ユロ圏指標と米指標で1.38台後半へ上昇

田村04_目指せ
欧州入りでは昨日からの流れで1.38を割り込んでいたユーロドルですが
独指標が弱かったのですが下げから急切り返し、更に、ユロ圏指標が強くで
欧州午前で1.3830付近まで上昇。
NY時間に入り米GDPが弱く更にドル売りが進み1.3870まで高値を
伸ばしています。
この後はFOMCを控え、フィッキング~欧州終了にかけて値動きがあるか
どうか。調整等が入るかも知れません。
ここのところ1.37台後半~1.38台後半のレンジが今日も続いています。
堅調と言えば堅調のユーロドルです。
T20140430_01_01.jpg
T20140430_01_02.jpg
==============================================================
チャート設定:
・茶色 トレンドライン。
・細いボリバンは時間足相当、期間25、赤-平均水色-±σ緑-±2σ
 太いボリバンは4時間足相当。
紫破線は1分200MA相当。
・矢印は同色の抵抗線からの抵抗値トレードのエントリーポイント
==============================================================
田村06_一つ


4月30日のユーロ円

eurojpy1d0430_201404300923382c6.jpg
eurojpy1h0430_20140430092340266.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は解説の後、いったん大きく上昇しましたが、その後、下落に転じ、日足+1σにほぼ一致する所で終値を付けました。

昨日の日足ロウソク足を見ると、上ヒゲが長く伸びていて、灰色の下降トレンドラインAをやや上回った所で高値を付けています。ヒゲが長く伸びているという事は、その先に強い抵抗がある事を表していますので、やはりこの灰色の下降トレンドラインAが上値抵抗値であり、ここから反発を受けて下落したと考えられます。

今日のポイントは日足+1σで、再びこのラインを完全に上抜けすれば昨日のように灰色の下降トレンドラインAまで上昇する可能性が出てきますが、そうでなければ日足平均線あるいは黒い上昇トレンドラインaまで下がる可能性も出てくるでしょう。

以上のことを踏まえて1時間足チャートを見てみましょう。

昨日は私が指摘した通り、1時間足+1σを上抜けしたことによって大きく上昇して行きました。

これからロングで攻めるなら、1時間足平均線を越えるまで待つべきです。このラインを上抜けすれば再び上昇に転じる可能性が出てきますので、そうなった場合は10分足+1σを損切りのラインにして日足チャートの灰色の下降トレンドラインAを目標に攻めて行くといいでしょう。

反対にショートで攻めるなら、再び1時間足-1σを下抜けしたときにエントリーして、10分足-1σを損切りのラインにして日足平均線を目標に攻めて行くといいでしょう。

4/30(水)経済指標



日本  銀金融政策決定会合結果公表

07:45 NZ 3月住宅建設許可

08:05 英 4月GfK消費者信頼感

08:50 日 3月鉱工業生産

10:00 NZ 4月ANZ企業信頼感
10:00 NZ 4月ANZ企業活動見通し  

14:00 仏 BNPパリバ 1-3月期決算発表

15:00 日 日銀展望レポート公表

15:30 日 黒田日銀総裁記者会見

16:00 欧 スペイン1-3月期GDP

16:55 独 4月失業者数  
16:55 独 4月失業率

18:00 欧 4月消費者物価指数

20:00 米 MBA住宅ローン申請指数

21:00 南ア 3月貿易収支

21:15 米 4月ADP全国雇用者数

21:30 米 1-3月期GDP
21:30 米 1-3月期個人消費
21:30 米 1-3月期GDPデフレーター
21:30 米 1-3月期コアPCEデフレーター
21:30 米 1-3月期雇用コスト指数
21:30 加 2月GDP

22:45 米 4月シカゴ購買部協会景気指数

23:30 米 週間原油在庫 

27:00 米 FOMC政策金利発表  
27:00 米 連銀国債買い入れ額  
27:00 米 連銀MBS買い入れ額



cat01_20130319221235.jpg 白猫

FOMCを控え、1,38台後半の値動き

田村04_目指せ
明日にFOMCを控え、本邦は休場ですが、東京時間は昨夜のNY時間前半の下げ
を埋め戻す値動きで1.3870付近で欧州入り。
欧州序盤では欧州株が昨日に続き反発スタート。その後独各州CPIが弱いや
ユロ圏指標が弱く1.3650付近まで下げましたが、欧州入りの付近まで
上げ戻して、堅調に推移中のユーロドルです。
明日の深夜にFOMCを控えていることから関連市場も含めての調整的な動きが
あろうかと思われます。値動きに要注意です。
チャート的には日足雲をはっきり上抜けしていますが、この位置でFOMCを
向かえるのかどうか。
T20140429_01_01.jpg
T20140429_01_02.jpg
==============================================================
チャート設定:
・茶色 トレンドライン。
・細いボリバンは時間足相当、期間25、赤-平均水色-±σ緑-±2σ
 太いボリバンは4時間足相当。
紫破線は1分200MA相当。
・矢印は同色の抵抗線からの抵抗値トレードのエントリーポイント
==============================================================
田村06_一つ


4月29日のユーロ円

eurojpy1d0429_201404290926348cd.jpg
eurojpy1h0429_20140429092636598.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は解説の後、上昇を続け、142円のラインを一時的にブレイクし、日足+2σにピッタリと一致する所で高値を付けました。

昨日のロウソク足を見ると、下ヒゲが長く伸びていて、黒い上昇トレンドラインaに一致する所で安値を付けています。これは、このラインに強い抵抗があり、さらにここで下から上に向かっての圧力を受けて上昇に転じたといえるでしょう。

そして、上値抵抗値である紫色の下降トレンドラインAAを上抜けしたことで大きく上昇したものと考えられます。

今はまた142円のラインで揉み合っていますが、このラインを越えていけば灰色の下降トレンドラインAまで上昇する可能性が高くなりますが、それが出来なければ、再び大きく下落する可能性も出てくるでしょう。

以上のことを踏まえて1時間足チャートを見てみましょう。

昨日の解説の後、私が指摘したように赤い下降トレンドラインBを上抜けしたことによってさらに大きく上昇して行きました。今は1時間足+1σの下にいますので、上昇する勢いは弱まっています。

これからロングで攻めるなら、再び1時間足+1σを上抜けするまで待つべきです。このラインを上抜けすれば142円のラインを越えて伸びて行く可能性が出てきますので、そうなった場合は10分足+1σを損切りのラインにして日足チャートの灰色の下降トレンドラインAを目標に攻めて行くといいでしょう。

反対にショートで攻めるなら、日足+1σを下抜けしたときにエントリーして、10分足-1σを損切りのラインにして日足平均線を目標に攻めて行くといいでしょう。

4/29(火)経済指標



日本 休場(昭和の日) 

米国 FOMC開催(4/29~4/30)

ドイツ ドイツ銀行1-3月期決算発表


07:45 NZ 3月貿易収支  

15:00 独 5月GfK消費者信頼感

15:45 仏 4月消費者信頼感指数

17:30 英 1-3月期GDP

18:00 欧 4月経済信頼感
18:00 欧 4月消費者信頼感

21:00 独 4月消費者物価指数

22:00 米 2月S&P/ケースシラー住宅価格指数

23:00 米 4月消費者信頼感指数




cat01_20130319221235.jpg 白猫

ウクライナ懸念遠のき堅調?

田村04_目指せ
週明け、欧州入りで欧州市場は大幅反発の買いスタート。
ウクライナ情勢が少しは緩和したのか・・・・。
ユーロドルは欧州市場開場前に1.3875付近まで買われ高値更新です。
その後欧州午前終了前に1.3880付近まで高値を更新しましたが続かず。
ここまでユーロ買い、更に何か買収計画がありポンドも買われ欧州通貨高。
オージもその後買われたようです。全体的にドル売りの流れでした。
21時をまわりNY勢が参加してくると一転ドル買いの流れに切り替わり、
23時の米指標も強くフィッキング途中ですが1.3850付近まで下げて
来ています。
ウクライナに関して米から追加制裁が発表されましたがNYダウも大幅に買い
スタートで先週のリスク回避の流れは今のところ見られずです。
チャート的にも日足の雲を上抜けし、堅調に推移しています。
T20140428_01_01.jpg
T20140428_01_02.jpg
==============================================================
チャート設定:
・茶色 トレンドライン。
・細いボリバンは時間足相当、期間25、赤-平均水色-±σ緑-±2σ
 太いボリバンは4時間足相当。
紫破線は1分200MA相当。
・矢印は同色の抵抗線からの抵抗値トレードのエントリーポイント
==============================================================
田村06_一つ


4月28日のユーロ円

eurojpy1d0428.jpg
eurojpy1h0428.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です。

先週金曜日もユーロ円は下落しました。先週から下落が続いていますが、これから黒い上昇トレンドラインaを下抜けすれば、週足平均線を下抜けして、さらに下落する勢いが強くなるでしょう。

そして先週の水曜・木曜のロウソク足を見ると、下ヒゲが長く伸びていて、141円で止まっています。これは、141円に抵抗がある事を表していますので、やはりこれから大きく下落するには、今141円と一致している所にある黒い上昇トレンドラインaを下抜けすることが必要であると言えるでしょう。

それと同時に、紫色の下降トレンドラインAAも有効になっていますので、このラインを上抜け出来れば、142円まで上昇する可能性が出てくるでしょう。つまり、これから大きく値動きをするには、黒い上昇トレンドラインaか、紫色の下降トレンドラインAAのどちらかを抜けることが必要であると言えます。

以上のことを踏まえて1時間足チャートを見てみましょう。

前回の解説の後、赤い下降トレンドラインBを一時的にブレイクしましたが、完全に上抜けすることが出来なかったので、ロングで攻めた場合は損切りが重要でした。

そしてその後、日足平均線を下抜けしたのをきっかけに141円辺りまで下落しました。

これからロングで攻めるなら、やはり赤い下降トレンドラインBを上抜けしたときにエントリーして、10分足+1σを損切りのラインにしてまずは日足チャートの紫色の下降トレンドラインAAを目標に攻めて行くといいでしょう。

反対にショートで攻めるなら、1時間足平均線を下抜けしたときにエントリーして、10分足-1σを損切りのラインにして141円を目標に攻めて行くといいでしょう。

4/28(月)経済指標



南アフリカ 休場(自由の日)

23:00 米 3月中古住宅販売保留件数指数
23:30 米 4月ダラス連銀製造業活動指数



cat01_20130319221235.jpg 白猫

4月25日のユーロ円

eurojpy1d0425_20140425103842bfa.jpg
eurojpy1h0425_20140425103843868.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は一時的に大きく下落しました。昨日のロウソク足を見ると、一昨日の安値のやや下にある、141円にほぼ一致するところで安値を付けています。そして下ヒゲが長く出ていますので、そこに強い抵抗がある事がわかります。つまり昨日の安値を下回れば、次の下値抵抗値である黒い上昇トレンドラインaまで下がる可能性が高くなるでしょう。

そして今は新たに生まれた紫色の下降トレンドラインAAが有効になっていますので、このラインを越えることが出来れば、日足+1σを上抜けしてさらに大きく伸びて行く可能性が出てくるでしょう。

以上のことを踏まえて1時間足チャートを見てみましょう。

昨日は日足平均線を下抜けしたのをきっかけに大きく下落しました。今は上昇に転じ、赤い下降トレンドラインBをブレイクしていますので、これからさらに上昇する可能性が出てきています。これからロングで攻めるなら、10分足+1σを損切りのラインにしてまずは日足チャートの紫色の下降トレンドラインAAを目標に、それを越えた場合はさらに142円を目標に攻めて行くといいでしょう。

反対にショートで攻めるなら、再び日足平均線を下回ったときにエントリーして、10分足-1σを損切りのラインにして昨日の安値を目標に攻めて行くといいでしょう。

4/25(金)経済指標



豪州・ニュージーランド 休場(アンザックデー)

米国 オバマ米大統領訪日(4/23~4/25)
米国 ステート・ストリート 1-3月期決算発表


08:30 日 3月全国消費者物価指数(生鮮食品除く)
08:30 日 4月東京都区部消費者物価指数(生鮮食品除く)

17:00 スイス ジョーダンSNB総裁講演

17:30 英 3月小売売上高(自動車燃料含む)

22:45 米 4月マークイット総合PMI
22:45 米 4月マークイットサービス業PMI
22:45 加 オリバー加財務相講演
22:55 米 4月ミシガン大学消費者信頼感指数

23:30 欧 クノット・オランダ中銀総裁講演

25:00 欧 ファンロンパイEU大統領講演


4/27(土) 世界経済フォーラム 欧州・中東・ユーラシア会議(於:イスタンブール 4/27~4/29) 




cat01_20130319221235.jpg 白猫

米指標で下げるも切り返し

田村04_目指せ
欧州時間に入ると独指標強く1.3840付近まで高値を伸ばしたユーロドル
ですが、18時からのドラギ会見で緩和を臭わす発言があり1.38台前半まで
下げ戻しました。
NY時間に入り21時半の米指標が強くドル買いの流れとなり1.3790付近
まで下落。しかし、この辺りOPも絡んでか、切り返し再び1.38台へ。
と言うように今日は米指標やOPに絡んで上下が続いています。
上も重いが下も切り返しが入り、堅調と言えば堅調な推移です。
T20140424_01_01.jpg
T20140424_01_02.jpg
==============================================================
チャート設定:
・茶色 トレンドライン。
・細いボリバンは時間足相当、期間25、赤-平均水色-±σ緑-±2σ
 太いボリバンは4時間足相当。
紫破線は1分200MA相当。
・矢印は同色の抵抗線からの抵抗値トレードのエントリーポイント
==============================================================
田村06_一つ


4月24日のユーロ円

eurojpy1d0424_2014042410475506d.jpg
eurojpy1h0424_20140424104756cfd.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は上下に大きく変動しましたが、結局元の位置に戻って来ました。昨日のロウソク足を見ると、今週月曜日の高値をブレイクしたことによって上昇しましたが、日足+1σには届かず、142円で高値を付けたことがわかります。ですからロングで攻めて行った方は損切りが重要だったでしょう。

そしてそれから下落に転じましたが、一昨日とほぼ同じ所で安値を付けています。日足ロウソク足でも下ヒゲが長く伸びていますので、やはりそこが下値抵抗値となっていることがわかります。昨日の安値を下抜けすれば、さらに日足-1σまで下がる可能性が出てくるでしょう。

以上のことを踏まえて1時間足チャートを見てみましょう。

今は新たに生まれた黄色い下降トレンドラインCが有効になっています。これからショートで攻めるなら、1時間足平均線を下抜けしたときにエントリーして、この黄色い下降トレンドラインCを損切りのラインにして昨日の安値を目標に攻めて行くといいでしょう。

反対にロングで攻めるなら、1時間足+1σを上抜けするまで待つべきです。このラインを越えればまた上昇する可能性が見えてきますので、そうなった場合は10分足+1σを損切りのラインにして142円を目標に攻めて行くといいでしょう。

4/24(木)経済指標



米国 オバマ米大統領訪日(4/23~4/25)

06:00 NZ RBNZ政策金利発表

08:50 日 対外及び対内証券売買契約等の状況

12:45 日 2年国債入札

15:00 スイス 3月貿易収支

15:45 仏 4月企業景況感

17:00 独 4月Ifo景況感指数
17:00 独 4月Ifo景気期待指数
17:00 独 4月Ifo現況指数

17:30 欧 クノット・オランダ中銀総裁講演

18:00 欧 ドラギECB総裁講演

18:30 南ア 3月生産者物価指数

19:00 英 4月CBI流通取引調査

20:30 欧 ファンロンパイEU大統領、ルッテ・オランダ首相会談

21:30 米 3月耐久財受注
21:30 米 3月耐久財受注(除輸送用機器)
21:30 米 新規失業保険申請件数

25:15 欧 コンスタンシオECB副総裁講演

26:00 米 7年債入札



cat01_20130319221235.jpg 白猫

欧州圏指標強く高値更新

田村04_目指せ
午前中、豪指標が弱く、対オージでユロが買われ1.38台に乗せていた
ユーロドルですが、欧州入り序盤、まず仏製造業PMIが弱く一旦1.37
台へ戻されましたが、その後の独、ユロ圏のPMI等が強く1.3850
付近まで高値を更新しています。
昨日よりは動いており、イースター休場から完全に抜けたような値動きです。
ユーロドルは上を試せるかどうか。これまでのレンジに収まるかどうか、など
注目です。
T20140423_01_01.jpg
T20140423_01_02.jpg
==============================================================
チャート設定:
・茶色 トレンドライン。
・細いボリバンは時間足相当、期間25、赤-平均水色-±σ緑-±2σ
 太いボリバンは4時間足相当。
紫破線は1分200MA相当。
・矢印は同色の抵抗線からの抵抗値トレードのエントリーポイント
==============================================================
田村06_一つ


4月23日のユーロ円

eurojpy1d0423_201404231004299db.jpg
eurojpy1h0423_201404231004304a8.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は解説の後、大きく下落してから上昇に転じました。

私が指摘しましたように、昨日の下落の原因は一昨日の安値を下回ったことですが、ショートで攻める場合の目標値である141円には至らなかったので、ショートで攻めた場合は損切りが重要でした。

そしてその後、上昇に転じましたが、一昨日の高値を越える事はありませんでした。

これから大きく上昇して行くには一昨日の高値を越えることが必要です。このラインを越えれば日足+1σまで伸びて行く可能性が出てくるでしょう。

以上のことを踏まえて1時間足チャートを見てみましょう。

昨日は私が指摘したとおり、緑色の上昇トレンドラインCを下抜けしたのをきっかけに大きく下落しました。そして今では新たに生まれた青い上昇トレンドラインBが有効になっています。

これからロングで攻めるなら、赤い下降トレンドラインbを上抜けしたときにエントリーして、10分足+1σを損切りのラインにして日足+1σを目標に攻めて行くといいでしょう。

反対にショートで攻めるなら、青い上昇トレンドラインBを完全に下抜けするまで待つべきです。このラインを下抜けすればさらに下落する可能性が見えてきますので、そうなった場合は10分足-1σを損切りのラインにして日足平均線を目標に攻めて行くといいでしょう。

4/23(水)経済指標



米国 オバマ米大統領訪日(4/23~4/25) 

09:25 日 中曽日銀副総裁講演

10:30 豪 1-3月期消費者物価指数

10:45 中 4月HSBC製造業PMI

16:00 仏 4月製造業PMI
16:00 仏 4月サービス業PMI

16:30 独 4月製造業PMI
16:30 独 4月サービス業PMI

17:00 欧 4月総合PMI
17:00 欧 4月製造業PMI
17:00 欧 4月サービス業PMI
17:00 南ア 3月消費者物価指数

17:30 英 BOE議事録公表(4月9日開催分) 
17:30 英 3月財政収支

18:00 欧 2013年政府債務

19:00 英 4月CBI製造業受注指数

20:00 米 MBA住宅ローン申請指数

21:30 加 2月小売売上高
21:30 加 2月小売売上高(除自動車)

22:45 米 4月マークイット製造業PMI

23:00 米 3月新築住宅販売件数

23:30 米 ファンロンパイEU大統領、トゥスク・ポーランド首相会談

25:00 加 オリバー加財務相講演

26:00 米 5年債入札




cat01_20130319221235.jpg 白猫

イースター明け欧州序盤は欧州通貨買いから

田村04_目指せ
イースター休場明けの欧州市場は、NYダウを踏襲し株が買われて、ユーロや
ポンドが買われる展開でスタートしています。
16時以降のチャート形がユーロドル、ドル円、ユロ円などがほぼ同形になっ
ているのが不思議ですが・・・ご確認を。
とりあえずはこれで3市場そろい踏み。波乱もなく落ち着いた再スタートに
なっています。
若干、日足の雲へ突入しており、雲上などのレートに注意です。注意というのは
そういうところで抵抗になったりストップがあったりということです。
T20140422_01_01.jpg
T20140422_01_02.jpg

==============================================================
チャート設定:
・茶色 トレンドライン。
・細いボリバンは時間足相当、期間25、赤-平均水色-±σ緑-±2σ
 太いボリバンは4時間足相当。
紫破線は1分200MA相当。
・矢印は同色の抵抗線からの抵抗値トレードのエントリーポイント
==============================================================
田村06_一つ


4月22日のユーロ円

eurojpy1d0422_20140422101002e1c.jpg
eurojpy1h0422_20140422101003e72.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は解説の後、下落に転じました。日足平均線を一時的にブレイクしましたが、このラインを完全に下抜けしたわけではありませんので、それ以上大きく下がることもありませんでした。

昨日の日足ロウソク足を見ると、下ヒゲが伸びていますので、これから大きく下落するには、昨日の安値を下抜けする必要があるでしょう。

以上のことを踏まえて今日は30分足チャートを見てみましょう。

昨日は解説の後、30分足+1σを上抜けする事が出来なかったために上昇は続きませんでした。これからショートで攻めるなら、新たに生まれた緑色の上昇トレンドラインCを下抜けするまで待つべきです。このラインを下抜けすれば昨日の安値を下抜けしてさらに下落する可能性が出てきますので、10分足-1σを損切りのラインにして141円を目標に攻めて行くといいでしょう。

反対にロングで攻めるなら、赤い下降トレンドラインbを上抜けしたときにエントリーして、10分足+1σを損切りのラインにして日足+1σを目標に攻めて行くといいでしょう。

4/22(火)経済指標



14:00 日 2月景気先行CI指数
14:00 日 2月景気一致CI指数

18:00 欧 2月建設支出

22:00 米 2月住宅価格指数

23:00 米 4月リッチモンド連銀製造業指数
23:00 米 3月中古住宅販売件数
23:00 欧 4月消費者信頼感
23:30 加 オリバー加財務相講演

24:45 米 バーナンキ前FRB議長講演

26:00 米 2年債入札

27:30 欧 ファンロンパイEU大統領、キャメロン英首相会談




cat01_20130319221235.jpg 白猫

穏やかなドル売りの流れ

田村04_目指せ
しばらくぶりです、田村です
欧米はイースターということで、今日は欧州は休場です。
が、しかし、午後からストレートはゆっくりとしたドル売りが
進んでいます。
どこの誰がやっているのかわかりませんが・・・・
とりあえずは1.38前半をキープしているユーロドルです。
本格的には21時以降のNY勢の参加後でしょうか。
どういった動きになるのか欧州勢抜きの値動きを見ておくといいですね。
T20140421_01_01.jpg
T20140421_01_02.jpg

==============================================================
チャート設定:
・茶色 トレンドライン。
・細いボリバンは時間足相当、期間25、赤-平均水色-±σ緑-±2σ
 太いボリバンは4時間足相当。
紫破線は1分200MA相当。
・矢印は同色の抵抗線からの抵抗値トレードのエントリーポイント
==============================================================
田村06_一つ


4月21日のユーロ円

eurojpy1d0421.jpg
eurojpy1h0421.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です。

先週金曜日もユーロ円は大きな値動きはありませんでした。日足ロウソク足では陰線となっていますが、日足平均線を下抜けしなかったので141円のラインまで下がる事はありませんでした。

今日になって一時的に上値抵抗値である先週水曜日の高値をブレイクしましたが、このラインを上抜けしたわけではありません。このラインを完全に上抜け出来れば、142円あるいは日足+1σまで伸びて行く可能性が出てくるでしょう。

以上のことを踏まえて今日は30分足チャートを見てみましょう。

前回の解説の後、黄色い上昇トレンドラインCを一時的にブレイクしましたが、完全に下抜けしたわけではないのでそれ以上の下落はありませんでした。

これからロングで攻めるなら、もう一度30分足+1σを上抜けするまで待つべきです。このラインを越えれば上昇する勢いを取り戻す可能性が出てきますので、そうなった場合は10分足+1σを損切りのラインにして日足+1σを目標に攻めて行くといいでしょう。

反対にショートで攻めるなら、新たに生まれた青い上昇トレンドラインBを下抜けしたときにエントリーして、10分足-1σを損切りのラインにして日足平均線を目標に攻めて行くといいでしょう。


4/21(月)経済指標



欧州・英国・ドイツ・フランス・スイス・豪州・ニュージーランド・香港 休場(イースターマンデー)

南アフリカ 南ア市場休場(家族の日)
 


08:50 日 3月貿易収支

21:30 米 3月シカゴ連銀全米活動指数

23:00 米 3月景気先行指数




cat01_20130319221235.jpg 白猫

4月18日のユーロ円

eurojpy1d0418_2014041810014089a.jpg
eurojpy1h0418_201404181001415fa.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は大きな値動きはありませんでした。昨日の日足ロウソク足を見ると、長い下ヒゲが出ていて141円のラインで止まっています。これは、いったん下落しようとしたものの141円のラインで抵抗を受けて上昇に転じたことを表しています。ここに強い抵抗があり、下から上に向かっての圧力も感じ取れますので、これからショートで攻める場合はこの141円を目標値にするといいでしょう。

そして今日は日足平均線で揉み合っていますが、これから大きく上昇して行くにはやはり一昨日の高値を上抜けすることが必要です。それが出来れば日足+1σまで上昇する可能性が見えてくるでしょう。

以上のことを踏まえて1時間足チャートを見てみましょう。

昨日は私が指摘した通り、赤い下降トレンドラインbを上抜けしたことによって上昇に転じましたが、ロングで攻める場合の目標値である一昨日の高値までは届かなかったので、ロングで攻めた方は損切りが重要だったと思います。

これからロングで攻めるなら、やはり一昨日の高値を越えるまで待つべきです。このラインを上抜けしたときにエントリーして、10分足+1σを損切りのラインにして日足+1σを目標に攻めて行くといいでしょう。

反対にショートで攻めるなら、新たに生まれた黄色い上昇トレンドラインCを下抜けしたときにエントリーして、10分足-1σを損切りのラインにして141円を目標に攻めて行くといいでしょう。

4/18(金)経済指標



米国・カナダ・ドイツ・イギリス・スイス・欧州・南ア・豪州・ニュージーランド 休場(グッドフライデー) 
 
08:50 日 2月第3次産業活動指数




cat01_20130319221235.jpg 白猫

4月17日のユーロ円

eurojpy1d0417_20140417110655b74.jpg
eurojpy1h0417_2014041711065641e.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は大きく上昇し、一時的には日足平均線をブレイクしましたが、上抜けして行く事はなく、日足平均線のやや下の所で終値を付けました。そのまま日足+1σまで伸びて行かなかった理由は、今は日足平均線と週足平均線がほぼ同じ所にあり、いったんは日足平均線をブレイクしたものの、下から引っ張られたものと考えられます。これから142円のラインと日足+1σを越えることが出来れば、週足平均線を上抜けしてさらに伸びて行く可能性が出てくるでしょう。

今日のポイントは日足平均線です。再びこのラインを上回れば昨日の高値あるいは142円まで上昇する可能性が見えてきますが、それが出来なければ、日足-1σまで下がる可能性が出てくるでしょう。

以上のことを踏まえて1時間足チャートを見てみましょう。

昨日は私が指摘した通り、青い下降トレンドラインBを上抜けしたことによって大きく伸びて行きました。

今は赤い下降トレンドラインbが有効になっていますので、これからロングで攻めるならこのラインを越えるまで待つべきです。このラインを上抜けしたときにエントリーして、10分足+1σを損切りのラインにして昨日の高値を目標に攻めて行くといいでしょう。

反対にショートで攻めるなら、1時間足-1σを下抜けしたときにエントリーして、10分足-1σを損切りのラインにして日足-1σを目標に攻めて行くといいでしょう。

4/17(木)経済指標



日本 月例経済報

米国の債券市場短縮取引(グッドフライデー前日、NY午後よりイースター休暇入り)


08:50 日 対外及び対内証券売買契約等の状況
 
09:30 日 黒田日銀総裁講演
 
10:30 豪 1-3月期NAB企業信頼感指数

12:45 日 20年国債入札

15:00 独 3月生産者物価指数

17:00 欧 2月経常収支 

19:45 米 モルガン・スタンレー 1-3月期決算発表
 
20:30 米 ゴールドマン・サックス 1-3月期決算発表
 
21:30 米 新規失業保険申請件数
21:30 加 3月消費者物価指数
21:30 加 3月消費者物価指数・コア

23:00 米 4月フィラデルフィア連銀製造業指数

26:00 米 5年物価連動債入札





cat01_20130319221235.jpg 白猫

4月16日のユーロ円

eurojpy1d0416_201404160753463ca.jpg
eurojpy1h0416_201404160753470dd.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です。

まだ時間が早いのでロウソク足は昨日のままです。

昨日のユーロ円は一時的に大きく下落しましたが、日足-2σまで下がることなく、今は日足-1σまで値戻りをしています。

そして今の日足ロウソク足を見ると、黒い上昇トレンドラインaで下げ止まっていて、下ヒゲが長く伸びていることから、この黒い上昇トレンドラインaが下値抵抗値になっていて、ここから上に向かっての圧力を受けて値戻りをしたと考えられます。

そして今日、さらに上昇をして行くかどうかは141円のラインを越えるかどうかだと見ています。このラインを越えれば日足平均線まで伸びて行く可能性が見えてきますが、逆に再び日足-1σを下抜けすれば黒い上昇トレンドラインaまで下がる可能性が出てくるでしょう。

以上のことを踏まえて1時間足チャートを見てみましょう。

昨日は下落しましたが、ショートで攻めたときの目標値である日足-2σまで下がらなかったので、ショートで攻めた場合は損切りの徹底が重要だったと思います。

これからロングで攻めるなら、新たに生まれた青い下降トレンドラインBを上抜けするまで待つべきです。このラインを越えれば141円のラインを上抜けしてさらに伸びて行く可能性が見えてきますので、そうなった場合は10分足+1σを損切りのラインにして日足平均線を目標に攻めて行くといいでしょう。

反対にショートで攻めるなら、1時間足平均線を下抜けしたときにエントリーして、10分足-1σを損切りのラインにして日足チャートの黒い上昇トレンドラインaを目標に攻めて行くといいでしょう。

4/16(水)経済指標


 
07:45 NZ 1-3月期消費者物価指数

09:00 米 コチャラコタ米ミネアポリス連銀総裁講演  

11:00 中 1-3月期GDP
11:00 中 3月鉱工業生産
11:00 中 3月小売売上高
11:00 中 3月固定資産投資

13:30 日 2月鉱工業生産

13:45 スイス クレディ・スイス 1-3月期決算発表

15:15 日 黒田日銀総裁講演  

17:30 英 3月失業率
17:30 英 3月失業者数
17:30 英 2月ILO失業率

18:00 欧 3月消費者物価指数

20:00 南ア 2月小売売上高
20:00 米 MBA住宅ローン申請指数
20:00 米 バンク・オブ・アメリカ 1-3月期決算発表  

21:30 米 3月住宅着工件数
21:30 米 3月建設許可件数
21:30 加 2月国際証券取引高  
21:30 米 スタインFRB理事講演

22:15 米 3月鉱工業生産
22:15 米 3月設備稼働率

23:00 加 BOC政策金利発表 

23:30 米 週間原油在庫  

24:30 米 ロックハート米アトランタ連銀総裁講演  

25:25 米 イエレンFRB議長講演  

26:25 米 フィッシャー米ダラス連銀総裁講演  

27:00 米 ベージュブック  



cat01_20130319221235.jpg 白猫

4月15日のユーロ円

eurojpy1d0415_20140415093952600.jpg
eurojpy1h0415_20140415093954fe2.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は解説の後も大きな値動きはありませんでした。日足-1σをブレイクしましたが、特に大きく伸びて行くこともありませんでしたので、ロングで攻めて行った場合は損失を出さないように損切りの徹底が重要だったと思います。日足-1σをブレイクしてもなかなか伸びて行かない理由は、すぐ上に週足平均線があるからだと考えています。

今日のポイントは141円のラインで、このラインを上抜け出来れば上値抵抗値である日足平均線まで伸びて行く可能性が見えてきますが、反対に再び日足-1σを下抜けすれば、さらに大きく下落して行く可能性が出てくるでしょう。

以上のことを踏まえて1時間足チャートを見てみましょう。

これからロングで攻めるなら、やはり141円を越えるまで待つべきです。このラインを上抜けしたときにエントリーして、10分足+1σを損切りのラインにして日足平均線を目標に攻めて行くといいでしょう。

反対にショートで攻めるなら、新たに生まれた黄色い上昇トレンドラインCを下抜けした場合にエントリーして、10分足-1σを損切りのラインにして日足-2σを目標に攻めて行くといいでしょう。


応援クリックお願いします
 にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
総合FX口座ランキング
1位 ヒロセ通商
2位 外為オンライン
3位 JFX
4位 YJFX
5位 みんなのFX
プロフィール

トウケンFX

Author:トウケンFX
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
投研ツィッター