チャートの黒い下降トレンドラインaを上抜けしたときにエントリーして、3月12日の高値を目標に攻めて行くといいでしょう。

ショートで攻めるなら、一昨日の高値を下抜けするまで待つべきです。このラインを下抜けすれば1時間足平均線を下抜けし、1時間足ボリンジャーバンドが収束していく可能性が見えてきますので、1時間足-2σを目標に攻めて行くといいでしょう。

★ご注意
ご提供する配信データはあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


4月25日のユーロ円

daily0425_2017042511372301a.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます。)

まずは日足チャートからの分析です。

ユーロ円はフランス大統領選の第一回投票の結果を受けて大きく上昇し、一時的に121円付近まで上昇しましたが、昨日は日足+1σの下まで値戻りをしました。

昨日のロウソク足を見ると、下ヒゲの先が119円のラインで止まっているため、119円のラインからのサポートを受けていることが読み取れます。今日のロウソク足は今のところ陽線になっていますが、これからサポートラインである119円を下抜けすれば、さらに下落する可能性が見えてくるでしょう。

それでは、1時間足チャートを見ていきましょう。

hourly0425_20170425113724706.jpg


前日営業日の展開は、

前半 下降
中盤 レンジ
後半 レンジ

の流れとなりました。

今は1時間足ボリンジャーバンドが収束して水平になっていますので、上昇、下降どちらの勢いも出ていません。これからショートで攻めるなら、119円のラインを下抜けしたときにエントリーして、2月24日の終値を目標に攻めて行くといいでしょう。

ロングで攻めるなら、120円のラインを越えるまで待つべきです。このラインを越えれば1時間足ボリンジャーバンドが拡がり、さらに上昇していく可能性が見えてきますので、このラインを越えた場合にエントリーして、昨日の高値を目標に攻めて行くといいでしょう。

★ご注意
ご提供する配信データはあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


4月24日のユーロ円

daily0424.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます。)

まずは日足チャートからの分析です。

週明けの今日、フランス大統領選の第一回投票の結果を受けてユーロ円は既に大幅に上昇しています。

今日の市場が始まってから一旦120円のラインを越えましたが、今では日足+1σの下に値戻りをしています。

今は119円のラインまで下落していますが、どこでサポートを受けるかがエントリーのポイントになってくるでしょう。119円のラインあるいは2月24日の終値がサポートラインになる可能性が考えられますが、そのどちらかにサポートを受けるとしても、120円のラインを越えることがロングで攻めるポイントになってくるでしょう。

それでは、1時間足チャートを見ていきましょう。

hourly0424.jpg


前日営業日の展開は、

前半 レンジ
中盤 下降
後半 レンジ

の流れとなりました。

今は1時間足ボリンジャーバンドが拡がっており、ロウソク足が1時間足+1σの上にいますので、買い目線です。これからロングで攻めるなら、120円のラインを越えるまで待つべきです。このラインを越えれば再び1時間足+2σを上抜けしてさらに伸びて行く可能性が見えてきますので、日足+1σを損切のラインにして、121円を目標に攻めて行くといいでしょう。

ショートで攻めるなら、2月24日の終値を下抜けしたときにエントリーして、4月4日の安値を目標に攻めて行くといいでしょう。

★ご注意
ご提供する配信データはあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


応援クリックお願いします
 にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
総合FX口座ランキング
1位 ヒロセ通商
2位 外為オンライン
3位 JFX
4位 YJFX
5位 みんなのFX
プロフィール

トウケンFX

Author:トウケンFX
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
投研ツィッター