今のところ静かな展開

田村04_目指せ
欧州序盤が終わったところです。昨日までの数日と違って調整的な動きもなく
落ち着いた値動きが続いています。
東京市場からの流れで欧州通貨はじり上げの動き。オージは下げていたので
すが欧州入りで反発持ち直し気味。ドル円も前場で下げていましたが、後場
以降は上げ戻して、全体としてはクロス円買いがゆっくり進んでいる感じです。
夜の米指標、フィッキングかけて最後の調整的な動きがあるかもです。
チャート的には日足のレジのかかってくると戻し売り狙いになるのですが・・・
ちょうど日足-σ、また200日線と重なり、ちょっとした節目を迎えるのですが。
T20140530_01_01.jpg
T20140530_01_02.jpg
==============================================================
チャート設定:
・茶色 トレンドライン。
・細いボリバンは時間足相当、期間25、赤-平均水色-±σ緑-±2σ
 太いボリバンは4時間足相当。
紫破線は1分200MA相当。
・矢印は同色の抵抗線からの抵抗値トレードのエントリーポイント
==============================================================
田村06_一つ


5月30日のユーロ円

eurojpy1d0530_2014053011572040a.jpg

チャートはゴルスパチャートです。(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です。

ユーロ円は今週火曜日に黒い下降トレンドラインaに押し返されてから一昨日まで下落が続きましたが、昨日は解説の後、さらに下落が続くことなく、上昇に転じました。

昨日のポイントは、やはり私が指摘したように、138円のラインでした。途中まで下落したものの、ここを下抜けすることが出来ず、押し返される形で上昇に転じました。

昨日の日足ロウソク足を見ると、長い下ヒゲが出ていて、138円で安値を付けていますので、この138円のラインに強い抵抗があり、また、下から上に向かっての圧力が加わっていることがわかります。

今日の市場が始まってからまた下がり始めていますが、これから大きく下落するにはやはりこの138円のラインを下抜けすることが必要です。このラインを下抜けすれば、日足-2σまで下がる可能性が出てくるでしょう。

それでは、1時間足チャートを見ていきましょう。

eurojpy1h0530_2014053011572117f.jpg

前日営業日の展開は
前半 レンジ   (←東京市場)
中盤 下落  (←ロンドン市場)
終盤 上昇   (←NY市場)
の流れとなりました。

昨日は上昇に転じたものの、その勢いは続かず、黄色い下降トレンドラインBを上抜けするができずに、今日はまた下落に転じています。

今も1時間足-1σの下にいますので、これからさらに下落を続ける可能性が見えています。

これからショートで攻めるなら、昨日と同様、138円のラインを下抜けするまで待つべきです。このラインを下抜けしたときにエントリーして、10分足-1σを損切りのラインにして、日足-2σを目標に攻めて行くといいでしょう。

反対にロングで攻めるなら、1時間足平均線を上抜けするまで待つべきです。このラインを上抜けすれば、上昇に転じる可能性が見えてきますので、そうなった時は10分足+1σを損切りのラインにして、日足-1σを目標に攻めて行くといいでしょう。

5/30(金)経済指標



アジア安全保障会議(於:シンガポール 5/30~6/1)

日本 安倍首相アジア安全保障会議基調講演


07:45 NZ 4月住宅建設許可

08:05 英 5月GfK消費者信頼感

08:30 日 4月全国消費者物価指数(生鮮食品除く)
08:30 日 5月東京都区部消費者物価指数(生鮮食品除く)
08:30 日 4月失業率
08:30 日 4月有効求人倍率

08:50 日 4月鉱工業生産

10:30 米 ジョージ米カンザスシティ連銀総裁講演

17:30 欧 ビスコ伊中銀総裁発言

21:00 南ア 4月貿易収支

21:30 米 4月個人所得
21:30 米 4月個人消費支出
21:30 米 4月コアPCEデフレーター
21:30 加 1-3月期GDP
21:30 加 3月GDP
21:30 米 ピアナルト米クリーブランド連銀総裁講演

22:45 米 5月シカゴ購買部協会景気指数

22:55 米 5月ミシガン大学消費者信頼感指数

25:30 米 ピアナルト米クリーブランド連銀総裁講演

27:00 米 リッチモンド米連銀総裁講演

翌6:00 米 ウイリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁、プロッサー米フィラデルフィア連銀総裁講演


5/31(土) アジア安全保障会議(於:シンガポール 5/30~6/1)
5/31(土) 欧州 アルムニア欧州委員講演 
5/31(土) 米国  ピアナルト米クリーブランド連銀総裁退任

6/1(日) アジア安全保障会議(於:シンガポール 5/30~6/1)
6/1(日) 米国  ロレッタ・メスター米クリーブランド連銀総裁就任
6/1(日) ウルグアイ ウルグアイ大統領予備選挙
6/1(日) 10:00 中国 5月製造業PMI




cat01_20130319221235.jpg 白猫

欧州序盤、円買いからドル売り

田村04_目指せ
1.35台まで下げていたユーロドルですが、明けて東京時間は1.36台へ
上げ戻していましたが、欧州入りで市場開場直後に、円買いが入ったようで
ユーロ、ポンドなどの欧州通貨が売られ、ユーロドルは1.3685付近まで
安値を更新しています。この下げから17時台に入ると一転ドル売りに転じ
現時点で1.3620手前まで上げて来ています。
序盤の円買いは、欧州株が売られていることから、高値欧州株の利確など
だったかも知れません。17時台からの切り返しで火曜日からの下げの
レジスタンスラインを抜けて来ています。
特にニュース等もないことから月末調整の範囲かもしれません。
T20140529_01_01.jpg
T20140529_01_02.jpg
==============================================================
チャート設定:
・茶色 トレンドライン。
・細いボリバンは時間足相当、期間25、赤-平均水色-±σ緑-±2σ
 太いボリバンは4時間足相当。
紫破線は1分200MA相当。
・矢印は同色の抵抗線からの抵抗値トレードのエントリーポイント
==============================================================
田村06_一つ


5月29日のユーロ円

eurojpy1d0529_201405291121500b2.jpg

チャートはゴルスパチャートです。(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は一昨日に引き続いて大きな下落となりました。

一昨日のロウソク足を見ると、上ヒゲが長く出ていて、黒い下降トレンドラインaで止まっています。これは、この黒い下降トレンドラインaに強い抵抗があり、上から下に向かっての圧力が掛かっていることを表しています。

そして昨日の解説で書いたとおり、日足-1σを再び下抜けしたことによって大きく下落して行きました。

今の下値抵抗値は138円のラインです。このラインを下抜けすれば日足-2σまで下落する可能性が高くなりますが、そうでなければ、日足-1σまで値戻りをする可能性が出てくるでしょう。

それでは、1時間足チャートを見ていきましょう。

eurojpy1h0529_201405291121512c2.jpg

前日営業日の展開は
前半 レンジ   (←東京市場)
中盤 下落  (←ロンドン市場)
終盤 下落   (←NY市場)
の流れとなりました。

昨日、大きく下落したきっかけは、私が指摘した通り、青い上昇トレンドラインbを下抜けしたことでした。

ショートで攻めた場合の目標値である先週金曜日の安値をも下抜けして行きましたので、それからさらにショートで追いかけて行った方は損切りが重要だったでしょう。

今は下落する勢いは弱まっていますが、まだ1時間足-1σの下にいますので、これから下落を続ける可能性も残っています。

これからショートで攻めるなら、やはり138円のラインを下抜けするまで待つべきです。このラインを下抜けしたときにエントリーして、10分足-1σを損切りのラインにして、日足-2σを目標に攻めて行くといいでしょう。

反対にロングで攻めるなら、黄色い下降トレンドラインBを上抜けするまで待つべきです。このラインを上抜けすれば、日足-1σを越えてさらに伸びて行く可能性が見えてきますので、10分足+1σを損切りのラインにして追いかけて行くといいでしょう。

5/29(木)経済指標



スイス 休場(キリスト昇天祭) 

08:50 日 対外及び対内証券売買契約等の状況

10:30 日 白井日銀審議委員講演

12:45 日 2年国債入札

16:00 欧 スペイン1-3月期GDP
 
18:30 南ア 4月生産者物価指数

21:30 米 1-3月期GDP
21:30 米 1-3月期個人消費
21:30 米 1-3月期GDPデフレーター
21:30 米 1-3月期コアPCEデフレーター
21:30 米 新規失業保険申請件数
21:30 加 1-3月期経常収支
21:30 米 ピアナルト米クリーブランド連銀総裁講演

23:00 米 4月中古住宅販売保留件数指数

24:00 米 週間原油在庫

26:00 米 7年債入札



cat01_20130319221235.jpg 白猫

上値の重い展開

田村04_目指せ
昨夜のNY時間午後から1.3640付近を上値抵抗として越えられない展開で
東京時間は1.3625との間のレンジで推移。
欧州入りで開場前にポンドル、オージドルなどが対ユーロで売られ下落。この
あたりは月末需要か。その後独雇用指標が弱く、1.3620付近で持ち合いに。
欧州お昼にECB理事の口先介入がありOPのある1.36付近まで下落。
21時半を回って、ドル円に円買い(これも月末需要?)が入り、ドル売りに。
ここで買われ1.3630付近まで上げるも、OPのある1.3620、25付近で絡み
推移中。他通貨に比べ動きが少ないユーロドルです。
T20140528_01_01.jpg
T20140528_01_02.jpg
==============================================================
チャート設定:
・茶色 トレンドライン。
・細いボリバンは時間足相当、期間25、赤-平均水色-±σ緑-±2σ
 太いボリバンは4時間足相当。
紫破線は1分200MA相当。
・矢印は同色の抵抗線からの抵抗値トレードのエントリーポイント
==============================================================
田村06_一つ


5月28日のユーロ円

eurojpy1d0528_20140528110635928.jpg

チャートはゴルスパチャートです。(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は一時的に大きく上昇したあと、下落に転じました。

昨日のロウソク足で気になるのは、高値です。昨日の高値は黒い下降トレンドラインaにピッタリと一致しています。

やはり私が指摘したように139円のラインを上抜けしたことによって、次の上値抵抗値であるこの黒い下降トレンドラインaまで伸びて行ったといえるでしょう。

そして、この黒い下降トレンドラインaから反発を受けて下落に転じました。

つまり今は日足-1σの上にいますが、まだこの黒い下降トレンドラインaが有効になっていますので、下降傾向にあると言えます。このラインを上抜けすれば週足-1σを上抜けして下降圧力から抜ける可能性が出てくるでしょう。

今日のポイントは日足-1σです。これからこのラインを下抜けすればさらに大きく下落する可能性が出てきますが、ここで下から上に向かって押し返されれば再び黒い下降トレンドラインaまで上昇して行く可能性が出てくるでしょう。

それでは、1時間足チャートを見ていきましょう。

eurojpy1h0528_201405281106369f5.jpg

昨日は日足チャートの黒い下降トレンドラインaまで上昇してからすぐに下落に転じましたので、ロングで追いかけて行った方は損切りが重要だったと思います。

今は1時間足-1σで揉み合っていますが、これからショートで攻めるなら、青い上昇トレンドラインbを下抜けするまで待つべきです。このラインを下抜けすれば、日足-1σを下抜けしてさらに下落して行く可能性が見えてきますので、そうなった場合は10分足-1σを損切りのラインにして、先週金曜日の安値を目標に攻めて行くといいでしょう。

反対に日足-1σからの反発ロングを狙うなら、1時間足平均線を越えるまで待つべきです。このラインを越えれば再び上昇に転じる可能性が見えてきますので、10分足+1σを損切りのラインにして、日足チャートの黒い下降トレンドラインaを目標に攻めて行くといいでしょう。

5/28(水)経済指標



米国 オバマ米大統領講演

09:00 日 黒田日銀総裁講演

09:10 米 ロックハート米アトランタ連銀総裁講演

10:00 NZ 5月ANZ企業信頼感
10:00 NZ 5月ANZ企業活動見通し

14:45 スイス 1-3月期GDP

15:00 独 6月GfK消費者信頼感

16:55 独 5月失業者数
16:55 独 5月失業率

18:00 欧 5月経済信頼感
18:00 欧 月消費者信頼感

19:00 英 5月CBI流通取引調査

20:00 米 MBA住宅ローン申請指数

24:30 米 2年物インフレ連動債入札

26:00 米 5年債入札




cat01_20130319221235.jpg 白猫

休場明けの欧州前半方向感無く推移

田村04_目指せ
ロンドン、NY休場の昨日は、1.36台前半から欧州時間に1.36台中段まで
上昇。ウクライナの大統領選が大きな混乱もなく終わったことなどによるものか
と思われます。
明けて今日の東京では1.3670付近まで上げたものの、東京終わり~欧州
序盤にかけては1.36台中段まで下げ戻しています。
今時点で今朝時点のレートまで下げ戻しており、またイベント的に今日は欧州
圏の指標は無く、ここらで米指標待ちの様子見的な値動きになるか、何かしら
動きが出るかと言った感じで推移しています。
チャート的には上が日足雲の転換線、下は200日線に挟まれた値動きです。
T20140527_01_01.jpg
T20140527_01_02.jpg
==============================================================
チャート設定:
・茶色 トレンドライン。
・細いボリバンは時間足相当、期間25、赤-平均水色-±σ緑-±2σ
 太いボリバンは4時間足相当。
紫破線は1分200MA相当。
・矢印は同色の抵抗線からの抵抗値トレードのエントリーポイント
==============================================================
田村06_一つ


5月27日のユーロ円

続きを読む

5/27(火)経済指標



欧州 EU首脳会議(於:リュッセル)
欧州 欧州議会首脳、欧州議会選挙の結果を受けた会合を実施(於:ブリュッセル)

エジプト エジプト大統領選挙(5/26~5/27)
 


12:45 日 40年国債入札

14:45 スイス 1-3月GDP

15:45 仏 5月消費者信頼感指数

18:15 欧 ノボトニー・オーストリー中銀総裁講演

18:30 南ア 1-3月期GDP

21:30 米 4月耐久財受注
21:30 米 4月耐久財受注(除輸送用機器) 

22:00 米 3月住宅価格指数
22:00 米 3月S&P/ケースシラー住宅価格指数

22:45 米 5月マークイット総合PMI
22:45 米 5月マークイットサービス業PMI

23:00 米 5月消費者信頼感指数
23:00 米 5月リッチモンド連銀製造業指数
23:30 米 5月ダラス連銀製造業活動指数

26:00 米 2年債入札



cat01_20130319221235.jpg 白猫

5月26日のユーロ円

eurojpy1d0526.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です。

先週金曜日のユーロ円は余り大きな値動きはありませんでした。

下落したものの、前の日の安値とほぼ同じ所で安値を付けています。ロウソク足を見ると、長い下ヒゲが出ている事から、ここが下値抵抗値である事がわかります。

そしてその後上昇しましたが、139円のラインを越えることが出来ず、今では日足-1σで揉み合っています。

つまり、今の下値抵抗値は先週金曜日の安値であり、このラインを下抜けすれば日足-2σまで下がる可能性が見えてきますが、反対に139円のラインを上抜けすれば、次の上値抵抗値である黒い下降トレンドラインaまで伸びて行く可能性が出てくるでしょう。

それでは、1時間足チャートを見て行きましょう。

eurojpy1h0526.jpg

先週金曜日は安値を付けてから上昇に転じたものの、青い下降トレンドラインbを上抜け出来なかったために再び下落に転じました。

今は黄色い上昇トレンドラインBと1時間足-1σを下抜けしていますので、これからさらに下落する可能性が見えています。

このままショートで追いかけて行くなら、10分足-1σを損切りのラインにして、まずは先週金曜日の安値を目標に、それを下抜けした場合は日足-2σを目標に攻めて行くといいでしょう。

反対にロングで攻めるなら、1時間足平均線を越えるまで待つべきです。このラインを越えれば上昇に転じる可能性が出てきますので、このラインを越えたときにエントリーし、10分足+1σを損切りのラインにして、まずは139円のラインを目標に、それを上抜けした場合はさらに日足チャートの黒い下降トレンドラインaを目標に攻めて行くといいでしょう。

5/26(月)経済指標



欧州 欧州中央銀行会議

英国 休場(スプリングバンクホリデー)

米国 休場(メモリアルデー)

インド ナレンドラ・モディ氏インド首相就任

エジプト エジプト大統領選挙(5/26~5/27)
 


07:45 NZ 4月貿易収支

08:50 日 BOJ議事要旨公表(4月30日開催分) 

16:00 日 岩田日銀副総裁講演



cat01_20130319221235.jpg 白猫

独指標弱く1.36台前半まで下押し

田村04_目指せ
欧米は週明け月曜がお休みで今週末は3連休。またウクライナの選挙も週末に
予定されているとあって取引が手控え気味になろうかという週末です。
昨日は1.36台後半でレンジしていたユーロドルですが、今日の東京時間では
1.3640台の横ばい推移。欧州入り後独GDP、景況感などの指標で景況感が
弱く、今時点で1.3615付近まで下押し。6月行動発言以来、階段式に下げて
来ているユーロドルです。
欧州序盤、ドル円、他ストレートもドル買いの流れに同調しています
T20140523_01_01.jpg
T20140523_01_02.jpg
==============================================================
チャート設定:
・茶色 トレンドライン。
・細いボリバンは時間足相当、期間25、赤-平均水色-±σ緑-±2σ
 太いボリバンは4時間足相当。
紫破線は1分200MA相当。
・矢印は同色の抵抗線からの抵抗値トレードのエントリーポイント
==============================================================
田村06_一つ


5月23日のユーロ円

eurojpy1d0523_20140523110717498.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は上昇しました。一昨日の安値である日足-2σからの押し目買いを狙ってエントリーした方は大きな利益を得ることが出来たでしょう。

そして昨日は日足-1σにピッタリと一致する所で高値を付けました。昨日のロウソク足を見ると、長い上ヒゲが出ていますので、昨日の高値に抵抗がある事がわかります。つまり、日足-1σが今の上値抵抗値ということです。このラインを越えればさらに上昇する可能性が出てきますが、今は週足・日足共に-1σの下にあり、下降圧力が掛かっていますので、日足-1σからの反発ショート狙いの方がうまくいき易いと考えています。

それでは、1時間足チャートを見て行きましょう。

eurojpy1h0523_20140523110719bbd.jpg

昨日は解説の後、私が指摘した通り、赤い下降トレンドラインBを上抜けしたことによってさらに上昇し、ロングで攻める場合の目標値である日足-1σまで伸びて行きました。

今は1時間足平均線を下抜けしていますので、これから下落する可能性が出てきています。これから日足-1σからの反発ショート狙いで攻めるなら、1時間足-1σを下抜けするまで待つべきです。このラインを下抜けしたときにエントリーして、10分足-1σを損切りのラインにして日足-2σを目標に攻めて行くといいでしょう。

反対にロングで攻めるなら、青い下降トレンドラインbを上抜けするまで待つべきです。このラインを上抜けすれば日足-1σを上抜けしてさらに上昇する可能性が見えてきますので、そうなった場合は10分足+1σを損切りのラインにして、日足チャートの黒い下降トレンドラインaを目標に追いかけて行くといいでしょう。

5/23(金)経済指標



欧州 欧州議会選挙(5/22~5/25)  

05:00 米 ウイリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁講演  

15:00 独 1-3月期GDP

16:30 欧 リンデ・スペイン中銀総裁講演
16:30 独 ラウテンシュレーガー独連銀副総裁講演
 
17:00 独 5月Ifo景況感指数
17:00 独 5月Ifo景気期待指数
17:00 独 5月Ifo現況指数

21:30 加 4月消費者物価指数
21:30 加 4月消費者物価指数・コア

23:00 米 4月新築住宅販売件数


5/24 欧州 欧州議会選挙(5/22~5/25)
5/24 14:30 欧 メルシュECB理事講演

5/25 欧州 欧州議会選挙(5/22~5/25)
5/25 欧州 ベルギー連邦議会・地域政府議会選挙

5/25 ウクライナ ウクライナ大統領選挙
 
5/25 コロンビア コロンビア大統領選挙




cat01_20130319221235.jpg 白猫

1.36台後半で持ち合い

田村04_目指せ
昨日の口先介入の下落からNY終わりで1.3690付近まで戻し、東京時間は
じり下げで1.3660付近まで下げて欧州入り。米10年債金利上昇に半比例
する値動き。
欧州入りしPMI指標は強弱まちまちも独サービス業PMIが高水準と言うことか
買われて1.3690付近まで再上昇。今日はこの辺りが上値抵抗となってます。
欧州午後はじり下げで1.3660付近まで下落。21時半米指標は弱かったので
すがドル売りの流れにならず。ここまでは1.3660~90の狭い範囲の持ち合い
が続いています。この後NYダウ開場、23時の米住宅指標と続きます。
T20140522_01_01.jpg
T20140522_01_02.jpg
==============================================================
チャート設定:
・茶色 トレンドライン。
・細いボリバンは時間足相当、期間25、赤-平均水色-±σ緑-±2σ
 太いボリバンは4時間足相当。
紫破線は1分200MA相当。
・矢印は同色の抵抗線からの抵抗値トレードのエントリーポイント
==============================================================
田村06_一つ


5月22日のユーロ円

eurojpy1d0522_201405221102567c3.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は日足-2σまで下落した後、上昇に転じ、元の位置に値戻りをして終値をつけました。

昨日のロウソク足を見ると、非常に長い下ヒゲが出ていますので、下から上に向かっての圧力が掛かっていることが読み取れますが、昨日の下落によって一時的にしても週足-1σを下抜けしましたので、これから週足-1σを完全に下抜けして下がり続ける可能性が高くなったと言えるでしょう。

ですから、追い込みショートで攻めて行くチャンスが大きくなるでしょう。

今日になってまた下がり始めていますが、これから一昨日つまり火曜日の下値を下回れば、さらに昨日の安値まで下がる可能性が出てくるでしょう。

それでは、1時間足チャートを見て行きましょう。

eurojpy1h0522_2014052211025881d.jpg

昨日はまさに私が指摘したとおり、一昨日の安値を下抜けしたことをきっかけに大きく下落し、日足-2σにピッタリと一致する所で安値を付けました。

その後、値戻りをしましたが、今は1時間足+1σを下抜けしていますので、上昇する勢いは弱まっています。

これから1時間足平均線を下抜けすれば、さらに下落する勢いが生まれる可能性が出てきますので、そうなった場合は10分足-1σを損切りのラインにして日足-2σを目標に攻めて行くといいでしょう。

反対にロングで攻めるなら、新たに生まれた赤い下降トレンドラインBを越えるまで待つべきです。このラインを上抜けしたときにエントリーして、10分足+1σを損切りのラインにして、日足-1σを目標に攻めて行くといいでしょう。

5/22(木)経済指標


 
欧州 欧州議会選挙(5/22~5/25)

08:50 日 対外及び対内証券売買契約等の状況  

10:45 中 5月HSBC製造業PMI

14:00 日 5月日銀金融経済月報公表

15:45 仏 5月企業景況感

16:00 仏 5月製造業PMI
16:00 仏 5月サービス業PMI

16:30 独 5月製造業PMI
16:30 独 5月サービス業PMI

17:00 欧 5月総合PMI
17:00 欧 5月製造業PMI
17:00 欧 5月サービス業PMI

17:30 英 1-3月期GDP
17:30 英 4月財政収支

19:00 英 5月CBI製造業受注指数

19:00 欧 リンデ・スペイン中銀総裁講演

21:30 米 4月シカゴ連銀全米活動指数
21:30 米 新規失業保険申請件数
21:30 加 3月小売売上高
21:30 加 3月小売売上高(除自動車)

22:45 米 5月マークイット製造業PMI

23:00 米 4月中古住宅販売件数
23:00 米 4月景気先行指数

26:00 米 10年物価連動債入札


cat01_20130319221235.jpg 白猫

また口先で下落

田村04_目指せ
1.3700付近で東京時間を通過したユーロドルですが、欧州入りで買われ
1.3720オーバーまであげました。この辺りは黒田総裁の会見でドル円が
円買い。この影響のドル売りがあったかもしれません。
その後、元ECB理事の「銀行がマイナス金利の準備をしている」などの発言
があり、1.3670付近まで急落。
この下げも欧州午後には下げ止まって、NY勢待ち状態です。今夜はFOMC
の議事録があります。特にサプライズは無いと思われ、先のFOMCの議論
内容の確認になるものと思われ、ハト派的内容の裏付けで無風かドル売りか。
ただ、その場合株の方は上げるかも知れません。
T20140521_01_01.jpg
T20140521_01_02.jpg
==============================================================
チャート設定:
・茶色 トレンドライン。
・細いボリバンは時間足相当、期間25、赤-平均水色-±σ緑-±2σ
 太いボリバンは4時間足相当。
紫破線は1分200MA相当。
・矢印は同色の抵抗線からの抵抗値トレードのエントリーポイント
==============================================================
田村06_一つ


★★★ 投 研 ニ ュ ー ス ★★★

田村06_一つ
『FX攻略』に記事執筆中! 全国書店で発売中! 是非ご覧くださいね(田村)
 ・7月号では「負けないトレード」
  負けないトレードを継続するためにどうすればいいかを公開中!
     FX攻略7月号表紙
 ・バックナンバー
  ・6月号では「鉄板トレード」   ・毎号 連載「エントリーポイントの見つけ方」
   田村式鉄板トレード公開!   ここにも、あそこにも!エントリーポイントが!
     FX攻略6月号表紙        FX攻略コラム

5月21日のユーロ円

eurojpy1d0521_20140521102048ba8.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は一時的に上昇しましたが、日足-1σまでは至らず、その後、下落に転じ、一昨日の安値をやや下回る所で安値を付けました。

今週は先週に比べて下落する勢いはやや弱くなっているものの、昨日は週足-1σを下回る所で終値を付けています。つまり、これから週足-1σを下抜けして行く可能性が高くなったと言えます。

また、昨日のロウソク足を見ると、下ヒゲが長く伸びています。これは、下から上に向かっての圧力が掛かっていることを表し、昨日の安値に抵抗がある事を意味していますので、昨日の安値を下抜けすればさらに下落して行く可能性が高くなるでしょう。

何度も言っていますが、これから週足-1σを下抜けすれば、週足・日足共に-1σを下回ることによって下降圧力が加わり、さらに下落が続く可能性が高くなり、追い込みショートで攻めやすい流れになるでしょう。

それでは、1時間足チャートを見て行きましょう。

eurojpy1h0521_201405211020509bf.jpg

昨日は私が指摘した通り139円のラインを下抜けしたことによって大きく下落しましたが、日足-2σまでは至らなかったので、ショートで攻めた場合は損切りが重要だったでしょう。

今は1時間足平均線辺りまで値戻りをしていますが、これからロングで攻めるなら青い下降トレンドラインbを上抜けするまで待つべきです。このラインは割りと長期間有効になっていますので、このラインを越えるのは難しいでしょうが、そうなった場合は10分足+1σを損切りのラインにして、日足-1σを目標に攻めて行くといいでしょう。

反対にショートで攻めるなら、やはり昨日の安値を下抜けするまで待つべきです。昨日の安値に抵抗がありますので、そこを下抜けしてからエントリーし、10分足-1σを損切りのラインにして日足-2σを目標に攻めて行くといいでしょう。

5/21(水)経済指標



08:50 日 4月貿易収支

--:-- 日 BOJ政策金利発表
 
15:30 日 黒田日銀総裁記者会見

17:00 南ア 4月消費者物価指数
17:00 欧 3月経常収支

17:30 英 BOE議事録公表(5月7-8日開催分)   
17:30 英 4月小売売上高(自動車燃料含む)  

20:00 米 MBA住宅ローン申請指数

23:00 欧 5月消費者信頼感
23:00 米 ダドリー米NY連銀総裁講演

23:30 米 週間原油在庫

24:30 米 イエレンFRB議長講演

25:50 米 ジョージ米カンザスシティ連銀総裁講演  

26:30 米 コチャラコタ米ミネアポリス連銀総裁講演  

27:00 米 FOMC議事録公表(4月29-30日開催分)

 
 

cat01_20130319221235.jpg 白猫

5月20日のユーロ円

eurojpy1d0520_20140520095806ced.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は一時的に日足-2σまで大きく下がりましたが、その後、139.1円付近まで値戻りをしました。

今は月足+1σをブレイクしていますので、長い間の上昇傾向から下落傾向に転じる可能性が出てきています。しかし、昨日、日足-2σまで下がってから値戻りをしたのは、週足-1σを下抜けしていないからだといえるでしょう。

週足-1σを下抜けすれば、週足・日足共に-1σを下回ることによって下降圧力が加わり、さらに下落が続く可能性が高くなり、追い込みショートで攻めやすい流れになるでしょう。

今日のポイントは139円のラインです。このラインを下抜けすれば再び日足-2σまで下がる可能性が出てきますが、そうでなければ、日足-1σまで上がる可能性も出てくるでしょう。

それでは、1時間足チャートを見て行きましょう。

eurojpy1h0520_20140520095807bab.jpg

昨日はやはり赤い上昇トレンドラインBと139円のラインを下抜けしたことによって大きく下落しました。

その後、値戻りをしましたが、今は1時間足+1σで揉み合っていますので、上昇する勢いが弱まってきています。

やはりこれから139円のラインを下抜けすれば、再び下落する勢いが生まれ、日足-2σまで下がる可能性が高くなりますので、10分足-1σを損切りのラインにしてショートで追いかけて行くといいでしょう。

反対にロングで攻めるなら、昨日の高値を越えるまで待つべきです。昨日の高値を越えればある程度上昇する可能性が出てきますので、10分足+1σを損切りのラインにして、日足-1σを目標に攻めて行くといいでしょう。

5/20(火)経済指標



日本 日銀金融政策決定会合(5/20~5/21)

米国 議会選挙予備選(アーカンソー州・ジョージア州・アイダホ州・ケンタッキー州・オレゴン州・ペンシルベニア州

ロシア プーチン露大統領、中国訪問(5/20~5/21)


10:30 豪 RBA金融政策決定理事会議事録公表(5月6日開催分)    

11:30 豪 デベルRBA総裁補佐講演

12:45 日 20年国債入札

15:00 独 4月生産者物価指数
15:00 日 4月工作機械受注

15:30 スイス ジョーダンSNB総裁講演

17:30 英 4月消費者物価指数
17:30 英 4月小売物価指数
17:30 英 4月生産者物価指数

18:00 欧 ヌイ欧州銀行監督局長、バーニアー欧州銀行同盟担当欧州委員、ファーカスEBA幹部講演

21:30 加 3月卸売売上高

23:30 欧 リンデ・スペイン中銀総裁講演
23:30 欧 リーカネンECB理事講演

25:00 欧 ノボトニー・オーストリー中銀総裁、トリシェ前ECB総裁講演  

25:30 米 プロッサー米フィラデルフィア連銀総裁講演

26:00 米 ダドリー米NY連銀総裁講演


cat01_20130319221235.jpg 白猫

上値限定も下値切り上げ

続きを読む

5月19日のユーロ円

eurojpy1d0519.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です。

先週のユーロ円は下落が続きました。先週木曜日のロウソク足を見ると、下ヒゲが長く伸びていて、139円にほぼ一致する所で止まっています。つまり、この139円に抵抗がある事がわかります。

そして金曜日は、一度はこの139円のラインをブレイクしたものの、後に下から押し戻され、結局はこの139円付近で終値を付けています。

これではまだこの139円のラインを完全に下抜けしたわけではありません。このラインを下抜けすれば、週足-1σを下抜けし、週足・日足共に-1σを下回ることによって下降圧力が加わり、さらに下落が続く可能性が高くなり、追い込みショートで攻めやすい流れになるでしょう。

また、今は長い目で見ても、月足チャートの+1σをブレイクしていますので、これから下がり続ける兆しは見えています。

それでは、1時間足チャートを見て行きましょう。

eurojpy1h0519.jpg

前回の解説の後、139円のラインをブレイクしたことによって一時的に下落しましたが、バンドからはみ出たために、バンド内に戻るチカラが働き、値戻りをしました。

今は青い下降トレンドラインbを上抜けしていて、さらに新たに生まれた赤い上昇トレンドラインBが有効になっていますので、これから上昇する可能性が出ています。

これからロングで攻めるなら、1時間足+1σを上抜けしたときにエントリーして、10分足+1σを損切りのラインにして、日足-1σを目標に攻めて行くといいでしょう。

反対にショートで攻めるなら、赤い上昇トレンドラインBを下抜けするまで待つべきです。このラインを下抜けしたときにエントリーして、10分足-1σを損切りのラインにしてまずは139円を目標に、139円を下抜けした場合はさらに日足-2σを目標にして追いかけて行くといいでしょう。

5/19(月)経済指標



カナダ 休場(ビクトリア女王記念日)

欧州連合(EU)・ロシア、天然ガスに関する実務者協議(於:ベルリン)

 
07:45 NZ 1-3月期生産者物価指数

08:01 英 5月ライトムーブ住宅価格

08:50 日 3月機械受注

16:00 独 バイトマン独連銀総裁講演

17:00 欧 メルシュECB理事講演

18:00 欧 3月建設支出

18:30 欧 クーレECB理事講演

21:00 米 ラスムセンNATO事務総長講演

25:10 米 ウイリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁講演

25:30 ラガルドIMF専務理事講演 

25:50 米 バーナンキ前FRB議長講演



cat01_20130319221235.jpg 白猫

欧州前半にユーロ売り

田村04_目指せ
昨日の切り返しから、明けて東京市場は1.37台前半で推移。欧州入り後
1.3725付近まで買われましたが、欧州ランチタイムに売られ1.3685
付近まで下落。昨夜の切り返し上昇の半値下げ戻し。その後少し上げ戻して
いましたが、21時半の米指標で再度1.3685付近まで下落。しかし、ここから
切り返して1.37台へ上げています。
昨夜からユロ買いの切り返しが続いています。昨夜はNYダウ下落、米10年債
利回り下落が背景でしたが、今日は純粋に買い戻されている感じです。
ドラギ発言にある程度踏ん切りを付けられたのか、と言う感じです。
T20140516_01_01.jpg
T20140516_01_02.jpg
==============================================================
チャート設定:
・茶色 トレンドライン。
・細いボリバンは時間足相当、期間25、赤-平均水色-±σ緑-±2σ
 太いボリバンは4時間足相当。
紫破線は1分200MA相当。
・矢印は同色の抵抗線からの抵抗値トレードのエントリーポイント
==============================================================
田村06_一つ


応援クリックお願いします
 にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
総合FX口座ランキング
1位 ヒロセ通商
2位 外為オンライン
3位 JFX
4位 YJFX
5位 みんなのFX
プロフィール

トウケンFX

Author:トウケンFX
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
投研ツィッター