ドル買い圧力継続

田村04_目指せ       応援ポチよろしくお願いします!

昨夜のFOMCから1.3730付近までは戻したものの、その後はこの付近
が上値抵抗となって1.37台前半を推移。欧州時間に入ってから更にドル買い
圧力で1.3700付近まで押し下げられています。
ただ、他ストレートはポンド、オージとそれぞれの指標で動いている感じで
まちまちな動き。とりあえずは21時半米指標~OPまでの動きに注目です。
T20131031_01_01.jpg
T20131031_01_02.jpg
==============================================================
チャート設定:
・茶色 トレンドライン。
・細いボリバンは時間足相当、期間25、赤-平均水色-±σ緑-±2σ
 太いボリバンは4時間足相当。
紫破線は1分200MA相当。
・矢印は同色の抵抗線からの抵抗値トレードのエントリーポイント
==============================================================
田村06_一つ


10月31日のユーロ円

eurojpy1d1031.jpg
eurojpy1h1031.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です。

ロウソク足はまだ昨日のままです。

昨日は一昨日に引き続いて上昇し、135円を上抜けしました。気になるのはロウソク足の上ヒゲが長く伸びていて、高値が、先週の火曜日と一致していることです。

つまり、ここに上値抵抗値がある事がわかります。今はまだ下落に転じたとは言えませんので、これからさらに上昇し、昨日の高値を越えればさらに大きく上がる可能性が見えてきます。

以上のことを踏まえた上で、1時間足チャートを見てみましょう。

昨日は赤い下降トレンドラインbを上抜けしてから一気に上昇しましたので、ショートで追いかけて行った方はこのラインを損切りのラインにしていれば大きな損失を出さずに済んだと思います。

そして今は、新たに生まれた青い上昇トレンドラインBが有効になっています。これからロングで攻めるなら、昨日の高値を上抜けするまで待つべきです。先程も書きましたように、昨日の高値を上抜けすれば、さらに大きく上がる可能性が見えてきますので、10分足+1σを損切りのラインにして追いかけて行くといいでしょう。

反対にショートで攻めるなら、青い上昇トレンドラインBを下抜けするまで待つべきです。このラインを下抜けすれば上昇する勢いを失い、下落に転じる可能性が見えてきますので、そうなった場合は10分足-1σを損切りのラインにしてまずは135円を目標に、さらにそれを下回った場合は日足チャートの黒い上昇トレンドラインaを目標に攻めて行くといいでしょう。

10/31(木)経済指標



日本 日銀金融政策決定会合 経済・物価情勢の展望公表

06:45 NZ 9月住宅建設許可
 
08:50 日 対外及び対内証券売買契約等の状況
 
09:00 NZ 10月ANZ企業信頼感
09:00 NZ 10月ANZ企業活動見通し

09:05 英 10月GfK消費者信頼感

09:30 豪 9月住宅建設許可
09:30 豪 7-9月期輸入物価指数
09:30 豪 7-9月期輸出物価指数

11:00 NZ 9月マネーサプライM3

14:00 日 9月建設工事受注 

15:00 仏 BNPパリバ 7-9月期決算発表

15:30 日 黒田日銀総裁記者会見

18:30 南ア 9月生産者物価指数

19:00 欧 10月消費者物価指数
19:00 欧 9月失業率

21:00 南ア 9月貿易収支

21:30 米 新規失業保険申請件数
21:30 米 失業保険継続受給者数
21:30 加 8月GDP

22:45 米 10月シカゴ購買部協会景気指数

25:00 スイス マーチソン加中銀チーフエコノミスト講演

27:30 欧 リプトンIMF筆頭副専務理事講演




cat01_20130319221235.jpg 白猫

FOMCはドル買いの反応

田村04_目指せ
FOMCは緩和策維持の結果でした。声明文で現状景気の表現が市場の思惑
より良かったということでドル買いの流れに。
このあたりはよくわかりませんが、ドル買い、株安、金利上昇という流れに
なっています。
ユーロドルは欧州序盤までは1.3730~40の持ち合い。18時頃に
1.3770付近まであげて、21時台米指標で振れるも1.3770付近
でFOMCへ。FOMC発表後はドル買いで1.3700を瞬間割り込みま
したが、現時点では1.3730前後で推移中。1.37台はキープです。
T20131030_01_01.jpg
T20131030_01_02.jpg
==============================================================
チャート設定:
・茶色 トレンドライン。
・細いボリバンは時間足相当、期間25、赤-平均水色-±σ緑-±2σ
 太いボリバンは4時間足相当。
紫破線は1分200MA相当。
・矢印は同色の抵抗線からの抵抗値トレードのエントリーポイント
==============================================================
田村06_一つ


10月30日のユーロ円

eurojpy1d1030.jpg
eurojpy1h1030.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円はしばらく下落を続けてから上昇に転じました。

一時的に黒い上昇トレンドラインaをブレイクしましたが、完全に下抜けしたわけではないので、まだ上昇傾向は続いています。

昨日の日足ロウソク足を見ると135円から上ヒゲが出ていますので、一旦はこの135円を上抜けしようとしたものの、下から引き戻されたことがわかります。

そして今では135円のラインで揉み合っていますが、このラインを越えればさらに大きく上昇する可能性が見えてくるでしょう。

以上のことを踏まえた上で、1時間足チャートを見てみましょう。

昨日は黄色い下降トレンドラインCを上抜けしたことで下落する勢いを失い、さらに日足チャートの紫色の下降トレンドラインAを上抜けしてから大きく上昇しました。

今は上昇する勢いは弱まり、1時間足+1σをブレイクしてやや下がり始めています。これからショートで攻めるなら、新たに生まれた赤い下降トレンドラインbを損切りのラインにして、日足+1σを目標に攻めて行くといいでしょう。

反対にロングで攻めるなら、135円のラインを上抜けするまで待つべきです。このラインを越えたときにエントリーして、10分足+1σを損切りのラインにして日足+2σを目標に攻めて行くといいでしょう。

10/30(水)経済指標



08:50 日 9月鉱工業生産

16:00 英 バークレイズ 7-9月期決算

17:00 欧 スペイン7-9月期GDP

17:05 欧 コンスタンシオECB副総裁講演  

17:55 独 10月失業者数
17:55 独 10月失業率

19:00 欧 10月経済信頼感
19:00 欧 10月消費者信頼感
19:00 伊 国債入札  

19:30 欧 コスタ・ポルトガル中銀総裁講演

20:00 米 MBA住宅ローン申請指数

21:15 米 10月ADP全国雇用者数

21:30 米 9月消費者物価指数
21:30 米 9月消費者物価指数・コア

22:00 独 10月消費者物価指数

23:30 米 週間原油在庫

26:00 米 7年債入札

27:00 米 FOMC政策金利発表
27:00 独 バイトマン独連銀総裁講演  

翌04:00 欧 アスムセンECB理事講演  

翌05:00 NZ RBNZ政策金利発表




cat01_20130319221235.jpg 白猫

FOMCを控えて小動き

田村04_目指せ       応援ポチよろしくお願いします!

昨日からFOMCを睨んでの小動きが続いています。調整的な動きかと思われ
ます。今日も欧州市場開場までは1.3770~90のレンジ。18時頃から
ドル買いの流れで1.3755付近まで下げています。
とりあえずは21時半からの米指標で一動きあるかどうか。上げ下げすると
そこへ調整的な動きも入ることがあるので深追い禁物です。
T20131029_01_01.jpg
T20131029_01_02.jpg
==============================================================
チャート設定:
・茶色 トレンドライン。
・細いボリバンは時間足相当、期間25、赤-平均水色-±σ緑-±2σ
 太いボリバンは4時間足相当。
紫破線は1分200MA相当。
・矢印は同色の抵抗線からの抵抗値トレードのエントリーポイント
==============================================================
田村06_一つ


10月29日のユーロ円

eurojpy1d1029.jpg
eurojpy1h1029.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円も下落をしましたが、今は週足・日足共に+1σの上にあり、上昇圧力が掛かっていますので、ショート中心の流れになったわけではありません。

ただ、このまま下落を続け、新たに生まれた紫色の下降トレンドラインAを上抜けすることなく日足+1σを下抜けすれば、さらに大きく下落する可能性が見えてきます。

反対に、この紫色の下降トレンドラインAを上抜けすれば、下落する勢いは弱まり、ロングで攻めるチャンスが見えてくるでしょう。

その場合は、昨日の日足ロウソク足の上ヒゲが135円の僅か手前で止まっていますので、上値抵抗値になっていると考えられますので、135円を目標値にするといいと思います。

以上のことを踏まえた上で、1時間足チャートを見てみましょう。

今はちょうど日足+1σで揉み合っています。このままショートで追いかけるなら、この日足+1σを完全に下抜けしたときにエントリーして、新たに生まれた黄色い下降トレンドラインCを損切りのラインにして、134円を目標に攻めて行くといいでしょう。

反対にロングで攻めるなら、やはり先程書きましたように、日足チャートの紫色の下降トレンドラインAを上抜けするまで待つべきです。このラインを上抜けしたときにエントリーして、10分足+1σを損切りのラインにして135円を目標に攻めて行くといいでしょう。

10/29(火)経済指標



米国 FOMC(10/29~10/30)
ドイツ ドイツ銀行 7-9月期決算発表
 

07:30 豪 スティーブンスRBA総裁講演  

08:30 日 9月失業率
08:30 日 9月有効求人倍率

08:50 日 9月小売売上高

12:45 日 2年債入札  

14:45 スイス UBS 7-9月期決算発表

15:00 南ア 9月マネーサプライM3  

16:00 独 11月GfK消費者信頼感

16:45 仏 10月消費者信頼感

18:30 英 9月消費者信用残高

19:00 伊 国債入札  

21:30 米 9月生産者物価指数
21:30 米 9月生産者物価指数・コア
21:30 米 9月小売売上高
21:30 米 9月小売売上高(除自動車)
21:30 加 9月鉱工業製品価格指数  

22:00 米 8月S&P/ケースシラー住宅価格指数

23:00 米 10月消費者信頼感指数
23:00 米 8月企業在庫

26:00 米 5年債入札
26:00 欧 ノボトニー・オーストリー中銀総裁講演  

26:40 加 コテBOC副総裁講演




cat01_20130319221235.jpg 白猫

ドル買いも小幅

田村04_目指せ       応援ポチよろしくお願いします!

欧州時間に入りましたが、午後から若干のドル買いの流れが継続中で、
1.3800付近まで下げこの付近で持ち合い中です。
先週のドル売りの巻き戻しか、FOMCを睨んで調整的な動きか・・・
T20131028_01_01.jpg
T20131028_01_02.jpg
==============================================================
チャート設定:
・茶色 トレンドライン。
・細いボリバンは時間足相当、期間25、赤-平均水色-±σ緑-±2σ
 太いボリバンは4時間足相当。
紫破線は1分200MA相当。
・矢印は同色の抵抗線からの抵抗値トレードのエントリーポイント
==============================================================
田村06_一つ


10月28日のユーロ円

eurojpy1d1028.jpg
eurojpy1h1028.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です。

先週金曜日のユーロ円は私の解説の後、大きく上昇しました。日足チャートを見て気になるのは、新たに生まれた黒い上昇トレンドラインaが有効になっていることです。先週水・木・金曜日のロウソク足を見ると、下ヒゲが伸びて、このラインで止まっています。つまり、このラインが下値抵抗値になっている可能性があります。

ですから、今は下がり始めていますが、これからショートで攻めるならこの黒い上昇トレンドラインaを目標値の目安にするといいでしょう。

以上のことを踏まえた上で、1時間足チャートを見てみましょう。

先週金曜日の解説の後、私が指摘したように赤い下降トレンドラインbを上抜けしたことによって大きく上昇しました。

そして今では、新たに生まれた緑色の上昇トレンドラインBを下抜けして上昇する勢いを失うかのように見えます。

これからショートで攻めるなら、1時間足+1σを下抜けするまで待つべきです。このラインを下抜けすればさらに下がる可能性が見えてきますので、10分足-1σを損切りのラインにして日足チャートの黒い上昇トレンドラインaを目標に攻めて行くといいでしょう。

反対にロングで攻めるなら、135円のラインを上抜けするまで待つべきです。このラインを上抜けすればまたさらに伸びて行く可能性が見えてきますので、10分足+1σを損切りのラインにして日足+2σを目標に攻めて行くといいでしょう。

10/28(月)経済指標



ニュージーランド 休場(レイバー・デー)

09:01 英 10月ホームトラック住宅調

18:30 南ア 9月生産者物価指数

19:00 伊 国債入札

20:00 伊 インフレ連動債入札
20:00 英 10月CBI流通取引調査

20:30 欧 リンデ・スペイン中銀総裁講演

22:15 米 9月鉱工業生産
22:15 米 9月設備稼働率

23:00 米 9月中古住宅販売保留件数指数

23:30 米 10月ダラス連銀製造業活動指数

25:45 米 グリーンスパン前FRB議長講演

26:00 米 2年債入札




cat01_20130319221235.jpg 白猫

10月25日のユーロ円

eurojpy1d1025.jpg
eurojpy1h1025.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です。

一昨日のユーロ円は大きく下落しましたが 、昨日はその下落は続くことはありませんでした。一昨日のロウソク足を見ると、下ヒゲが長く伸びていますので、下から上に圧力が掛かっていることがわかります。ですから、上昇しやすいサインが出ていたと言えるでしょう。

そして、昨日のロウソク足を見ると、上下ともにヒゲが長く伸びていますので、上からも下からも抵抗がある事がわかります。大きく変動するには、上下どちらかの抵抗値を抜けることが必要です。

以上のことを踏まえた上で、1時間足チャートを見てみましょう。

今は新たに生まれた赤い下降トレンドラインbが有効になっていますので、これからロングで攻めるにはこのラインを上抜けすることが必要です。このラインを上抜けしたらエントリーして、10分足+1σを損切りのラインにして、まずは昨日の高値を目標に、さらにそれを上抜けした場合は135円を目標に攻めて行くといいでしょう。

反対にショートで攻めるなら、青い上昇トレンドラインBを下抜けすればさらに下がる可能性が見えてきますので、10分足-1σを損切りのラインにして追いかけて行くといいでしょう。

10/25(金)経済指標



EU首脳会議(於:ブリュッセル10/24~10/25)

08:30 日 9月全国消費者物価指数(生鮮食品除く)
08:30 日 10月東京都区部消費者物価指数(生鮮食品除く)

17:00 独 10月Ifo景況感指数
17:00 独 10月Ifo景気期待指数
17:00 独 10月Ifo現況指数
17:00 欧 9月マネーサプライM3

17:30 英 7-9月期GDP

21:30 米 9月耐久財受注
21:30 米 9月耐久財受注(除輸送用機器)

22:55 米 10月ミシガン大学消費者信頼感指数

26:00 欧 アスムセンECB理事講演


10/27 英国・欧州市場夏時間終了、冬時間移行  

10/27 日本 15:30 岩田日銀副総裁講演
 



cat01_20130319221235.jpg 白猫

堅調ユーロドル1.38台へ

田村04_目指せ       応援ポチよろしくお願いします!

欧州時間に入りユーロは買われ序盤で1.38台へ乗せ、1.3820まで
高値更新しました。全般的には米雇用統計以降のQE早期縮小が遠のいたこと
によるドル売りの流れですが、ユーロクロスも堅調で今日はドル売りという
よりはユーロ買いだったようです。
夕方の欧州権指標が今一で1.3765付近まで下げ戻しましたが、19時
台に再度1.38台へ。21時を回り21時半米指標後1.3780まで
下げましたが22時代にまた1.38台へ。1.3825まで高値を更新。
その後ロンドンフィックスにかけては1.3800付近まで戻して推移中です。
T20131024_01_01.jpg
T20131024_01_02.jpg
==============================================================
チャート設定:
・茶色 トレンドライン。
・細いボリバンは時間足相当、期間25、赤-平均水色-±σ緑-±2σ
 太いボリバンは4時間足相当。
紫破線は1分200MA相当。
・矢印は同色の抵抗線からの抵抗値トレードのエントリーポイント
==============================================================
田村06_一つ


10月24日のユーロ円

eurojpy1d1024.jpg
eurojpy1h1024.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は一昨日の上昇から一転し、急落しました。日本株やアジア株に引き続いて欧州株も下落したことで円買いが強まったためと考えられます。また、チャートで見ると、一昨日の急上昇によって日足+2σを上抜けしたためにバンド内に戻るチカラが働き、下から引っ張られて下落したことが原因とも考えられます。

ですが、今日も下落が続くとは限りません。チャートを見ると、昨日の日足ロウソク足は下ヒゲが長く伸びていて、下から上に圧力が掛かっており、また、日足+1σの上に戻って来ていますので、週足・日足共に+1σの上にいることで上昇圧力が加わっているからです。

以上のことを踏まえた上で、1時間足チャートを見てみましょう。

今は昨日の急落から落ち着きを取り戻し、少し上がり始めています。これからロングで攻めるなら、1時間足平均線を完全に上抜けするまで待つべきです。このラインを上抜けすれば上昇する可能性が出てきますので、10分足+1σを損切りのラインにして、135円を目標に攻めて行くといいでしょう。

反対にショートで攻めるなら、再び134円のラインを下抜けするまで待つべきです。そうなった時は、10分足-1σを損切りのラインにして、昨日の安値を目標に攻めて行くといいでしょう。

10/24(木)経済指標



EU首脳会議(於:ブリュッセル10/24~10/25)  

06:45 NZ 9月貿易収支  

08:50 日 対外及び対内証券売買契約等の状況  

10:45 中 10月HSBC製造業PMI

12:00 豪 ロウRBA副総裁講演

13:45 スイス クレディ・スイス・グループ 7-9月期決算発表  

16:30 独 10月製造業PMI
16:30 独 10月サービス業PMI

17:00 欧 10月製造業PMI
17:00 欧 10月サービス業PMI
17:00 欧 10月総合PMI

19:00 英 10月CBI製造業受注指数

21:30 米 新規失業保険申請件数

23:00 米 9月新築住宅販売件数

25:45 英 カーニーBOE総裁講演

26:00 米 30年物価連動債入札



cat01_20130319221235.jpg 白猫

10月23日のユーロ円

eurojpy1d1023.jpg
eurojpy1h1023.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は解説の後、急激な上昇を見せました。この上昇によって日足+2σを上抜けし、バンドからはみ出、135.5円で高値をつけました。

バンドからはみ出ると、バンド内に戻るチカラが働く事と、昨日の日足ロウソク足を見ると上ヒゲが伸びていて、上から下に向かっての圧力が掛かっていることから、今日は昨日の上昇からの反発下落の可能性が高いと推測しています。

以上のことを踏まえた上で、1時間足チャートを見てみましょう。

今は上昇する勢いを失い、落ち着いた値動きをしています。そして1時間足+1σを下抜けしていますので、これから下落する気配を見せています。これからショートで攻めるなら、135円のラインを下抜けするまで待つべきです。このラインを下抜けすればまたさらに下落して行く可能性が見えてきますので、そうなった場合は10分足-1σを損切りのラインにして、緑色の上昇トレンドラインCを目標に、さらにそれを下抜けした場合は日足+1σを目標に攻めて行くといいでしょう。

反対に、再び1時間足+1σを上抜けすれば、若干上がる可能性が出てきますので、そうなった場合は昨日の高値を目標にロングで攻めるといいでしょう。

10/23(水)経済指標



09:30 豪 7-9月期消費者物価指数

15:45 仏 10月企業景況感

17:00 南ア 9月消費者物価指数

17:30 英 BOE議事録公表(10月9-10日開催分)  

20:00 米 MBA住宅ローン申請指数

21:30 米 9月輸入物価指数

22:00 米 8月住宅価格指数

23:00 加 BOC政策金利発表
23:00 欧 10月消費者信頼感

23:30 米 週間原油在庫

26:30 欧 リンデ・スペイン中銀総裁講演




cat01_20130319221235.jpg 白猫

米雇用統計に荒い動き

田村04_目指せ       応援ポチよろしくお願いします!

1.3660~70に持ち合いで米雇用統計待ちのユーロドルでしたが、
米雇用統計は失業率は低下も雇用者数が悪く瞬間1.3750付近まで急騰。
その後も1.37台で推移しており一気にドル安の流れに。
ただドル円は一旦97.85まで下げるも98.25付近まで買い戻されて
います。
この後の流れに注目です。
T20131022_01_01.jpg
T20131022_01_02.jpg
==============================================================
チャート設定:
・茶色 トレンドライン。
・細いボリバンは時間足相当、期間25、赤-平均水色-±σ緑-±2σ
 太いボリバンは4時間足相当。
紫破線は1分200MA相当。
・矢印は同色の抵抗線からの抵抗値トレードのエントリーポイント
==============================================================
田村06_一つ


10月22日のユーロ円

eurojpy1d1022.jpg
eurojpy1h1022.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は解説の後も上昇を続けました。先週金曜日の高値を上抜け出来なければ下落に転じることも考えられたのですが、無事に上抜け出来たため、さらに上昇しました。次の上値抵抗値である日足+2σには届かなかったので、ロングで追いかけて行った方は損切りが重要だったと思います。

これで週足・日足共に+1σを越えたことになりましたので、上昇圧力が加わり、ロングで攻めやすい展開になってきました。

今日これからロングで攻める場合は、134.5円を目標値にするといいでしょう。

以上のことを踏まえた上で、1時間足チャートを見てみましょう。

昨日は1時間足+1σをブレイクする事が何度かありましたが、緑色の上昇トレンドラインCを下抜けすることがなかったために下落に転じることはありませんでした。

これからロングで攻めるなら、昨日の高値を越えるまで待つべきです。このラインを越えればさらに上昇して行く可能性が見えてきますので、10分足+1σを損切りのラインにしてまずは134.5円を目標に、それを上抜けした場合はさらに日足+2σを目標に攻めて行くといいでしょう。

反対にショートで攻めるなら、やはり緑色の上昇トレンドラインCを下抜けするまで待つべきです。このラインを下抜けすればまたさらに下落して行く可能性が見えてきますので、そうなった場合は10分足-1σを損切りのラインにして、日足+1σを目標に攻めて行くといいでしょう。

10/22(火)経済指標



12:45 日 20年債入札

15:00 スイス 9月貿易収支

17:00 英 ビーンBOE副総裁講演

17:30 欧 国債入札
17:30 英 9月財政収支

21:30 米 9月非農業部門雇用者数
21:30 米 9月民間部門雇用者数人
21:30 米 9月失業率
21:30 加 8月小売売上高
21:30 加 8月小売売上高(除自動車)

23:00 米 10月リッチモンド連銀製造業指数




cat01_20130319221235.jpg 白猫

若干ドル買戻しも明日の雇用統計警戒か

田村04_目指せ       応援ポチよろしくお願いします!

時間足平均で押さえ込まれたような若干ドル買いの小動きでここまで来ています。
前回の債務問題で延期された雇用統計を明日に控えての手控え感のある相場です。
この状態が明日まで続くのでしょうか・・・
T20131021_01_01.jpg
T20131021_01_02.jpg
==============================================================
チャート設定:
・茶色 トレンドライン。
・細いボリバンは時間足相当、期間25、赤-平均水色-±σ緑-±2σ
 太いボリバンは4時間足相当。
紫破線は1分200MA相当。
・矢印は同色の抵抗線からの抵抗値トレードのエントリーポイント
==============================================================
田村06_一つ


10月21日のユーロ円

eurojpy1d1021.jpg
eurojpy1h1021.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です。

ユーロ円は先週木曜日の上昇により上値抵抗値であった紫色の下降トレンドラインAを上抜けしたことをきっかけに、日足+1σをブレイクしました。

この上昇によって週足・日足共に+1σを越えたことになりましたので、これから上昇して行く可能性が出て来ました。

今日ロングでエントリーする場合のポイントは、先週金曜日の高値です。先週金曜日のロウソク足を見ると、上ヒゲが出ていますので、ここに抵抗がある事がわかります。これからロングで攻めるなら、先週金曜日の高値を越えてからエントリーするといいでしょう。

以上のことを踏まえた上で、1時間足チャートを見てみましょう。

これからロングでエントリーするなら、先程も書きましたように、先週金曜日の高値を上抜けするまで待つべきです。その場合は10分足+1σを損切りのラインにして日足+2σを目標に攻めて行くといいでしょう。

反対にショートで攻めるなら、新たに生まれた緑色の上昇トレンドラインCを下抜けするまで待つべきです。このラインを下抜けすればまたさらに下落して行く可能性が見えてきますので、そうなった場合は10分足-1σを損切りのラインにして、日足+1σを目標に攻めて行くといいでしょう。

10/21(月)経済指標



欧州 リンデ・スペイン中銀総裁講演

08:01 英 10月ライトムーブ住宅価格

08:50 日 9月貿易収支

09:30 日 黒田日銀総裁講演

14:00 日 8月景気一致CI指数
14:00 日 8月景気先行CI指数

15:00 独 9月生産者物価指数

16:00 欧 クーレECB理事講演

18:00 欧 2012年政府債務

18:30 欧 ノボトニー・オーストリー中銀総裁講演
 
21:30 加 8月卸売売上高

23:00 米 9月中古住宅販売件数



cat01_20130319221235.jpg 白猫

ドル売り進んで1.36台後半に

田村04_目指せ       応援ポチよろしくお願いします!

昨日1.3680付近まで高値を更新したユーロドルですが、東京時間は
横ばいで推移。15時から欧州勢が参入すると1.3690付近まで買われ
高値更新しています。
今のユーロドルは動き出しの時間が決まっていますので、そこからの動きに
乗れば簡単かも知れません。上下どちらにしても反転したときは深追い禁物
です。
後以下の米指標の日程が発表になっています。
・9月の米雇用統計を22日に発表へ
・10月の雇用統計を11月8日に発表へ
・9月のPPIを29日、CPIを30日に発表へ
T20131018_01_01.jpg
T20131018_01_02.jpg
==============================================================
チャート設定:
・茶色 トレンドライン。
・細いボリバンは時間足相当、期間25、赤-平均水色-±σ緑-±2σ
 太いボリバンは4時間足相当。
紫破線は1分200MA相当。
・矢印は同色の抵抗線からの抵抗値トレードのエントリーポイント
==============================================================
田村06_一つ


10月18日のユーロ円

eurojpy1d1018.jpg
eurojpy1h1018.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です。

まだ早いので、今日のロウソク足は出ていません。

昨日のユーロ円は、一時的に下落しましたが、持続することなく、再び上昇に転じました。

日足ロウソク足を見ると、今週の火曜日から3日続けて長い下ヒゲが出ています。これは、下から上に向かっての圧力が掛かっていることを表しています。そしてまた紫色の下降トレンドラインAをブレイクしていますので、これから上昇して行く可能性が高くなっています。

今は上値抵抗値である日足+1σで揉み合っていますが、これからこのラインを完全に上抜け出来れば、週足・日足共に+1σを越えることになりますので、上昇圧力が加わり、さらに上昇して行く可能性が見えてきます。

以上のことを踏まえた上で、1時間足チャートを見てみましょう。

昨日の解説の後、赤い上昇トレンドラインbを下抜けしたことによって下落して行く様に見えましたが、再び上昇する勢いを取り戻して伸びて行きました。昨日ショートでエントリーした方は、損切りの徹底が重要だったと思います。

そして今は、日足+1σを僅かに越えています。これからロングで追いかけて行くならやはり、134円のラインを越えるまで待つべきです。このラインを上抜けすればさらに伸びて行く可能性が見えてきますので、10分足+1σを損切りのラインにしてロングで追いかけて行くといいでしょう。

反対にショートで攻めるなら、1時間足-1σを下抜けするまで待つべきです。このラインを下抜けすればさらに下落して行く可能性が高くなりますので、そうなった場合は10分足-1σを損切りのラインにして、日足平均線を目標に攻めて行くといいでしょう。

10/18(金)経済指標



08:50 日 対外及び対内証券売買契約等の状況

09:10 豪 RBA金融安定局長講演

10:00 豪 スティーブンスRBA総裁講演

11:00 中 7-9月期GDP
11:00 中 9月鉱工業生産
11:00 中 9月小売売上高
11:00 中 9月固定資産投資

15:00 日 岩田日銀副総裁講演

15:35 日 黒田日銀総裁講演

17:00 欧 ノボトニー・オーストリー中銀総裁講演

20:15 米 モルガン・スタンレー 7-9月期決算発表

21:00 米 ラッカー米リッチモンド連銀総裁講演

21:30 加 9月消費者物価指数
21:30 加 9月消費者物価指数

23:00 米 9月景気先行指数

26:00 米 タルーロFRB理事講演

27:00 米 エバンス米シカゴ連銀総裁講演

翌4:40 米 ダドリー米NY連銀総裁講演

翌5:30 米 スタインFRB理事講演

10/19(土)欧州 24:00  レーン欧州委員講演




cat01_20130319221235.jpg 白猫

米債務問題暫定決着でドル売り

田村04_目指せ       応援ポチよろしくお願いします!

今朝方(NY時間深夜)に米債務問題が一応の決着し、その後為替全体で
ドル売りが継続しています。ドル買いになるかと思いきや・・織り込みだった
のでしょうか。
ということでユーロドルは17時台に1.3630付近まで高値を伸ばしています。
この後は、やはり中断している米QE縮小へと関心が移っているようです。
この間延期されている米指標の発表予定なども政府機関が再開されれば出て
来ます。とりあえずは一区切りです。
T20131017_01_01.jpg
T20131017_01_02.jpg
==============================================================
チャート設定:
・茶色 トレンドライン。
・細いボリバンは時間足相当、期間25、赤-平均水色-±σ緑-±2σ
 太いボリバンは4時間足相当。
紫破線は1分200MA相当。
・矢印は同色の抵抗線からの抵抗値トレードのエントリーポイント
==============================================================
田村06_一つ


10月17日のユーロ円

eurojpy1d1017.jpg
eurojpy1h1017.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は大きく上昇しました。日足ロウソク足を見ると、昨日・一昨日共に長い下ヒゲが出ていますので、下から上に向かっての圧力が掛かっていることがわかります。

そして気になるのは、今日になって紫色の下降トレンドラインAをブレイクしていることです。このままこのラインを完全に上抜けし、このラインが有効で無くなれば、日足+1σを上抜けしてさらに伸びて行く可能性が見えてきます。しかし、今は日足+1σからの抵抗を受けて下がり始めていますので、ロングでエントリーするにはまだ早いようです。

短時間足を見て、上昇・下落のサインを読み取ることが重要です。

以上のことを踏まえた上で、1時間足チャートを見てみましょう。

昨日はやはり、1時間足平均線を完全に上抜けしたのをきっかけに伸びて行きました。

そして今は、日足+1σを上抜けすることが出来ず、下がり始めています。これからロングで攻めるには134円のラインを上抜けするまで待つべきです。このラインを上抜けすればさらに伸びて行く可能性が見えてきますので、10分足+1σを損切りのラインにしてロングで追いかけて行くといいでしょう。

反対にショートで攻めるなら、赤い上昇トレンドラインbを下抜けするまで待つべきです。このラインを下抜けすれば上昇する勢いを失い、下落に転じる可能性が見えてきますので、10分足-1σを損切りのラインにして、日足平均線を目標に攻めて行くといいでしょう。ただし、途中に青い上昇トレンドラインBがあり、ここで下げ止まる可能性もありますので気を付けて下さい。

応援クリックお願いします
 にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
総合FX口座ランキング
1位 ヒロセ通商
2位 外為オンライン
3位 JFX
4位 YJFX
5位 みんなのFX
プロフィール

Author:トウケンFX
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
投研ツィッター