欧州終了に向けてドル買いの流れ

田村04_目指せ       応援ポチよろしくお願いします!

東京時間~欧州前半は1.3320~50の持ち合い相場でしたが、
21時台に入りNY勢が参加すると徐々にドル買いの流れに。
22時台に1.3215付近まで下げ、ロンドンフィックス~欧州終了時に
1.32を割り込み1.3175付近まで安値を更新しました。
これはシリア情勢を反映したものと思われます。
その後は1.32台に上げ戻していますが3連休を控えるNY勢が更に調整的
な売買を行うことも考えられます。
建て玉の持ち越しは要注意です。
T20130830_01_01.jpg
T20130830_01_02.jpg
==============================================================
チャート設定:
・茶色 トレンドライン。
・細いボリバンは時間足相当、期間25、赤-平均水色-±σ緑-±2σ
 太いボリバンは4時間足相当。
紫破線は1分200MA相当。
・矢印は同色の抵抗線からの抵抗値トレードのエントリーポイント
==============================================================
田村06_一つ


8月30日のユーロ円

eurojpy1d0830.jpg
eurojpy1h0830.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は解説の後もあまり大きな値動きはしませんでした。

昨日の日足ロウソク足を見ると、上ヒゲが伸びて、一昨日の高値とほぼ同じ所で止まっています。つまり、昨日・一昨日の高値が今の上値抵抗値と言えるでしょう。ですから、昨日の高値を上抜けすれば、さらに上昇して行く可能性が見えてくるでしょう。

反対に、130円のラインを下回れば、火曜日の安値まで下がる可能性が出てくるでしょう。

以上のことを踏まえた上で、1時間足チャートを見てみましょう。

今は130円~130.5円の間でレンジの値動きをしていますので、そのどちらかを抜けるまでは大きく流れが変わる事は無いでしょう。今からロングでエントリーするなら、1時間足+1σを上抜けしたときにエントリーして、10分足+1σを損切りのラインにして、130.5円を目標に攻めるといいでしょう。

反対にショートで攻めるなら、130円のラインを下抜けするまで待ち、10分足-1σを損切りのラインにして、火曜日の安値を目標に攻めていくといいでしょう。

8/30(金)経済指標



07:45 NZ 7月住宅建設許可

08:05 英 8月GfK消費者信頼感

08:30 日 7月全国消費者物価指数(生鮮食品除く)
08:30 日 8月東京都区部消費者物価指数(生鮮食品除く)
08:30 日 7月失業率
08:30 日 7月有効求人倍率

08:45 米 ブラード・セントルイス連銀総裁講演

08:50 日 7月鉱工業生産

12:00 NZ 7月マネーサプライM3

15:00 南ア 7月マネーサプライM3

16:00 スイス 8月KOF先行指数

17:30 英 7月消費者信用残高
17:30 英 7月マネーサプライM4

18:00 欧 7月失業率
18:00 欧 8月消費者物価指数
18:00 欧 8月経済信頼感
18:00 欧 8月消費者信頼感

19:00 欧 LTRO(3年流動性供給オペ)資金の返済額公表

21:00 南ア 7月貿易収支

21:30 米 7月個人所得
21:30 米 7月個人消費支出
21:30 米 7月コアPCEデフレーター
21:30 加 4-6月期GDP
21:30 加 6月GDP

22:00 米 ブラード米セントルイス連銀総裁講演  

22:45 米 8月シカゴ購買部協会景気指数

22:55 米 8月ミシガン大学消費者信頼感指数

8/31(土)米国 中長期国債利払い・償還日

9/1(日)中国 8月製造業PMI





cat01_20130319221235.jpg 白猫

下押し続きで1.32台前半へ

田村04_目指せ       応援ポチよろしくお願いします!

夕方までのドル買いで1.3255付近まで下落したユーロドルですが、
18時頃には1.3370付近まで上げ戻したものの、今日のユーロは買われ
ないようで、19時台に1.3245まで売られた後、21時台に再度
1.3265付近まで上げ戻したものの21時半米指標強く1.3230付近
まで下押し。そのままロンドンフィックスまで持ち合いで推移。
欧州終了時点で1.3215付近まで安値を更新しています。
その後は1.3230台まで戻して推移中。
リスク回避の後は月末フローのユーロ売りもあったようです。
1.32台までは早かったですね。シリア情勢がそのまま持ち越しなので
要注意です。
T20130829_02_01.jpg
T20130829_02_02.jpg
==============================================================
チャート設定:
・茶色 トレンドライン。
・細いボリバンは時間足相当、期間25、赤-平均水色-±σ緑-±2σ
 太いボリバンは4時間足相当。
紫破線は1分200MA相当。
・矢印は同色の抵抗線からの抵抗値トレードのエントリーポイント
==============================================================
田村06_一つ


欧州序盤はドル買いの流れ

田村04_目指せ       応援ポチよろしくお願いします!

東京午後から円売りによるドル買いの流れえ、欧州時間に入ると更にドル買いが
進みユーロドルは1.33を割り込み1.3250付近まで下押し。
その間ユーロ圏の指標があったのですが、反応薄で通過。現在1.3270
付近まで上げ戻して持ち合い中です。
このドル買い、他通貨を見ていると全体的なドル買いなのか判然としません。
いずれにせよシリア情勢がいつ動くともわからない状況です。値動きには注意。
T20130829_01_01.jpg
T20130829_01_02.jpg
==============================================================
チャート設定:
・茶色 トレンドライン。
・細いボリバンは時間足相当、期間25、赤-平均水色-±σ緑-±2σ
 太いボリバンは4時間足相当。
紫破線は1分200MA相当。
・矢印は同色の抵抗線からの抵抗値トレードのエントリーポイント
==============================================================
田村06_一つ


8月29日のユーロ円

eurojpy1d0829.jpg
eurojpy1h0829.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は一昨日の急落からの反動で値上りをしました。

そして、日足平均線をブレイクしたことによって、さらに上昇して行く可能性が見えています。昨日の日足ロウソク足を見ると、上ヒゲが出ていますので、昨日の高値に抵抗があることがわかります。

ですから、このまま上昇を続け、昨日の高値を上抜けしていけば、131円のライン、あるいはさらに日足+1σまで伸びて行く可能性が見えてくるでしょう。

以上のことを踏まえた上で、1時間足チャートを見てみましょう。

昨日は1時間足-1σを上抜けしたことによって下落する勢いは弱まり、不安定な値動きながらも上昇して行きました。

そして今は黄色い下降トレンドラインCをブレイクしていますので、これからさらに上昇して行く可能性がありますので、ロングで攻めるなら、10分足+1σを損切りのラインにして、131円を目標に攻めて行くといいでしょう。

反対に、ショートで攻めるなら、新たに生まれた青い上昇トレンドラインBを下抜けするまで待つべきです。このラインを下抜けすれば上昇する勢いは弱まり、下落に転じる可能性が見えてきますので、そうなった場合は10分足-1σを損切りのラインにして129.5円を目標に攻めて行くといいでしょう。

8/29(木)経済指標



08:50 日 対外及び対内証券売買契約等の状況

10:00 NZ 8月ANZ企業信頼感
10:00 NZ 8月ANZ企業活動見通し

10:30 日 森本日銀審議委員講演  

12:45 日 2年債入札  

15:45 仏 8月企業景況感

16:00 欧 スペイン4-6月期GDP

16:15 欧 ノボトニー・オーストリー中銀総裁講演  

16:55 独 8月失業者数
16:55 独 8月失業率

17:45 欧 レーン欧州委員講演  

18:00 伊 国債入札

18:30 南ア 7月生産者物価指数

21:00 独 8月消費者物価指数
21:00 欧 メルシュECB理事講演  

21:30 加 4-6月期経常収支
21:30 米 新規失業保険申請件数
21:30 米 4-6月期GDP
21:30 米 4-6月期個人消費
21:30 米 4-6月期GDPデフレーター
21:30 米 4-6月期コアPCEデフレーター

21:50 米 ブラード米セントルイス連銀総裁講演  

25:00 独 バイトマン独連銀総裁講演

26:00 米 7年債入札  

27:00 米 ラッカー米リッチモンド米連銀総裁講演



cat01_20130319221235.jpg 白猫

1.33台前半へ下押し

田村04_目指せ       応援ポチよろしくお願いします!

今日は各通貨それぞれな動きがあったようです。
ユーロドルは欧州前半は全体的なリスク回避で1.3340付近まで下落
しましたが、21時台に入りNY勢が参加すると行って来い的に1.3370
付近まで買われ、底堅い感じがしました。
ところが、BOE総裁の発言頃からポンドが急騰し、ユーロポンドが売られ
ユーロドルも1.3305付近まで下押ししました。
その後は欧州終了にかけて1.3340付近まで戻して、1.3320~30
のレンジで推移中です。
ロス区回避の円買いが収まり、各通貨それぞれの動きをしています。
T20130828_02_01.jpg
T20130828_02_02.jpg
==============================================================
チャート設定:
・茶色 トレンドライン。
・細いボリバンは時間足相当、期間25、赤-平均水色-±σ緑-±2σ
 太いボリバンは4時間足相当。
紫破線は1分200MA相当。
・矢印は同色の抵抗線からの抵抗値トレードのエントリーポイント
==============================================================
田村06_一つ


ユーロドル堅調

田村04_目指せ       応援ポチよろしくお願いします!

ユーロドルは、NY終わり以降1.3390付近を堅調に推移。東京午後から
欧州序盤にかけて1.3380付近の推移に一段下げています。
チャート的には日足+σにサポートされた形です。小動きながらも堅調に推移。
T20130828_01_01.jpg
T20130828_01_02.jpg
==============================================================
チャート設定:
・茶色 トレンドライン。
・細いボリバンは時間足相当、期間25、赤-平均水色-±σ緑-±2σ
 太いボリバンは4時間足相当。
紫破線は1分200MA相当。
・矢印は同色の抵抗線からの抵抗値トレードのエントリーポイント
==============================================================
田村06_一つ


8月28日のユーロ円

eurojpy1d0828.jpg
eurojpy1h0828.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は一昨日の下落よりもさらに大きく下落し、130円をやや下回る所で安値を付けました。

これはシリア情勢が緊迫化し、リスク回避のために円買いが強まり、ドル円・クロス円が下落したためです。このように突然流れが大きく変化することもありますので、テクニカル分析だけでなく、世界の動きにも注意することが必要です。

そして今日になってユーロ円はやや値戻りを始めています。今日のポイントは日足平均線です。このまま上昇してこのラインを上抜けすればさらに131円まで上がる可能性が見えてきますが、ここで押し返されれば、日足-1σまで下がる可能性が高くなるでしょう。

以上のことを踏まえた上で、1時間足チャートを見てみましょう。

昨日の急落から落ち着きを取り戻し、赤い下降トレンドラインbを上抜けしたことによって下落する勢いは弱まっています。このまま1時間足-1σを完全に上抜け出来ればさらに上昇する可能性が高くなりますので、ロングで攻めるなら、10分足+1σを損切りのラインにして、まずは黄色い下降トレンドラインCを目標に、さらにこの黄色い下降トレンドラインCを上抜けしたなら、131円を目標に追いかけて行くといいでしょう。

反対に、ショートで攻めるなら、再び1時間足-1σを下抜けするまで待つべきです。そうなった場合はまた下落して行く可能性が見えてきますので、10分足-1σを損切りのラインにして日足-1σを目標に攻めて行くといいでしょう。

8/28(水)経済指標



日本 岩田日銀副総裁講演

15:00 独 9月GfK消費者信頼感

18:00 伊 短期債入札

19:00 英 8月CBI流通取引調査

20:00 米 MBA住宅ローン申請指数

20:45 加 カーニーBOE総裁講演

23:00 米 7月中古住宅販売保留件数指数

23:30 米 週間原油在庫

26:00 米 5年債入札




cat01_20130319221235.jpg 白猫

円買い・ドル売り・・・ユーロ買い

田村04_目指せ       応援ポチよろしくお願いします!

21時台にNY勢が参加するとドル買いが再開。このドル買いで1.3330
付近まで下落。
22時台に入ると一転ドル売りに転換。なお、22時米指標は強いもドル円だけ
がドル買いになった程度。更に22時半NYダウがシリアリスクで大幅下落で
開場すると一気にドル売りが進み、ユーロドルは時間足+2σ、1.3400
直下まで上昇。この時点で他クロスユーロも買われて他ストレートに対しても
ユーロが強い状況になり、ロンドンフィックスで1.3370まで下げ戻しました
が、欧州終了時点で1.3390付近を推移中です。
シリア問題、米債務上限、QE縮小、材料が盛りだくさんになって来てますので
ニュース等をしっかり見るようにしましょう。
T20130827_02_01.jpg
T20130827_02_02.jpg
==============================================================
チャート設定:
・茶色 トレンドライン。
・細いボリバンは時間足相当、期間25、赤-平均水色-±σ緑-±2σ
 太いボリバンは4時間足相当。
紫破線は1分200MA相当。
・矢印は同色の抵抗線からの抵抗値トレードのエントリーポイント
==============================================================
田村06_一つ


シリアリスク?

田村04_目指せ       応援ポチよろしくお願いします!

東京時間午後辺りから為替全体的にドル買い・円買いが進んで、リスク回避の
流れが進んでいます。シリアに米介入が材料視されているのでしょうか。
17時の独指標はほぼ予想通りでしたが、これを気に更にドル買い・円買いが
進み、ユーロドルは1.3320付近まで下落しました。
その後は時間足-2σ、1.3345付近まで上げ戻してはいますが、他通貨は
下げたままで不穏な感じです。
T20130827_01_01.jpg
T20130827_01_02.jpg
==============================================================
チャート設定:
・茶色 トレンドライン。
・細いボリバンは時間足相当、期間25、赤-平均水色-±σ緑-±2σ
 太いボリバンは4時間足相当。
紫破線は1分200MA相当。
・矢印は同色の抵抗線からの抵抗値トレードのエントリーポイント
==============================================================
田村06_一つ


8月27日のユーロ円

eurojpy1d0827.jpg
eurojpy1h0827.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は一気に下落し、日足+1σに一致する所で安値を付けました。

上昇が続かなかった理由は、直近の上値抵抗値である灰色の下降トレンドラインAAを上抜け出来なかったからでしょう。このラインを上抜け出来れば、133円まで伸びる可能性が見えてくるでしょう。また、このラインは長期的なラインですので、これを上抜け出来れば週足+1σを上抜けし、さらに上昇を続ける可能性もあると考えています。

そして今日のポイントはやはり日足+1σです。このラインを下抜けすれば131円まで下がる可能性が高くなりますが、ここで押し返されて上昇に転じれば、先程の灰色の下降トレンドラインAAまで上がる可能性が高くなるでしょう。

以上のことを踏まえた上で、1時間足チャートを見てみましょう。

昨日は青い下降トレンドラインBを上抜けすることが出来なかったために上昇して行く事はありませんでした。そして私が指摘した通り、131.8円のラインを下抜けしたことによって日足+1σまで下落して行きました。

今は日足+1σで揉み合っていますので、これからショートで攻めるなら、このラインを下抜けするまで待つべきです。このラインを下抜けしたときにエントリーして、10分足-1σを損切りのラインにして、まずは131円を目標に攻めて行くといいでしょう。

反対に、ロングで攻めるなら、1時間足平均線を上抜けするまで待った方がいいでしょう。このラインを上抜け出来ればさらなる上昇に繋がる可能性が見えてきますので、10分足+1σを損切りのラインにして、青い下降トレンドラインBを目標にロングで攻めて行くといいでしょう。そしてこの青い下降トレンドラインBを上抜けした場合は、日足チャートの灰色の下降トレンドラインAAを目標に追いかけて行くといいでしょう。

英休場で今一な値動き

田村04_目指せ       応援ポチよろしくお願いします!

英市場が休場と言うことで、欧州時間に入っても小動きで進行。21時半の
米指標が弱くてドル買いとなりましたが、1.3395付近まで買われた後は
じりじり下げて1.3365付近に行って来いで下げ戻しています。
こういう日もあるということですね。
T20130826_01_01.jpg
T20130826_01_02.jpg
==============================================================
チャート設定:
・茶色 トレンドライン。
・細いボリバンは時間足相当、期間25、赤-平均水色-±σ緑-±2σ
 太いボリバンは4時間足相当。
紫破線は1分200MA相当。
・矢印は同色の抵抗線からの抵抗値トレードのエントリーポイント
==============================================================
田村06_一つ


8月26日のユーロ円

eurojpy1d0826.jpg
eurojpy1h0826.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です。

ユ-ロ円は先週の木曜日に大きな上昇をして以来、特に大きな値動きはしていません。その理由は、上値抵抗値である週足+1σで揉み合っているからです。

このまま週足+1σを上抜け出来れば週足・日足ともに+1σの上に来るので上昇圧力が強くなり、ロングで攻めて行くチャンスが大きくなりますが、この週足+1σから押し返されて下落に転じる可能性も大いにあります。

以上のことを踏まえた上で、1時間足チャートを見てみましょう。

ユーロ円は赤い上昇トレンドラインbを下抜けしたことによって上昇する勢いは弱くなりましたが、大きく下落することはなく、レンジの動きをしています。

これから上に伸びて行くには、新たに生まれた青い下降トレンドラインBを上抜けすることが必要です。このラインを上抜け出来ればまた少し上昇する可能性が見えてきますので、10分足+1σを損切りのラインにして、日足+2σを目標にロングで攻めて行くといいでしょう。

反対にショートで攻めることを考えるなら、131.8円のラインを下抜けするまで待つべきです。今はこのラインが下値抵抗値になっていますので、このラインを下抜けすればさらに下落する可能性が見えてきます。そうなった場合は10分足-1σを損切りのラインにして、日足+1σを目標に攻めて行くといいでしょう。

8/27(火)経済指標

 
12:45 日 20年債入札  

17:00 独 8月Ifo景況感指数
17:00 独 8月Ifo景気期待指数
17:00 独 8月Ifo現況指数

17:30 欧 スペイン短期債入札  

18:00 伊 物価連動国債入札

18:30 南ア 4-6月期GDP

19:50 米 ウイリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁講演  

20:00 欧 クーレECB理事講演  

22:00 米 6月S&P/ケースシラー住宅価格指数

23:00 米 8月リッチモンド連銀製造業指数
23:00 米 8月消費者信頼感指数

25:30 加 マレーBOC副総裁講演  

26:00 欧 アスムセンECB理事講演
26:00 米 2年債入札


cat01_20130319221235.jpg 白猫

8/26(月)経済指標



日本 安倍首相中東訪問(8/26~8/28)

英国 休場(サマーバンクホリデー)


07:45 NZ 7月貿易収支

08:50 日 7月企業向けサービス価格指数

17:00 独 バイトマン独連銀総裁講演

21:30 米 7月耐久財受注
21:30 米 7月耐久財受注(除輸送用機器)
23:30 米 8月ダラス連銀製造業活動指数



cat01_20130319221235.jpg 白猫

米指標弱く1.34台へ

田村04_目指せ       応援ポチよろしくお願いします!

方向感無くレンジしていたユーロドルですが、NYダウ開場に際し時間足-2σ、
1.3320付近まで下落。それ以上は下げずに1.3350付近まで上げ戻し
23時の指標を迎えました。
23時の米指標は弱く、また同時のユーロ圏指標は強くドル売りの流れになり、
ロンドンフィックスに向けて1.3410付近まで買われました。
その後は欧州終了に向けて1.3390付近まで下げ戻しており、更なる上昇は
今のところは無いようです。最後に動きが出ました。
T20130823_02_01.jpg
T20130823_02_02.jpg
==============================================================
チャート設定:
・茶色 トレンドライン。
・細いボリバンは時間足相当、期間25、赤-平均水色-±σ緑-±2σ
 太いボリバンは4時間足相当。
紫破線は1分200MA相当。
・矢印は同色の抵抗線からの抵抗値トレードのエントリーポイント
==============================================================
田村06_一つ


方向感無くレンジ

田村04_目指せ       応援ポチよろしくお願いします!

ここまでのところユーロドルは1.3335~70の範囲のレンジで進行し
方向感無しの状態です。
昨夜からドル円が円売りドル買いで、そのあたりからユロ円主導の動きが
東京時間も継続。欧州時間に入ってからは夕方の英指標でポンドに連れ上げ、
そのポンドが下げ出すとユーロポンドで買われ上昇するなど、欧州時間では
クロスユーロ主導の展開で、結果として方向感無くレンジしています。
ドル円が99.15円を超えられず、下げずで同様に方向感無く進行して
います。週末でもあり、市場終了にかけては調整等が入り急な動きがあるかも
知れません。
T20130823_01_01.jpg
T20130823_01_02.jpg
==============================================================
チャート設定:
・茶色 トレンドライン。
・細いボリバンは時間足相当、期間25、赤-平均水色-±σ緑-±2σ
 太いボリバンは4時間足相当。
紫破線は1分200MA相当。
・矢印は同色の抵抗線からの抵抗値トレードのエントリーポイント
==============================================================
田村06_一つ


8月23日のユーロ円

eurojpy1d0823.jpg
eurojpy1h0823.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円上昇を続けました。その理由はやはり上値抵抗値である日足+1σを上抜けしたことにあるでしょう。いままでは131円のラインと日足+1σが上値抵抗値になっていましたが、このラインを上抜けしたことによって上昇する勢いが続き、日足+2σと一致する132円まで伸びて行きました。

ですが、今日も延び続けるとは限りませんので、ロングで追いかけて行くなら注意が必要です。というのは、ちょうどいま、週足+1σで揉み合っているからです。これから週足+1σを越えることが出来れば週足・日足共に+1σを上回ることになるので上昇圧力が掛かるのですが、ここで押し返されて下落に転じる可能性も大いにあります。

短時間足を見て、上昇・下落のサインを読み取ることが大事でしょう。

以上のことを踏まえた上で、30分足チャートを見てみましょう。

昨日は解説の後、ほぼずっと30分足+1σの上をキープして上昇を続けました。このままロングで追いかけて行くなら、30分足+1σを損切りのラインにして攻めて行くといいでしょう。

反対に、ショートで攻めるなら、やはり赤い上昇トレンドラインbを下抜けするまで待つべきです。このラインを下抜けすれば下落に転じる可能性が見えてきますので、そうなった場合は10分足-1σを損切りのラインにして、日足+1σを目標に攻めて行くといいでしょう。

8/23(金)経済指標



米国 ジャクソンホール経済シンポジウム開催(8/22~8/25)
 
15:00 独 4-6月期GDP

17:30 英 4-6月期GDP

19:00 欧 LTRO(3年物長期資金供給オペ)返済予定額発表  

21:30 加 7月消費者物価指数
21:30 加 7月消費者物価指数・コア

23:00 米 7月新築住宅販売件数
23:00 欧 8月消費者信頼感




cat01_20130319221235.jpg 白猫

ドル買いから円売りに

田村04_目指せ       応援ポチよろしくお願いします!

FOMC議事録明け、発表直後は上げ下げしましたが、落ち着くとドル買いの
流れで東京市場開始時点では1.3330付近まで下げました。
その後は横ばいで推移。
夕方の欧州圏PMI指標は仏が弱く、独・欧州圏は強い結果。欧州市場開場時に
下押ししたものの18時前には時間足平均、1.3365付近まで上昇。
しかし、18時過ぎから円売り・ドル買いが再開。ユーロドルは1.3300
付近まで下落しました。
NY時間となって、21時半米失業件数が弱く再度時間足平均、1.3350
付近まで上昇しています。
日足的には平均~+σの範囲の値動きになっています。

これでFOMC議事録に関しては一巡。FOMC議事録では早期縮小期待は
あったものの具体が無かったということで発表前同様のQE早期縮小を睨んだ
相場に戻るかもしれません。円相場はリスク回避的に上げて来ており、間接的に
ドル買い・ドル売りの動きを誘発する感じもあります。
当面続くQE早期縮小です。
T20130822_01_01.jpg
T20130822_01_02.jpg
==============================================================
チャート設定:
・茶色 トレンドライン。
・細いボリバンは時間足相当、期間25、赤-平均水色-±σ緑-±2σ
 太いボリバンは4時間足相当。
紫破線は1分200MA相当。
・矢印は同色の抵抗線からの抵抗値トレードのエントリーポイント
==============================================================
田村06_一つ


8月22日のユーロ円

eurojpy1d0822.jpg
eurojpy1h0822.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は途中までは一昨日に引き続いて上昇したものの、131円のラインを上抜けすることが出来ず、押し返されて下落に転じました。

昨日の日足ロウソク足を見ると長い上ヒゲが出ている事から、昨日の高値に強い抵抗がある事がわかります。ですから、これからロングで攻めるなら131円のラインを目標にするといいでしょう。

そして、日足+1σのラインを上抜けすれば、さらに週足+1σまで大きく伸びて行く可能性が見えてくるでしょう。

以上のことを踏まえた上で、今日は30分足チャートを見てみましょう。

今は新たに生まれた赤い上昇トレンドラインbが有効になっていますので、これからロングで攻めるなら、まずはこのラインを損切りのラインにして、131円を目標に攻めて行くといいでしょう。

反対に、ショートで攻めるなら、30分足-1σを下抜けするまで待つべきです。このラインを下抜けすれば、日足平均線まで下がる可能性が見えてきますので、10分足-1σを損切りのラインにして追いかけて行くといいでしょう。

8/22(木)経済指標



米国 ジャクソンホール経済シンポジウム開催(8/22~8/25)
    ※バーナンキFRB議長・ドラギECB総裁・カーニーBOE総裁らの参加予定なし
 
米国 5年物インフレ連動債入札 ※リオープン

 
08:50 日 対外及び対内証券売買契約等の状況  

10:45 中 8月HSBC製造業PMI

15:00 日 7月工作機械受注
15:00 スイス 7月貿易収支

16:30 独 8月製造業PMI
16:30 独 8月サービス業PMI

17:00 欧 8月製造業PMI
17:00 欧 8月サービス業PMI
17:00 欧 8月総合PMI

21:30 米 新規失業保険申請件数
21:30 加 6月小売売上高
21:30 加 6月小売売上高(除自動車)

22:00 米 6月住宅価格指数

23:00 米 7月景気先行指数

27:00 米 フィッシャー米ダラス連銀総裁講演

翌04:15 米 ルー米財務長官講演




cat01_20130319221235.jpg 白猫

小動きながらも下押し気味に推移

田村04_目指せ       応援ポチよろしくお願いします!

NY勢が参加しても1.3380~90の小動きで進行していたユーロドル
ですが、NYダウ開場後若干下押しし、ロンドンフィックス終了後下げだして
1.3350付近まで安値を更新しています。特に理由はなく、調整の範囲かと
思われます。
3時にFOMC議事録です。建玉保有は気を付けましょう。
T20130821_02_01.jpg
T20130821_02_02.jpg
==============================================================
チャート設定:
・茶色 トレンドライン。
・細いボリバンは時間足相当、期間25、赤-平均水色-±σ緑-±2σ
 太いボリバンは4時間足相当。
紫破線は1分200MA相当。
・矢印は同色の抵抗線からの抵抗値トレードのエントリーポイント
==============================================================
田村06_一つ


欧州序盤を終わって小動きながら1.33台へ戻り

田村04_目指せ       応援ポチよろしくお願いします!

東京時間は1.3415~25のほぼ横ばい。
欧州時間に入りさすがに売られ1.34を割り込んで来ています。
これもFOMC議事録を睨んだ調整の範囲かも知れません。
後、昨日の上昇、ショートカバーの可能性もということですから、
今日もそういう動きがあるかも知れません。
1.33台後半でショートしている人がそこを越えるとロングでカバーして
くるわけです。その瞬間1.34台へ上げますが後が続かずで、
下げ出すとロングを外しだしますから、再度1.33台へ戻る。
こういうことの繰り返しがあるかもしれません。
FOMC議事録待ちには変わらないので余程のことがないと
大きく動かないので、つられないように要注意です。
T20130821_01_01.jpg
T20130821_01_02.jpg
==============================================================
チャート設定:
・茶色 トレンドライン。
・細いボリバンは時間足相当、期間25、赤-平均水色-±σ緑-±2σ
 太いボリバンは4時間足相当。
紫破線は1分200MA相当。
・矢印は同色の抵抗線からの抵抗値トレードのエントリーポイント
==============================================================
田村06_一つ


8月21日のユーロ円

eurojpy1d0821.jpg
eurojpy1h0821.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日は一度日足-1σまで下がりましたが、そこから反発を受けて大きく上昇し、上値抵抗値である黒い下降トレンドラインaを上抜けしました。これによってさらに大きく上昇する可能性が見えて来ました。

また、昨日の日足ロウソク足を見ると、下ヒゲが長く伸びていることから、下から上に向かって強い圧力が掛かっているのがわかります。

そして今も上昇を続けていますが、もしこのまま日足+1σを上抜け出来れば、週足+1σまで上がる可能性が見えてくるでしょう。

以上のことを踏まえた上で、1時間足チャートを見てみましょう。

今は青い下降トレンドラインBが有効になっていますので、ロングで攻めるならこのラインを上抜けしたときにエントリーして、10分足+1σを損切りのラインにして、日足+1σを目標に攻めて行くといいでしょう。

反対に、ショートで攻めるなら、1時間足+1σを完全に下抜けするまで待つべきです。このラインを下抜けすればある程度下がる可能性が見えてきますので、そうなった場合は10分足-1σを損切りのラインにして、日足平均線を目標に攻めて行くといいでしょう。

8/21(水)経済指標



17:00 南ア 7月消費者物価指数
17:00 欧 レッタ伊首相、フェイマン・オーストリー首相会談  

17:30 英 7月財政収支

19:00 英 8月CBI製造業受注指数

20:00 米 MBA住宅ローン申請指数

23:00 米 7月中古住宅販売件数

23:30 米 週間原油在庫

27:00 米 FOMC議事録公表(7月30-31日開催分)



cat01_20130319221235.jpg 白猫

ユロドルは1.34台へ

田村04_目指せ       応援ポチよろしくお願いします!

夕方からのドル売りは21時台NY勢が参加しても継続し、NYダウが開場
した23時前に1.3450付近まで高値を更新しました。
ロンドンフィックス~欧州終了にかけては大きな動きは無く、若干の戻しが
入り1.3430付近を推移中です。
夕方以降のドル売りは直接的な理由はなく、明日のFOMC議事録に備えた
調整的な動きかと思われます。
ユーロドルが高値を付けた頃にドル円は97円を割り込みましたが、今は
97円台に上げ戻しており、夕方までの円買いとは違って、夕方以降はドル円
はレンジ模様になっていることからドル円の方の調整もあったものと思われます。
ということで欧州勢が撤収したNY時間の動きに注目です。
T20130820_02_01.jpg
T20130820_02_02.jpg
==============================================================
チャート設定:
・茶色 トレンドライン。
・細いボリバンは時間足相当、期間25、赤-平均水色-±σ緑-±2σ
 太いボリバンは4時間足相当。
紫破線は1分200MA相当。
・矢印は同色の抵抗線からの抵抗値トレードのエントリーポイント
==============================================================
田村06_一つ


応援クリックお願いします
 にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
総合FX口座ランキング
1位 ヒロセ通商
2位 外為オンライン
3位 JFX
4位 YJFX
5位 みんなのFX
プロフィール

Author:トウケンFX
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
投研ツィッター