3月31日のユーロ円

eurojpy1d0331.jpg
eurojpy1h0331.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です。

先週金曜日のユーロ円は急激に上昇しました。先週金曜日の日足ロウソク足を見ると、下ヒゲが長く出ていますので、下から上に向かっての圧力が感じ取れます。

この上昇によって紫色の下降トレンドラインAAを上抜けし、上昇傾向に変わる可能性が少し出てきましたが、ロング中心の流れに変わるにはまだ不十分です。今は日足平均線と週足平均線で揉み合っていますので、これから上昇して行くにはまず日足平均線を上抜けすることが必要です。

日足平均線を上抜けすれば、142円まで上がる可能性が出てくるでしょう。

以上のことを踏まえて1時間足チャートを見てみましょう。

先週金曜日は解説の通り、1時間足平均線を越えたことによって大きく上昇しましたが、ロングで攻めた場合の目標値である赤い下降トレンドラインCを越えましたので、そのままロングで追いかけて行った場合には損切りの徹底がより重要だったでしょう。

そして今は日足平均線を越えようとしています。これからロングで攻めるなら、黄色い下降トレンドラインBを上抜けしたときにエントリーして、10分足+1σを損切りのラインにして、142円を目標に攻めて行くといいでしょう。

反対にショートで攻めるなら、1時間足平均線を下抜けした場合にエントリーして、10分足-1σを損切りのラインにして日足-1σを目標に攻めて行くといいでしょう。

3/31(月)経済指標



3/30(日) 英国および欧州冬時間終了 夏時間移行
 
中国 習近平・中国国家主席、欧州歴訪 欧州連合(EU)当局と会談(3/31~4/1)
 
米国 医療保険制度改革法(オバマケア)に基づく新規保険申込期限

 
06:45 NZ 2月住宅建設許可

08:50 日 2月鉱工業生産

09:00 NZ 3月ANZ企業信頼感
09:00 NZ 3月ANZ企業活動見通し

14:30 欧 ダイセルブルーム・ユーログループ議長、ジョルジアデス・キプロス財務相会談  

15:45 仏 10-12月期GDP

16:00 中 習近平主席EU本部訪問

17:00 欧 バローゾ欧州委員長講演  

17:30 英 2月消費者信用残高

18:00 欧 3月消費者物価指数

21:00 南ア 2月貿易収支
21:30 加 1月GDP

22:45 米 3月シカゴ購買部協会景気指数

22:55 米 イエレンFRB議長講演  

23:30 米 3月ダラス連銀製造業活動指数




cat01_20130319221235.jpg 白猫

3月28日のユーロ円

eurojpy1d0328_201403281047141aa.jpg
eurojpy1h0328_2014032810471546d.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は一時的には上昇しましたが、後になって下落に転じました。その理由はやはり私が指摘したように、141円のラインを越えることが出来なかったからです。

昨日の日足ロウソク足を見ると、長い上ヒゲが出ていて、141円に一致する所で高値を付けています。つまり、141円に抵抗があって、さらに上から下に向かっての圧力が加わっていることを表しています。

また、日足-1σを下抜けしていますので、流れとしては上昇より下落しやすくなっているのがわかります。今有効になっている紫色の下降トレンドラインAAを上抜けできれば、上昇傾向に変わる可能性が出てくるでしょう。

以上のことを踏まえて1時間足チャートを見てみましょう。

これからショートで攻めるなら、昨日の安値を下抜けしたときにエントリーして、10分足-1σを損切りのラインにして日足-2σを目標に攻めて行くといいでしょう。

反対にロングで攻めるなら、1時間足平均線を越えるまで待つべきです。このラインを上抜けすれば上昇に転じる可能性が見えてきますので、そうなった場合は10分足+1σを損切りのラインにして、赤い下降トレンドラインCを目標に攻めて行くといいでしょう。

3/28(金)経済指標



08:30 日 2月全国消費者物価指数(生鮮食品除く)
08:30 日 3月東京都区部消費者物価指数(生鮮食品除く)
08:30 日 2月失業率
08:30 日 2月有効求人倍率

10:30 米 エバンズ米シカゴ地区連銀総裁講演

18:30 英 10-12月期GDP
18:30 英 10-12月期経常収支

19:00 欧 3月経済信頼感
19:00 欧 3月消費者信頼感

21:30 米 2月個人所得
21:30 米 2月個人消費支出
21:30 米 2月コアPCEデフレーター

22:00 独 3月消費者物価指数

22:55 米 3月ミシガン大学消費者信頼感指数

25:45 米 ジョージ米カンザスシティ連銀総裁講演

26:30 独 バイトマン独連銀総裁講演


3/30(日) トルコ地方選挙

3/30(日) 英国および欧州で冬時間終了、夏時間移行




cat01_20130319221235.jpg 白猫

3月27日のユーロ円

eurojpy1d0327.jpg
eurojpy1h0327.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は大きく下落しました。そしてこれまでの下値抵抗値であった黒い上昇トレンドラインAを下抜けしたことによって下落する勢いはさらに強くなっています。気になるのは、新たに生まれた紫色の下降トレンドラインAAです。今は日足ロウソク足では陽線となっていますが、これからまた上昇傾向に変わるには、今有効になっている紫色の下降トレンドラインAAを上抜けすることが必要です。

そして今日のポイントは141円です。これからこのラインを越えることが出来れば紫色の下降トレンドラインAAまで上昇する可能性が見えてきますが、出来なければ再び下落する可能性が出てくるでしょう。

以上のことを踏まえて1時間足チャートを見てみましょう。

昨日も下落からの反発ロングを狙うならやはり141円のラインを越えるまで待つべきです。このラインを越えたときにエントリーして、10分足+1σを損切りのラインにして、日足チャートの紫色の下降トレンドラインAAを目標に攻めて行くといいでしょう。ですが、途中にある赤い下降トレンドラインCで止まる可能性もありますので気をつけてください。

反対にショートで攻めるなら、昨日の安値を下抜けするまで待つべきです。昨日の安値を下回ればさらに下落する可能性が見えてきますので、そうなった場合は10分足-1σを損切りのラインにして140円を目標に攻めて行くといいでしょう。

3/27(木)経済指標



南アフリカ SARB)政策金利発表

米伊首脳会談


06:45 NZ 2月貿易収支

08:50 日 対外及び対内証券売買契約等の状況

09:20 米 ブラード米セントルイス連銀総裁講演

12:45 日 2年債入札

16:45 仏 3月消費者信頼感指数

18:00 欧 2月マネーサプライM3

18:30 英 2月小売売上高(自動車燃料含む) 
18:30 英 英中銀金融行政委員会声明発表 
18:30 南ア 2月生産者物価指数

21:30 米 新規失業保険申請件数
21:30 米 10-12月期GDP
21:30 米 10-12月期GDPデフレーター
21:30 米 10-12月期コアPCEデフレーター
21:30 米 ピアナルト米クリーブランド連銀総裁講演

23:00 米 2月中古住宅販売保留件数指数

24:30 欧 リーカネンECB理事講演

26:00 米 7年債入札

26:00 スイス ツアブリュックSNB理事講演

27:00 仏 ノワイエ仏中銀総裁講演



cat01_20130319221235.jpg 白猫

3/26(水)経済指標



オーストラリア スティーブンスRBA総裁講演

米・EU首脳会談(於:ブリュッセル)
 



07:30 豪 ロウRBA総裁補佐講演

08:00 米 プロッサー米フィラデルフィア連銀総裁講演

09:30 豪 RBA金融安定見通し公表 

15:00 米 ブラード米セントルイス連銀総裁講演

16:00 独 4月GfK消費者信頼感

20:00 米 MBA住宅ローン申請指数

21:30 米 2月耐久財受注
21:30 米 2月耐久財受注(除輸送用機器)
21:30 米 2月製造業受注(非国防/除航空機) 

22:00 欧 リンデ・スペイン中銀総裁講演

23:30 米 週間原油在庫

24:30 米 インフレ連動2年債入札

26:00 米 5年債入札




cat01_20130319221235.jpg 白猫

連日のNY時間の切り返し

田村04_目指せ
昨日も今日も欧州入り後、独指標が弱く下げる展開。更に独連銀総裁の
マイナス金利発言もあり、欧州終了まで下降トレンドが継続しました。
更にNY時間に入りドラギ発言で追加措置などの発言があり1.3750
付近まで下押ししました。内容はお決まりの文句でしたが・・・
この発言の直後、昨日に続き今日も急騰で切り返す展開で、3850付近
まで上げ戻しています。
何か年度末に向けてのユーロ買い需要でもあるんでしょうか。2度あること
は・・・と言いますので、明日が楽しみです。
T20140325_01_01.jpg
T20140325_01_02.jpg
==============================================================
チャート設定:
・茶色 トレンドライン。
・細いボリバンは時間足相当、期間25、赤-平均水色-±σ緑-±2σ
 太いボリバンは4時間足相当。
紫破線は1分200MA相当。
・矢印は同色の抵抗線からの抵抗値トレードのエントリーポイント
==============================================================
田村06_一つ


3月25日のユーロ円

eurojpy1d0325.jpg
eurojpy1h0325.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は大きく上昇しました。この上昇で142円の少し手前で高値を付けました。昨日の日足ロウソク足を見ると、長い上ヒゲが出ているのがわかります。つまり、142円が今の上値抵抗値である事を表しています。

そして今、週足+1σで揉み合っていますので、これから142円のラインを越えることが出来れば、週足+1σを上抜けして上昇圧力が加わる可能性も見えてくるでしょう。

そして今は、新たに生まれた黒い上昇トレンドラインAが有効になっていますので、反対に、このラインを下抜けすれば、次の下値抵抗値である日足-1σまで下落する可能性が出てくるでしょう。

以上のことを踏まえて1時間足チャートを見てみましょう。

昨日はまさに私が指摘したように日足平均線を越えたことによって大きく上昇し、黄色い下降トレンドラインBに一致する所で高値を付けました。

そして今は、青い下降トレンドラインbが有効になっています。これからロングで攻めるなら、このラインを上抜けした場合にエントリーして、10分足+1σを損切りのラインにして、黄色い下降トレンドラインBを目標に攻めて行くといいでしょう。

反対にショートで攻めるなら、1時間足-1σを下抜けするまで待つべきです。このラインを下抜けしたときにエントリーして、10分足-1σを損切りのラインにして日足チャートの黒い上昇トレンドラインAを目標に攻めて行くといいでしょう。

3/25(火)経済指標



核セキュリティサミット(於:ハーグ 3/24~3/25 ※G7首脳が集うためウクライナ問題を協議する可能性)

13:45 豪 ロウRBA総裁補佐講演

16:45 仏 3月企業景況感

18:00 独 3月Ifo景気期待指数
18:00 独 3月Ifo現況指数

18:30 英 2月消費者物価指数
18:30 英 2月小売物価指数
18:30 英 2月生産者物価指数
18:30 独 ショイブレ独財務相講演

20:00 英 3月CBI流通取引調査

22:00 米 1月住宅価格指数
22:00 米 1月S&P/ケースシラー住宅価格指数

23:00 米 2月新築住宅販売件数
23:00 米 3月消費者信頼感指数
23:00 米 3月リッチモンド連銀製造業指数

25:00 欧 ドラギECB総裁講話

25:30 独 バイトマン独連銀総裁会見

26:00 米 2年債入札

翌5:00 米 ロックハート米アトランタ連銀総裁講演






cat01_20130319221235.jpg 白猫

3月24日のユーロ円

eurojpy1d0324.jpg
eurojpy1h0324.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です。

先週金曜日のユーロ円は大きく下落しました。そのきっかけとなったのは私が指摘しましたように灰色の上昇トレンドラインaを下抜けしたことです。このラインが今までの下値抵抗値でしたので、このラインを下抜けしたことによって下落する勢いが強くなりました。ですが、ショートで攻める場合の目標値である日足―1σまでは下がらなかったので、損切りが重要だったと思います。

そして先週金曜日の日足ロウソク足を見ると、長い下ヒゲが出ているのがわかります。これは、下から上に向かっての圧力が出ているのを示しています。ですから、今日はその圧力を受けて上昇する可能性も見えています。今日のポイントは日足+1σです。このラインを越えればさらに上昇する可能性が出てきますが、ここで押し返されれば再び大きく下落する可能性も出てくるでしょう。

以上のことを踏まえて1時間足チャートを見てみましょう。

これからロングで攻めるなら、やはり日足+1σを越えるまで待つべきです。このラインを上抜けしたときにエントリーして、10分足+1σを損切りのラインにして、黄色い下降トレンドラインBを目標に攻めて行くといいでしょう。

反対にショートで攻めるなら、日足+1σで押し返されて、赤い上昇トレンドラインCを下抜けするまで待つべきです。このラインを下抜けしたときにエントリーして、10分足-1σを損切りのラインにして先週金曜日の安値を目標に攻めて行くといいでしょう。

3/24(月)経済指標



日本 東証・大証、デリバティブ市場を統合

核セキュリティサミット(於:ハーグ 3/24~3/25 ※G7首脳が集うためウクライナ問題を協議する可能性)


10:45 中 3月HSBC製造業PMI 
16:00頃 日 岩田日銀副総裁講演

17:00 仏 3月製造業PMI
17:00 仏 3月サービスPMI

17:30 独 3月製造業PMI
17:30 独 3月サービス業PMI

18:00 欧 3月総合PMI
18:00 欧 3月製造業PMI
18:00 欧 3月サービス業PMI
18:00 欧 リーカネン・フィンランド中銀総裁講演

21:30 米 2月シカゴ連銀全米活動指数

22:00 米 スタインFRB理事講演

24:00 欧 リンデ・スペイン中銀総裁講演

25:30 加 レーンBOC副総裁講演




cat01_20130319221235.jpg 白猫

小動き

田村04_目指せ
昨夜の欧州通貨ドル買いの流れから、1.3780付近まで戻してNY時間
を終えたユーロドルですが、明けて東京市場は休場、狭い横ばいで推移。
欧州入りでは1.3765付近まで下押ししましたが、欧州市場開場後は
ユーロ買い戻しの流れで1.3800にトライ。この辺り、少し前にドル円
に売りが持ち込まれたとかでドル売りの流れがあったのかも知れません。
NY入りの前に再度1.3800トライするも、OPもありNY入りでは
1.3775付近まで反発を受けています。
欧州サミットも開かれていますが、小動きモードが続いています。
T20140321_01_01.jpg
T20140321_01_02.jpg
==============================================================
チャート設定:
・茶色 トレンドライン。
・細いボリバンは時間足相当、期間25、赤-平均水色-±σ緑-±2σ
 太いボリバンは4時間足相当。
紫破線は1分200MA相当。
・矢印は同色の抵抗線からの抵抗値トレードのエントリーポイント
==============================================================
田村06_一つ


3月21日のユーロ円

eurojpy1d0321.jpg
eurojpy1h0321.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は解説の後、大きく下落し、灰色の上昇トレンドラインaを一時的にブレイクしました。

今日、再び下値抵抗値であるこの灰色の上昇トレンドラインaをブレイクし、そのまま下抜けすればさらに大きく下落する可能性が高くなるでしょう。

反対に上昇して行くためには、まずは日足平均線を越えることが必要です。このラインを上抜け出来れば、さらに上昇する可能性が見えてきます。

以上のことを踏まえて1時間足チャートを見てみましょう。

昨日は私が指摘しましたように青い上昇トレンドラインbを下抜けしたことによって大きく下落しました。

そして今は1時間足-1σの上にいますので、下落する勢いは弱まっています。これからショートで攻めるなら、再び1時間足―1σを下抜けするまで待つべきです。このラインを下抜けしたときにエントリーして、10分足-1σを損切りのラインにしてまずは昨日の安値を目標に、それを下抜けした場合はさらに日足―1σを目標に攻めて行くといいでしょう。

反対にロングで攻めるなら、やはり日足平均線を越えるまで待つべきです。このラインを上抜けしたときにエントリーして、10分足+1σを損切りのラインにして、142円を目標に攻めて行くといいでしょう。

3/21(金)経済指標



日本 休場(春分の日)

南アフリカ 休場(人権の日)

欧州 EU首脳会議(3/20~3/21 於:ブリュッセル)

米国 格付け会社フィッチ米国の格付け発表


18:00 欧 1月経常収支

18:30 英 2月財政収支  

21:30 加 2月消費者物価指数
21:30 加 2月消費者物価指数・コア
21:30 加 1月小売売上高
21:30 加 1月小売売上高(除自動車)

24:00 欧 3月消費者信頼感

24:45 米 ブラード米セントルイス連銀総裁講演

26:45 米 フィッシャー米ダラス連銀総裁講演

翌5:30 米 コチャラコタ米ミネアポリス連銀総裁講演

 
3/22(土) 中国 習近平・中国国家主席オランダ訪問
 
3/22(土) 7:30 米国 スタインFRB理事講演
 
3/22(土) 2:30 欧州 コンスタンシオECB副総裁講演




cat01_20130319221235.jpg 白猫

欧州通貨はドル買いの流れに

田村04_目指せ
昨日のFOMCは予想通りの内容で、雇用や景気に関しては良いコメントが
あったためドル買いの流れになり、ユーロドルは一気に1.3810付近まで
下押ししました。
明けて東京では若干の買い戻しで1.3845付近まで戻したものの、欧州入り
から売られ出し、欧州午前で1.3750付近まで下押し。
以降は1.3760~70付近で持ち合っています。
FOMCのドル買いの流れか、進んでいるウクライナ懸念か。とは言うものの
1.39台という高値をキープしていたことを思うとこのくらいの下げでも
まだ1.37台ですからと言う感じはします。
T20140320_01_01.jpg
T20140320_01_02.jpg
==============================================================
チャート設定:
・茶色 トレンドライン。
・細いボリバンは時間足相当、期間25、赤-平均水色-±σ緑-±2σ
 太いボリバンは4時間足相当。
紫破線は1分200MA相当。
・矢印は同色の抵抗線からの抵抗値トレードのエントリーポイント
==============================================================
田村06_一つ


3月20日のユーロ円

eurojpy1d0320.jpg
eurojpy1h0320.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は解説の後上昇しました。昨日の日足ロウソク足を見ると、長い上ヒゲが出ていて、142円にほぼ一致する所で高値をつけています。そして、下ヒゲも伸びていて灰色の上昇トレンドラインaで安値を付けていることから、今は灰色の上昇トレンドラインa~142円の範囲の中で値動きをしていることがわかります。このどちらかを抜けるかによって流れが変わってくる可能性が高くなります。

そして今日のロウソク足を見ると、長い下ヒゲが出ていて、下から上に向かっての圧力が感じられますので、これから上昇する可能性が見えています。このまま上昇して、142円を越えれば、次の上値抵抗値である日足+1σまで上昇して行く可能性が高くなるでしょう。

以上のことを踏まえて1時間足チャートを見てみましょう。

昨日は私が指摘しましたように黄色い下降トレンドラインCを越えたことによって142円付近まで上昇しました。

これからロングで攻めるなら、やはり142円を越えるまで待つべきです。このラインを越えたときにエントリーして、10分足+1σを損切りのラインにして、まずは日足+1σを目標に、それを越えた場合はさらに週足+1σを目標に攻めて行くといいでしょう。

反対にショートで攻めるなら、青い上昇トレンドラインbを下抜けするまで待つべきです。このラインを下抜けしたときにエントリーして、10分足-1σを損切りのラインにして日足チャートの灰色の上昇トレンドラインaを目標に攻めて行くといいでしょう。

3/20(木)経済指標



欧州 EU首脳会議(3/20~3/21 於:ブリュッセル)

06:45 NZ 10-12月期GDP

08:50 日 対外及び対内証券売買契約等の状況

16:00 スイス 2月貿易収支
16:00 独 2月生産者物価指数

16:15 日 黒田日銀総裁講演

17:30 スイス SNB政策金利発表
 
20:00 英 3月CBI製造業受注指数

21:30 米 新規失業保険申請件数

23:00 米 3月フィラデルフィア連銀製造業指数
23:00 米 2月中古住宅販売件数
23:00 米 2月景気先行指数

24:00 独 ラウテンシュレーガー独連銀副総裁講演

26:00 米 10年債入札

翌5:00 米 FRB年次ストレステスト結果公表




cat01_20130319221235.jpg 白猫

FOMC待ちモード

田村04_目指せ
いろいろあったものの1.39台をキープしているユーロドルですが、今日は
FOMCとあって様子見モードで推移しています。
方やクリミア問題は国民投票、それを受けての露大統領の演説も終わり、制裁も
伝わっていますが、編入を淡々と進めていると言う状況ですが、その露株も高値
を付けるなどリスク回避はお預けのような格好になっていろんな懸念があるもの
の粛々と進んでいるようです。
FOMCの方はある程度の内容は予想がつくので余程のサプライズは無いものと
考えられており、とりあえずその確認ということでしょうか。
確認後本来の流れが出てくるのかもしれません。
T20140319_01_01.jpg
T20140319_01_02.jpg
==============================================================
チャート設定:
・茶色 トレンドライン。
・細いボリバンは時間足相当、期間25、赤-平均水色-±σ緑-±2σ
 太いボリバンは4時間足相当。
紫破線は1分200MA相当。
・矢印は同色の抵抗線からの抵抗値トレードのエントリーポイント
==============================================================
田村06_一つ


3月19日のユーロ円

eurojpy1d0319.jpg
eurojpy1h0319.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は一昨日の上昇から一転して、大きく下落しました。昨日の日足ロウソク足を見ると、下ヒゲが長く伸びていて、灰色の上昇トレンドラインaのやや下で安値を付けていますが、まだこのラインを下抜けしたわけではありません。下ヒゲが長く伸びていることから、下から上に向かっての圧力が出ていることがわかります。つまり、依然としてこの灰色の上昇トレンドラインaが今の下値抵抗値ということを示しています。このラインを下抜けすれば、さらに下落を続ける勢いが生まれるでしょう。

そして昨日と同様、142円を上抜け出来れば次の上値抵抗値である日足+1σまで上昇して行く可能性が高くなるでしょう。

以上のことを踏まえて1時間足チャートを見てみましょう。

昨日はまさに私が指摘したように1時間足+1σを下抜けしたことによって一気に下落しました。しかし、安値を付けた後で急に上昇しましたので、ショートで攻めた場合は損切りの徹底が重要だったと思います。

これからロングで攻めるなら、新たに生まれた黄色い下降トレンドラインCを上抜けするまで待つべきです。このラインを越えたときにエントリーして、10分足+1σを損切りのラインにして、142円を目標に攻めて行くといいでしょう。

反対にショートで攻めるなら、青い上昇トレンドラインbを下抜けするまで待つべきです。このラインを下抜けしたときにエントリーして、10分足-1σを損切りのラインにして日足チャートの灰色の上昇トレンドラインaを目標に攻めて行くといいでしょう。

3/19(水)経済指標



日本 佐藤日銀審議委員講演

06:45 NZ 10-12月期経常収支(対GDP比)

08:50 日 2月貿易収支
 
11:10 日 木内日銀審議委員講演

14:00 日 黒田日銀総裁講演

17:00 南ア 2月消費者物価指数

18:30 英 BOE議事録公表(3月5-6日開催分)
18:30 英 2月失業率
18:30 英 2月失業者数
18:30 英 1月ILO失業率

19:00 欧 1月建設支出

20:00 南ア 1月小売売上高
20:00 米 MBA住宅ローン申請指数

21:30 米 10-12月期経常収支  
21:30 加1 月卸売売上高

23:30 米 週間原油在庫

26:45 スイス ジョーダンSNB総裁の発言 

27:00 米 FOMC政策金利発表 
27:00 米 住宅ローン担保証券(MBS)買入れプログラム 
27:00 米 米国債買入れプログラム
27:00 米 資産買入れプログラム総額
27:00 米 経済見通し発表

27:30 米 イエレン7FRB議長会見





cat01_20130319221235.jpg 白猫

クリミア情勢で上下

田村04_目指せ
欧州入り以降、ウクライナ情勢で上げ下げしています。
まずは欧州入り後、露大統領が演説を控えクリミアの編入を主張したことで
欧州通貨は売られ1.3890付近まで下落。その後演説の内容は過激では
なかったことから1.3940付近まで上げ戻したものの。その後も露大統領
が編入を進めていることから再度1.3900付近まで売られています。
大きなトレンドにはならずレンジ模様で上げ下げが続いています。
株の方は欧州株は上昇、少し前に開場したNYダウも買いスタートしています。
株の方は一足先にリスク回避の巻き戻しが進んでいる感じですが、明日の
FOMCも控え、大きな動きにならず様子見的な状態が続くかもです。
T20140318_01_01.jpg
T20140318_01_02.jpg
==============================================================
チャート設定:
・茶色 トレンドライン。
・細いボリバンは時間足相当、期間25、赤-平均水色-±σ緑-±2σ
 太いボリバンは4時間足相当。
紫破線は1分200MA相当。
・矢印は同色の抵抗線からの抵抗値トレードのエントリーポイント
==============================================================
田村06_一つ


3月18日のユーロ円

eurojpy1d0318.jpg
eurojpy1h0318.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は解説の後、緩やかに上昇を続け、142円にほぼ一致する所で高値を付けました。

昨日の日足ロウソク足を見ると、特に長い上ヒゲが出ていませんので、この142円のラインを越えるのは難しくないと思います。このラインを越えれば、次の上値抵抗値である日足+1σまで上昇して行く可能性が高くなるでしょう。

以上のことを踏まえて1時間足チャートを見てみましょう。

これからロングで攻めるなら、142円のラインを上抜けしたときにエントリーして、10分足+1σを損切りのラインにして、まずは日足+1σを目標に、それを越えた場合はさらに週足+1σを目標に攻めて行くといいでしょう。

反対にショートで攻めるなら、1時間足+1σを下抜けするまで待つべきです。このラインを下抜けすれば、下落に転じる可能性が見えてきますので、そうなった場合は10分足-1σを損切りのラインにして、赤い上昇トレンドラインBを目標に攻めて行くといいでしょう。

3/18(火)経済指標



米国 FOMC会合(3/18~3/19) 

09:30 豪 RBA理事会議事録公表(3月4日開催分)

12:45 日 20年債入札

15:00 日 2月工作機械受注

19:00 独 3月ZEW景気期待指数
19:00 独 3月ZEW現況指数

19:00 欧 3月ZEW景気期待指数

19:00 欧 1月貿易収支
19:00 欧 ヌイECB銀行監督局長講演  

21:30 米 2月住宅着工件数
21:30 米 2月建設許可件数
21:30 米 2月消費者物価指数
21:30 米 2月消費者物価指数・コア
21:30 加 1月製造出荷

24:55 加 ポロズBOC総裁講演

26:45 英 カーニーBOE総裁講演




cat01_20130319221235.jpg 白猫

3月17日のユーロ円

eurojpy1d0317.jpg
eurojpy1h0317.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です。

先週金曜日のユーロ円は灰色の上昇トレンドラインaで安値を付けました。先週金曜日の日足ロウソク足を見ると、下ヒゲが長く伸びていることから、今は灰色の上昇トレンドラインaに強い抵抗がある事がわかります。

そして今日になってその灰色の上昇トレンドラインaから、下から上に向かっての圧力を受けて上昇しています。

やはりこれから大きく下落するには灰色の上昇トレンドラインaを下抜けすることが必要であり、このラインを下抜けすれば140円まで下落を続ける可能性が出てくるでしょう。

そして、今のまま上昇を続け、142円のラインを越えることが出来れば日足+1σを上抜けして週足+1σまで伸びて行く可能性が出てくるでしょう。

以上のことを踏まえて1時間足チャートを見てみましょう。

今は141.5円の少し上にいますが、これからロングで攻めるなら、141.5円を完全に上抜けするまで待つべきです。そうなった場合にエントリーして、10分足+1σを損切りのラインにして、まずは142円を目標に、次に日足+1σを目標に攻めて行くといいでしょう。

反対にショートで攻めるなら、新たに生まれた赤い上昇トレンドラインBを下抜けするまで待つべきです。今はこのラインが有効になっていますので、このラインを下抜けした時にエントリーして、10分足-1σを損切りのラインにして日足チャートの灰色の上昇トレンドラインaを目標に攻めて行くといいでしょう。

3/17(月)経済指標



日本 月例経済報告

09:01 英 3月ライトムーブ住宅価格

17:30 欧 ユーロ圏外務相会合 

18:30 英 カンリフBOE副総裁講演

19:00 欧 2月消費者物価指数
19:00 欧 2月消費者物価指数・コア

21:30 加 1月国際証券取引高
21:30 米 3月NY連銀製造業景況指数

22:00 米 1月対米証券投資
 
22:15 米 2月鉱工業生産
22:15 米 2月設備稼働率

23:00 米 3月NAHB住宅市場指数

24:00 独 バイトマン独連銀総裁講演




cat01_20130319221235.jpg 白猫

3月14日のユーロ円

eurojpy1d0314.jpg
eurojpy1h0314.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は一気に下落しました。ウクライナ情勢への懸念からリスク回避への動きが強まり、ユーロ円に大きく売りが出たことが原因と言えますが、チャートで言えば黒い上昇トレンドラインAAを下抜けしたことによって上昇する勢いが弱まり、さらに日足+1σを下抜けしたことによって週足+1σも下抜けし、大きな下落に繋がったと考えています。

そして昨日は日足平均線にほぼ一致する所で安値を付けています。今日のポイントは、この日足平均線からの反発ロングを狙えるかどうかです。これからまた下落し、日足平均線と灰色の上昇トレンドラインaを下抜けすればさらに大きく下がり、140円まで下がる可能性が見えてきますが、反対に日足平均線で押し返されれば、大きく上昇する可能性が出てきます。

以上のことを踏まえて1時間足チャートを見てみましょう。

昨日は私が指摘しましたように黄色い上昇トレンドラインCを下抜けしたことによって下落する勢いが加速しましたが、ショートで攻める場合の目標値である日足+1σも下抜けしました。

今は下落する勢いが弱まっていますが、これからロングで攻めるなら1時間足-1σを上抜けするまで待つべきです。このラインを上抜けしたときにエントリーして、10分足+1σを損切りのラインにして日足+1σを目標に攻めて行くといいでしょう。

反対にショートで攻めるなら、昨日の安値を下抜けするまで待つべきです。このラインを下抜けすれば日足平均線を下抜けしてさらに下落する可能性が見えてきますので、10分足-1σを損切りのラインにしてまずは日足チャートの灰色の上昇トレンドラインa を目標に、それを下抜けした場合はさらに140円を目標に攻めて行くといいでしょう。

3/14(金)経済指標



世界貿易機関(WTO)一般理事会(於:ジュネーブ)

欧州 ムーディーズ、ソブリン債格付け公表


06:30 NZ 2月企業景況感

08:50 日 BOJ金融政策決定会合議事要旨公表(2月17-18日分) 

12:45 日 5年国債入札

13:30 日 1月鉱工業生産
13:30 日 1月設備稼働率

16:00 独 2月消費者物価指数

17:15 スイス 2月生産者輸入価格 

18:30 英 1月建設支出

19:00 欧 10-12雇用者数

21:30 米 2月生産者物価指数
21:30 米 2月生産者物価指数・コア

22:55 米 3月ミシガン大学消費者信頼感指数

3/15(土)10:45 米 フィッシャーFRB副議長候補講演



cat01_20130319221235.jpg 白猫

3月13日のユーロ円

eurojpy1d0313.jpg
eurojpy1h0313.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は一昨日の下落から上昇に転じ、143円にほぼ一致する所で高値を付けました。昨日の日足ロウソク足を見ると、下ヒゲが長く伸びていて、日足+1σに一致する所で安値を付けています。つまり、この日足+1σが今の下値抵抗値である事がわかります。そして昨日はこの日足+1σからの抵抗をうけて上昇に転じました。

そして今、黒い上昇トレンドラインAAが有効になっています。今日になってまた下落していますが、このラインを下抜けすればまた日足+1σまで下がる可能性が出てくるでしょう。

また、反対に143円のラインを越えれば、日足+2σまで上昇する可能性が見えてくるでしょう。

以上のことを踏まえて1時間足チャートを見てみましょう。

今は新たに生まれた黄色い上昇トレンドラインCが有効になっていますので、これからショートで攻めるならこのラインを下抜けするまで待つべきです。このラインを下抜けすれば日足チャートの黒い上昇トレンドラインAAを下抜けしてさらに下落する可能性が見えてきますので、10分足-1σを損切りのラインにして日足+1σを目標に攻めて行くといいでしょう。

反対にロングで攻めるなら、先程も書きましたように143円のラインを上抜けするまで待つべきです。このラインを上抜けしたときにエントリーして、10分足+1σを損切りのラインにして日足+2σを目標に攻めて行くといいでしょう。

3/13(木)経済指標



中国 全国人民代表大会(全人代)第2回会議閉幕
中国 李克強・中国首相記者会見


05:00 NZ RBNZ政策金利発表

05:05 NZ ウィーラーRBNZ総裁記者会見

08:50 日 1月機械受注
08:50 日 対外及び対内証券売買契約等の状況

09:01 英 2月RICS住宅価格

09:30 豪 2月就業者数
09:30 豪 2月失業率

14:30 中 2月鉱工業生産
14:30 中 2月小売売上高
14:30 中 2月固定資産投資

16:00 仏 2月消費者物価指数

18:00 欧 3月ECB月報

20:00 南ア 1月製造業生産

21:30 米 2月小売売上高
21:30 米 2月小売売上高(除自動車)
21:30 米 2月輸入物価指数
21:30 米 新規失業保険申請件数
21:30 加 1月新築住宅価格指数

23:00 米 1月企業在庫
23:00 米 上院銀行委員会、FOMC指名候補者(フィッシャー氏、ブレイナード氏、パウエル現理事)承認公聴会

24:45 欧 ファンロンパイEU大統領講演

25:30 南ア アフリカ マーカスSARB総裁講演

26:00 米 30年債入札




cat01_20130319221235.jpg 白猫
応援クリックお願いします
 にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
総合FX口座ランキング
1位 ヒロセ通商
2位 外為オンライン
3位 JFX
4位 YJFX
5位 みんなのFX
プロフィール

Author:トウケンFX
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
投研ツィッター