12月31日のユーロ円

続きを読む

1.21台の値動き

田村04_目指せ
昨夜のギリシャ不安で1.21中段で東京入りしたユロドルですが、
東京時間はユロ円主導で1.2130付近まで安値更新。
株安の円買いも同時に進行。
欧州入り、朝方は流れを引き継ぎ(年末の調整などもあったかも)
1.2125付近まで下落。が、欧州市場が開場すると円買いのドル売り
から全面ドル売りに転じ、1.2190付近まで上昇。
欧州お昼前には2150付近まで下げるも、NY入りしフィッキングにかけては
2180付近まで買われる展開。
フィッキングまで継続していたドル売りはフィッキングでドル買いに転じ、
同時にECB理事のインフレ低下予想がありNY昼にかけて2150付近まで
下げる展開。
上下したものの1.21台に定着のユロドルです。
明日は欧州がお休み、元旦の明後日が世界中が休場、2日が金曜で、
本格的な値動きは5日から。
ということで次回は1/5に。
良い年を!!!
T20141230_01_01.jpg
T20141230_01_02.jpg
==============================================================
チャート設定:
・茶色 トレンドライン。
・細いボリバンは時間足相当、期間25、赤-平均水色-±σ緑-±2σ
 太いボリバンは4時間足相当。
紫破線は1分200MA相当。
・矢印は同色の抵抗線からの抵抗値トレードのエントリーポイント
==============================================================
田村06_一つ


12月30日のユーロ円

eurojpy1d1230_201412300908543f7.jpg

チャートはゴルスパチャートです。(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は日足平均線にピッタリと一致する所で高値を付けてから、上から押し返される形で下落に転じ、元の位置に値戻りをしました。

昨日のロウソク足を見ると、非常に長い上ヒゲが出ていますので、日足平均線に強い抵抗がある事が読み取れます。また、長い上ヒゲが出ているということは、上から下に向かって圧力が出ていることも表しています。

その圧力を受けて日足-1σを下回ればさらに大きく下落する可能性が見えてきます。

また、今は年末なので大きく変動しやすい時期です。これから今の上値抵抗値である日足平均線を越えれば、さらに大きく上昇する可能性が出てくるでしょう。

それでは、1時間足チャートを見て行きましょう。

eurojpy1h1230_2014123009085690d.jpg


前日営業日の展開は
前半 上昇  
中盤 上昇
終盤 下降
の流れとなりました。

昨日は147円のラインを越えたものの、日足平均線を越えられなかったため、それ以上伸びて行く事はありませんでした。

今は1時間足-1σで揉み合っています。これからショートで攻めるなら、新たに生まれた黄色い上昇トレンドラインCを下抜けするまで待つべきです。このラインを下抜けした場合にエントリーして、15分足-1σを損切りのラインにして、まずは日足-1σを目標に攻めて行くといいでしょう。

反対にロングで攻めるなら、1時間足平均線を越えるまで待つべきです。このラインを越えれば、再び上昇に転じる可能性が出てきますので、15分足+1σを損切りのラインにして、日足平均線を目標に攻めて行くといいでしょう。


ギリシャ不安・・

田村04_目指せ
クリスマス休暇明けで欧米は新年モード。値動きも少しは普通に戻った
感じも。
1.2170台でスタートしたユロドルですが、東京時間はドル円のドル売買、
ユロ円主導の動きで東京終わりで1.2200直下まで上昇。
欧州朝方は売られましたが欧州市場が開場すると買われ、1.22台へ。
1.2220付近まで上昇したところでギリシャ大統領選出で票不足の
ニュース、結局年明け総選挙へと。直後は反応薄で通過も1.2180付近
まで下げ。
NY入りし朝方は買われ再度1.2215付近まで上昇。NYダウは下窓で買い
スタート。
フィッキングの時間帯に入り欧州通貨が売られ再度1.21台へ。この頃から
ギリシャ国債、株が下落。この影響か欧州通貨売りがきつくなりNYお昼に
かけ1.2145付近まで下落中。久々のギリシャ不安。
今時点で下には日足の-2σが1.2100辺り。この辺まで下げるか・・・
T20141229_01_01.jpg
T20141229_01_02.jpg
==============================================================
チャート設定:
・茶色 トレンドライン。
・細いボリバンは時間足相当、期間25、赤-平均水色-±σ緑-±2σ
 太いボリバンは4時間足相当。
紫破線は1分200MA相当。
・矢印は同色の抵抗線からの抵抗値トレードのエントリーポイント
==============================================================
田村06_一つ


12月29日のユーロ円

続きを読む

1.22前後でクリスマスに

田村04_目指せ
1.21台で休場明けの東京入りしたユロドルは、2170~85の小動き
持ち合いで東京時間を通過。
欧州入り後若干欧州通貨買いで、欧州お昼頃に1.22付近まで上昇。
NY入り直後も買われ2220付近まで上げ戻すも22時半の米指標が強く
フィッキング~欧州終了にかけて2185付近まで下げ戻し。
短縮取引のNYダウは続伸スタートで更に値を伸ばすも、終了にかけ
利益確定売りでマイナス圏で終了。上げていた米金利も同様。
これでクリスマスということでしょうか。
欧米は明日、明後日は全面休場・・・
ということで来週までお休みとさせていただきます。メリークリスマス。
T20141224_01_01.jpg
T20141224_01_02.jpg
==============================================================
チャート設定:
・茶色 トレンドライン。
・細いボリバンは時間足相当、期間25、赤-平均水色-±σ緑-±2σ
 太いボリバンは4時間足相当。
紫破線は1分200MA相当。
・矢印は同色の抵抗線からの抵抗値トレードのエントリーポイント
==============================================================
田村06_一つ


12月24日のユーロ円

eurojpy1d1224_20141224104335e69.jpg

チャートはゴルスパチャートです。(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円はあまり大きな値動きはありませんでした。黒い下降トレンドラインaを上抜けしたものの、147円のラインを越えることが出来なかったために、その次の上値抵抗値である日足平均線まで伸びて行く事はありませんでした。

今は月足・週足共に+1σの上にいますので、上昇圧力が掛かっていますが、これまで黒い下降トレンドラインaが有効だったために上昇する勢いは弱まっていました。その黒い下降トレンドラインaを上抜けしましたが、これから上昇するにはまだ不十分で、これから日足平均線を上抜けすれば、さらに上昇する勢いが生まれる可能性が出てくるでしょう。

もう一つ気になるのは、新たに生まれた灰色の上昇トレンドラインAです。今はこのラインが有効になっていますが、このラインを下抜けすれば、さらに大きく下がる可能性が見えてきます。

それでは、1時間足チャートを見て行きましょう。

eurojpy1h1224_20141224104337e42.jpg


前日営業日の展開は
前半 上昇  
中盤 レンジ
終盤 レンジ
の流れとなりました。

昨日は赤い上昇トレンドラインbを下抜けしたものの、下落する勢いは続かなかったので、ショートで攻めた場合は損切りの徹底が重要だったでしょう。

今は1時間足-1σの下にいますので、これから下落する可能性が出ています。これからショートで攻めるなら、新たに生まれた青い上昇トレンドラインCを下抜けした場合にエントリーして、15分足-1σを損切りのラインにして、日足-1σを目標に攻めて行くといいでしょう。

反対にロングで攻めるなら、やはり147円のラインを越えた場合にエントリーして、まずは日足平均線を目標に攻めて行くといいでしょう。


1.21台へ

田村04_目指せ
クリスマス・ウィークの2日目、東京休場。昨夜のNY終わりで1.22台
前半まで押して終了。
休場の東京時間は2230付近で小動き横ばいで通過。
欧州入りし夕方の指標で若干振れたもののほとんど変わらず推移。
NY入りすると米金利がじり上げで若干ドル買いに。更に22時半の指標の
GDP確報が上方修正されるとドル買いに振れ、一気に1.21台へ。
また昨日史上最高値を更新したNYダウが大幅上窓で開場すると
フィッキング入りの24時には1.2165付近まで下落。
その後は1.2170前後で推移中。
明日のクリスマスイブから株式市場は休場が出てきますが、NYダウは
NY午後から高値を更新。
5時台に入り利益確定らしい動きがようやく見られた状態で、株は堅調
そのもの。株高、ドル高で本格的なクリスマス休暇に入ろうとしています。
T20141223_01_01.jpg
T20141223_01_02.jpg

==============================================================
チャート設定:
・茶色 トレンドライン。
・細いボリバンは時間足相当、期間25、赤-平均水色-±σ緑-±2σ
 太いボリバンは4時間足相当。
紫破線は1分200MA相当。
・矢印は同色の抵抗線からの抵抗値トレードのエントリーポイント
==============================================================
田村06_一つ


12月23日のユーロ円

eurojpy1d1223_20141223085924fc6.jpg

チャートはゴルスパチャートです。(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です。(新しいロウソク足はまだ出ていません。)

昨日のユーロ円は大きく上昇し、147円のラインを僅かに上回った所で高値を付けました。

昨日、上昇した理由は、昨日の解説の通り、先週金曜日の高値を越えたことです。このラインを越えたことによって黒い下降トレンドラインaをブレイクしました。

一時的に147円を上回っただけでは、まだ上抜けしたとは言えません。ですからまだこの147円が上値抵抗値であると言えます。

今は再び黒い下降トレンドラインaに一致する所にいますが、これからこのラインを上抜けすれば、日足平均線まで上昇する可能性が出てくるでしょう。

それでは、1時間足チャートを見て行きましょう。

eurojpy1h1223_2014122308592544d.jpg


前日営業日の展開は
前半 レンジ  
中盤 上昇
終盤 レンジ
の流れとなりました。

今は1時間足+1σの下にいますので、上昇する勢いは弱まっています。これからロングで攻めるなら、147円のラインを越えるまで待つべきです。このラインを越えればさらに伸びて行く可能性が出てきますので、15分足+1σを損切りのラインにして、まずは日足平均線を目標に攻めて行くといいでしょう。

反対にショートで攻めるなら、新たに生まれた赤い上昇トレンドラインbを下抜けするまで待つべきです。今はこのラインが有効になっていますので、このラインを下抜けした場合にエントリーして、15分足-1σを損切りのラインにして、緑色の上昇トレンドラインBを目標に攻めて行くといいでしょう。


ドル売り・円売り

田村04_目指せ
先週末は1.2220付近まで押して終了。
明けて欧米はクリスマス休暇。日本は明日が休みという日でしたが、
円相場と思われる展開で東京時間は2250付近まで買い戻され、
欧州入りでドル売り、円売りで更に買われ欧州午前で2270付近まで
上昇。以降欧州終了までは2250~70の持ち合い相場。
NY入りし米指標にも反応薄。NYダウは続伸スタート後プラス圏を維持。
誰が買ってるんでしょうか・・。
米金利はNY午後から下げて来ています。
ドル円は欧州お昼まではドル売り、円売りでユロドルと歩調を合わせて
120円台に一瞬乗せたものの維持できず。その後は緩いドル買いで
119円後半を維持しています。
薄商いとか報じられていますがまだティックは動いているようです。
T20141222_01_01.jpg
T20141222_01_02.jpg
==============================================================
チャート設定:
・茶色 トレンドライン。
・細いボリバンは時間足相当、期間25、赤-平均水色-±σ緑-±2σ
 太いボリバンは4時間足相当。
紫破線は1分200MA相当。
・矢印は同色の抵抗線からの抵抗値トレードのエントリーポイント
==============================================================
田村06_一つ


12月22日のユーロ円

eurojpy1d1222.jpg

チャートはゴルスパチャートです。(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です。

先週金曜日のユーロ円は余り大きな値動きはありませんでした。一時的に日足-1σをブレイクしましたが、それから上昇が続くこともなく、また、146円のラインを下抜けすることもありませんでした。

気になるのは、先週金曜日の高値が水曜日と一致していることです。ロウソク足を見ると、水曜も金曜も共に長い上ヒゲが出ている事から、この高値に抵抗があることが読み取れます。つまり、これから伸びて行くには日足-1σを上抜けするだけでは不十分で、先週金曜日の高値を越えることが必要であると表しています。先週金曜日の高値を越えれば、黒い下降トレンドラインaを越えてさらに伸びて行く可能性が出てくるでしょう。

反対に、146円のラインを下抜けすると、さらに大きく下がる可能性が出てきます。

それでは、1時間足チャートを見て行きましょう。

eurojpy1h1222.jpg


前日営業日の展開は
前半 上昇  
中盤 レンジ
終盤 下降
の流れとなりました。

今は1時間足-1σで揉み合っていますので、下落する勢いは弱まっています。これからショートで攻めるなら、緑色の上昇トレンドラインBを下抜けするまで待つべきです。このラインを下抜けすれば、146円のラインを下抜けしてさらに下がる可能性が出てきますので、15分足-1σを損切りのラインにして、日足-2σを目標に攻めて行くといいでしょう。

反対にロングで攻めるなら、黄色い下降トレンドラインCを上抜けするまで待つべきです。このラインを越えれば、先週金曜日の高値を越えてさらに伸びて行く可能性が見えてきますので、15分足+1σを損切りのラインにして、日足平均線を目標に攻めて行くといいでしょう。


1.22台の推移

田村04_目指せ
昨夜のNYダウは続伸で終わりにかけて急騰。FOMCの影響もあるので
しょうが原油安、ルーブル安が一服しているせいか。
NYダウ続伸は続伸なのですが、昨夜のNY後半の値動きを見ていると
あきらかに商い薄と思われる感じで、やはりクリスマス休暇モードに入り
つつある感じで、手仕舞いも進んでいる感じです。
ユロドルのティックが全く動かない時間帯が何回かありました。
ともあれ、年明けの大規模国債購入の発言が効いてか昨日は1.23を
割り込み1.22台へ下げ進んだユロドルですが今日も冴えない展開で
ここまで欧州入りで少し買われたもの欧州が開場すると売られお昼前に
2250付近まで押しています。
大規模国債購入と言うことなので下げて当たり前という感じです。
昨日、今日なら欧州朝方ユロ買いになったところでショートしておけば
いいですね。
T20141219_01_01.jpg
T20141219_01_02.jpg
==============================================================
チャート設定:
・茶色 トレンドライン。
・細いボリバンは時間足相当、期間25、赤-平均水色-±σ緑-±2σ
 太いボリバンは4時間足相当。
紫破線は1分200MA相当。
・矢印は同色の抵抗線からの抵抗値トレードのエントリーポイント
==============================================================
田村06_一つ


12月19日のユーロ円

eurojpy1d1219_20141219102142ff1.jpg

チャートはゴルスパチャートです。(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は一時的に下落しましたが、余り大きな値動きはありませんでした。一昨日に引き続いて上昇しなかったのは、日足-1σを越えることが出来なかったからです。

昨日のロウソク足を見ると、下ヒゲが長く伸びています。これは、下から上に向かっての圧力が出ていることを表しています。

今は146円で揉み合っていますが、これから日足-1σを越えることが出来れば、147円あるいは黒い下降トレンドラインaまで伸びて行く可能性が出てくるでしょう。

反対に、146円を下回れば、昨日の安値まで下がる可能性が見えてきます。

それでは、1時間足チャートを見て行きましょう。

eurojpy1h1219_201412191021434c5.jpg


前日営業日の展開は
前半 下降  
中盤 レンジ
終盤 レンジ
の流れとなりました。

今は1時間足平均線で揉みあっていますので、これから上昇するか下落するかの分かれ目にいると思います。今は新たに生まれた青い下降トレンドラインBが有効になっていますので、これから上昇するにはこのラインを越えることが必要です。ロングで攻めるならこのラインを越えた場合にエントリーして、15分足+1σを損切りのラインにして、147円を目標に攻めて行くといいでしょう。

反対にショートで攻めるなら、やはり146円を下回るまで待つべきです。このラインを下抜けした場合にエントリーして、まずは赤い上昇トレンドラインbを目標に、さらにそれを下回った場合は145円を目標に攻めて行くといいでしょう。


1.22台へ

田村04_目指せ
昨日のFOMCではニュース等では「相当な期間」の文言は削除されつつ
利上げを急がない姿勢を示した形に。またイエレン会見では「参加者の
ほとんどが、来年の利上げを想定」とも。
市場は直後はドル売りに振れたもの、会見が始まるとドル買いに流れ
ユロドルは1.2320台まで押し。
明けて東京時間は若干のドル売り戻しで2350付近まで戻したものの
欧州入りすると1.23を割り込み2270付近まで押し。
その後欧州午前はレンジ模様で買い戻され2330付近まで戻すも欧州
午後~NY入りでNYダウ開場前に2265まで安値更新。
その後フィッキング~欧州終了にかけては2270~90の持ち合い。
NYお昼が近づき1.23直下まで上げ戻しています。
FOMCの全体の流れはドル買い方向ですが、ドル円にしても高値を追求
する動きは今日はなくFOMCを通過して欧米はクリスマス休暇モードかも
知れません。
ユロドルは昨日のフィッキング前にクーレ理事が年明けの大規模国債購入
について言及したため、じわじわ聞いてきてる感じです。
NYダウは続伸スタートで高値をキープしており、石油安、ルーブル安は
とりあえずは一服のようです。とりあえずFOMC通過で材料出尽くし?
の一服でしょうか。
T20141218_01_01.jpg
T20141218_01_02.jpg
==============================================================
チャート設定:
・茶色 トレンドライン。
・細いボリバンは時間足相当、期間25、赤-平均水色-±σ緑-±2σ
 太いボリバンは4時間足相当。
紫破線は1分200MA相当。
・矢印は同色の抵抗線からの抵抗値トレードのエントリーポイント
==============================================================
田村06_一つ


12月18日のユーロ円

eurojpy1d1218_201412181039272ae.jpg

チャートはゴルスパチャートです。(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は上昇しました。日足-1σをブレイクしましたが、すぐにその下に値戻りをしましたので、これは日足-1σを上抜けしたとは言えません。

今も日足-1σで揉み合っていますので、このラインを越えるかどうかが今日のトレードの分かれ目になります。

また、一昨日と昨日のロウソク足を見ると、どちらも下ヒゲが長く出ています。これは、下から上に向かっての圧力が出ていることを表していますので、これから日足-1σを越えることが出来れば、さらに大きく伸びて行く可能性が見えてくるでしょう。

そして再びロング中心に攻めて行く流れになるには、黒い下降トレンドラインaを越えることが必要です。

それでは、1時間足チャートを見て行きましょう。

eurojpy1h1218_20141218103928e65.jpg


前日営業日の展開は
前半 レンジ  
中盤 下降
終盤 上昇
の流れとなりました。

今は黄色い下降トレンドラインCを上抜けしていますが、伸び悩んでいますので、まだロングで攻めるには不十分です。今は日足-1σで揉み合っている状態ですので、これからロングで攻めるなら、昨日の高値を越えるまで待つべきです。昨日の高値を越えれば、日足-1σを上抜けしてさらに伸びて行く可能性が出てきますので、15分足+1σを損切りのラインにして、日足平均線を目標に攻めて行くといいでしょう。

反対にショートで攻めるなら、1時間足平均線を下抜けするまで待つべきです。このラインを下抜けすれば、再び下落する勢いが生まれる可能性が出てきますので、15分足-1σを損切りのラインにして赤い上昇トレンドラインbを目標に攻めて行くといいでしょう。


理事発言で押し

田村04_目指せ
ちょうど欧州株式市場が終わった所です。1.25台前半で東京入りした
ユロドルですが、東京後場円売りのクロス円の影響か若干下げ1.24台
後半で欧州入り。
欧州朝方は若干買われたのですが、欧州株式市場の開場の値動きで
ドル買いに。これで2460付近まで押し。
その後のユロ圏の指標には反応薄で、FOMC待ちモード。欧州入り後
米金利がじり上げでその影響か若干押され気味で推移。
欧州午後、NY入りし22時半米指標が弱く若干上げ戻したもののフィッ
キング時間帯に入ると下落。ECBクーレ理事が来年大規模資産購入が
始まると発言したらしくフィッキングにかけて2390付近まで急落。
欧州終了時点で2410付近まで戻しています。
ということでこのままFOMC待ちになるかと・・・
ECBは年明けいろいろ緩和策するんでしょうね・・・
黒田さんも負けず第3弾すればいいですね。
国債購入とか言わず、国民にばらまけばどうでしょうか。
皆それなりに使って金回りが良くなると思うんですが・・・
T20141217_01_01.jpg
T20141217_01_02.jpg
==============================================================
チャート設定:
・茶色 トレンドライン。
・細いボリバンは時間足相当、期間25、赤-平均水色-±σ緑-±2σ
 太いボリバンは4時間足相当。
紫破線は1分200MA相当。
・矢印は同色の抵抗線からの抵抗値トレードのエントリーポイント
==============================================================
田村06_一つ


12月17日のユーロ円

eurojpy1d1217_201412171028209b7.jpg

チャートはゴルスパチャートです。(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は解説の後、下落を続け、145円にほぼ一致した所で安値を付けてから値戻りをしました。昨日下落した理由は一昨日のロウソク足に出ています。長い上ヒゲが出ていますので、上から下に向かって圧力が出ていることがわかります。

また、昨日のロウソク足を見ると、長い下ヒゲが出ていますので、145円のラインが下値抵抗値である事が読み取れます。

今は月足・週足では+1σの上にいますが、日足-1σの下にまで下がりましたので、上昇圧力が弱まったと考えられます。

これから145円のラインを下抜けすれば、週足+1σまで下がる可能性が出てくるでしょう。

また、今は新たに生まれた黒い下降トレンドラインaが有効になっています。再び上昇する勢いを取り戻すにはこのラインを越えることが必要です。このラインを上抜けすれば、ロング中心に攻めて行く流れに戻る可能性が出てくるでしょう。

それでは、1時間足チャートを見て行きましょう。

eurojpy1h1217_2014121710282285b.jpg


前日営業日の展開は
前半 レンジ  
中盤 下降
終盤 上昇
の流れとなりました。

昨日は私が指摘した通り、日足-1σを下抜けしたことによって大きく下落して行きました。

今は新たに生まれた青い上昇トレンドラインBが有効になっていますので、下落する勢いは弱まっています。これからショートで攻めるなら、この青い上昇トレンドラインBを下抜けした場合にエントリーして、15分足-1σを損切りのラインにして昨日の安値を目標に攻めて行くといいでしょう。

反対にロングで攻めるなら、黄色い下降トレンドラインCを上抜けした場合にエントリーして、15分足+1σを損切りのラインにして、日足平均線を目標に攻めて行くといいでしょう。


原油下げ渋りでNYダウ上昇でドル買いに

田村04_目指せ
1.24台中頃で東京入りしたユロドルですが東京時間はドル円のドル売り
の影響か小動きながら2460付近まで上げて推移。
欧州市場が開場すると欧州株が売られ円買いに進むと、ドル売りの影響か
買われ、その後の独、ユロ圏の指標が強く更に買われお昼前に1.25台へ
上げ2515付近まで上昇。
お昼の時間には米金利が急落し、同時に2570付近まで高値を更新。
しかし、NY時間に入ると米金利が持ち直し、ドル売りが緩むと徐々に下げだし
24時のNYカットで、OPのある1.2500を目指す動き。
また、NYダウは下窓で開場後買われ、フィッキング時間帯にプラス圏に上昇。
フィッキング~欧州終了まで急上昇するとドル買いの流れで2480まで戻して
います。
このNYダウの動き、NY原油先物が下げ渋ったとかプラス圏に転換したとか
ニュースが流れていますが昨日までと全く異なる動き。
原油の影響は相当ですね。
FOMCが迫ってはいるのですが、調整どころではない感じです。
T20141216_01_01.jpg
T20141216_01_02.jpg
==============================================================
チャート設定:
・茶色 トレンドライン。
・細いボリバンは時間足相当、期間25、赤-平均水色-±σ緑-±2σ
 太いボリバンは4時間足相当。
紫破線は1分200MA相当。
・矢印は同色の抵抗線からの抵抗値トレードのエントリーポイント
==============================================================
田村06_一つ


12月16日のユーロ円

eurojpy1d1216_20141216085653fce.jpg

チャートはゴルスパチャートです。(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です。(新しいロウソク足はまだ出ていません。)

昨日のユーロ円は大きく下落しました。その理由は昨日のロウソク足を見ればわかります。昨日は148円のラインを僅かに上回った場面もありましたが、すぐに値戻りをしましたので、これでは148円を上抜けしたとは言えません。

昨日のロウソク足の上ヒゲが長く伸びていることから、昨日の高値の少し上にある日足+1σが上値抵抗値である事が読み取れます。また、上から下に向かっての圧力が出ていることもわかります。この圧力によって下落し、日足-1σをブレイクして安値を付けたと言えるでしょう。

今は日足-1σで揉みあっていますが、このラインを下抜けすればさらに大きく下がる可能性が高くなるでしょう。

それでは、1時間足チャートを見て行きましょう。

eurojpy1h1216_20141217103327d06.jpg

前日営業日の展開は
前半 レンジ  
中盤 レンジ
終盤 下降
の流れとなりました。

今は1時間足-1σの下にいますので、下落する勢いはまだ残っています。これからロングで攻めるなら、147円のラインを越えるまで待つべきです。このラインを越えれば上昇する勢いが生まれる可能性が出てきますので、15分足+1σを損切りのラインにして、まずは黄色い下降トレンドラインCを目標に、それを越えた場合はさらに赤い下降トレンドラインbを目標に攻めて行くといいでしょう。

反対にショートで攻めるなら、やはり日足-1σを下抜けした場合にエントリーして、15分足-1σを損切りのラインにして追いかけて行くといいでしょう。


1.24台でレンジ相場

田村04_目指せ
週明けのユロドルは2450付近でスタート、朝2475付近まで買われた
ものの東京開場時には窓締め、東京後場では2430付近まで下げ。
欧州朝方買われ2470付近まで上昇するも、欧州開場で売られて、
欧州お昼前には2415まで下落。その後は下げ止まり。
欧州お昼頃からユロクロスでの買いが続き、この後フィッキングまで
2415から40付近の持ち合い相場。
米指標もあったのですが、NYダウが上窓で開場したもののフィッキングの
時間帯に入ると売られ、円買いが進行。ユロドルはクロスユーロの売り買い
が交錯していた感じ。
フィッキング後欧州終了にかけてはNYダウが更に急落し、
ここは全体にドル売りの流れに。これでユロドルは2475まで上昇。
ここまでNYダウを見る限り株の方は調整か、原油安のリスク回避か、
FOMCに向けての調整か・・・先週の流れが継続。
ユロドルはというと動いたようで、結局はは1.24台のレンジに止まって
います。
株安債券高が進んで、通貨から見ると売り買いが交錯してる感じでしょうか。
T20141215_01_01.jpg
T20141215_01_02.jpg
==============================================================
チャート設定:
・茶色 トレンドライン。
・細いボリバンは時間足相当、期間25、赤-平均水色-±σ緑-±2σ
 太いボリバンは4時間足相当。
紫破線は1分200MA相当。
・矢印は同色の抵抗線からの抵抗値トレードのエントリーポイント
==============================================================
田村06_一つ


12月15日のユーロ円

eurojpy1d1215.jpg

チャートはゴルスパチャートです。(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です。(新しいロウソク足はまだ出ていません。)

先週金曜日のユーロ円は大きく上昇し、木曜日の高値である148円をやや上回った所で高値を付けました。

先週木曜日のロウソク足を見ると、長い上ヒゲが出ていますので、この148円のラインに抵抗がある事が読み取れます。また、上から下に向かっての圧力が出ていることもわかります。

そして今はこの148円のラインで揉みあっていますので、このラインを越えることが出来ればさらに大きく伸びて行く可能性が出てきますが、反対にここで上から押し返されれば、大きく下がる可能性が出てくるでしょう。

このようなときこそ短時間足チャートを見て上昇・下降のサインを読み取ることが重要です。

それでは、1時間足チャートを見て行きましょう。

eurojpy1h1215.jpg


前日営業日の展開は
前半 下降  
中盤 上昇
終盤 レンジ
の流れとなりました。

今は1時間足+1σの下にいますので、上昇する勢いは弱まっています。これからショートで攻めるなら、新たに生まれた青い上昇トレンドラインBを下抜けするまで待つべきです。このラインを下抜けすればさらに下がる可能性が出てきますので、15分足-1σを損切りのラインにして追いかけて行くといいでしょう。

反対にロングで攻めるなら、やはり148円のラインを越えるまで待つべきです。このラインを越えた場合にエントリーして、まずは日足+1σを目標に、それを越えた場合はさらに149円を目標に攻めて行くといいでしょう。


12月12日のユーロ円

eurojpy1d1212_201412120927177a7.jpg

チャートはゴルスパチャートです。(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は大きく上昇しました。その理由はやはり昨日の解説で指摘した通り日足平均線を越えたことです。このラインを越えたことがきっかけで上昇し、148円にピッタリと一致する所で高値を付けました。

また、昨日のロウソク足を見ると長い上ヒゲが出ていますので、この148円のラインに抵抗があることが読み取れます。さらに長い上ヒゲが出ているという事は、上から下に向かっての圧力が出ていることも表していますので、今は日足平均線で揉み合っていますが、この日足平均線を下回れば、さらに大きく下がる可能性が出てくるでしょう。

それでは、1時間足チャートを見て行きましょう。

eurojpy1h1212_201412120927188e6.jpg


前日営業日の展開は
前半 上昇  
中盤 上昇
終盤 上昇
の流れとなりました。

今は上昇する勢いは弱まり、147.5円辺りで揉み合っています。これから再び上昇して行くには、1時間足+1σを越えることが必要です。このラインを越えれば上昇する勢いを取り戻す可能性が見えてきますので、そうなった場合はロングでエントリーして、まずは赤い下降トレンドラインbを目標に、それを越えた場合は日足+1σを目標に攻めて行くといいでしょう。

反対にショートで攻めるなら、やはり日足平均線を下抜けするまで待つべきです。このラインを下回ったときにエントリーして、15分足-1σを損切りのラインにして、昨日の安値を目標に攻めて行くといいでしょう。


上昇も方向感無し?

田村04_目指せ
昨夜のNY時間、フィッキング途中までは月・火と同じでNYダウが下落し
円が買われドル売りの展開。
月・火はこの辺りからNYダウが切り返し上昇したのですが、昨日は
持ち合いの末に再落。更なるドル売りが続く展開。
結局NY終わりまでこれが続き、ユロドルは2450付近に上ペチャで終了。
更に東京開場前に本邦指標を受けてかドル円の下押しドル売りに2495
付近まで高値更新。
とは言うもののあくまでもドルや円の他力値動きか、東京時間はドル円が
買い戻される展開でドル買いで欧州入り前で2440付近まで下げ戻し。
欧州朝方は独指標の頃から買われ2485付近まで上昇するも欧州開場に
かけてはSNBのマイナス金利をほのめかす発言やその後のECB月報で
緩和策の検証などのニュースが流れると段階的に売られ2420付近まで
下げ戻し。
1.24台に上げたとは言え方向感無くレンジ模様。
ということでやはり今日のNYダウが注目。株高調整が下火になるのかどうか。
年内最後のビッグイベント、来週のFOMCも控えお楽しみ。
T20141211_01_01.jpg
T20141211_01_02.jpg
==============================================================
チャート設定:
・茶色 トレンドライン。
・細いボリバンは時間足相当、期間25、赤-平均水色-±σ緑-±2σ
 太いボリバンは4時間足相当。
紫破線は1分200MA相当。
・矢印は同色の抵抗線からの抵抗値トレードのエントリーポイント
==============================================================
田村06_一つ


12月11日のユーロ円

eurojpy1d1211_2014121110480078a.jpg

チャートはゴルスパチャートです。(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は一昨日に引き続いて大きく下落しました。その理由は、ロウソク足を見るとわかります。一昨日のロウソク足は長い下ヒゲが出ていて、日足平均線に一致する所で安値を付けています。つまり、そこに下値抵抗がある事が読み取れます。昨日はその下値抵抗値をブレイクしたことによってさらに大きく下がりました。

また、昨日の解説の後、上昇していかなかったのは、日足+1σを越えることが出来なかったからです。昨日のロウソク足は長い上ヒゲが出ていて、日足+1σの僅か手前で高値を付けていますので、日足+1σが壁となっていて、ここで上から押し返されたことがわかります。また、長い上ヒゲが出ている事から、上から下に向かっての圧力が感じ取れます。

今日の市場が始まってから上がり始めていますが、ポイントは日足平均線で、このラインを越えれば大きく上昇する可能性が出てきますが、反対に昨日の安値を下回れば、さらに下落する可能性が見えてくるでしょう。

それでは、1時間足チャートを見て行きましょう。

eurojpy1h1211_20141211104802e54.jpg


前日営業日の展開は
前半 下降  
中盤 レンジ
終盤 下降
の流れとなりました。

昨日の解説の後、上昇していかなかったのは、1時間足+1σを越えることが出来なかったからです。また、下落した理由は、私が指摘した通り、147.5円のラインを下抜けしたからです。

今は1時間足-1σを越えていますので、下落する勢いは弱まっています。これからロングで攻めるなら、やはり日足平均線を越えた場合にエントリーして、148円を目標に攻めて行くといいでしょう。ただ、緑色の下降トレンドラインBで止まる可能性がありますので、15分足+1σを損切りのラインにすることが必要です。

反対にショートで攻めるなら、昨日の安値を下抜けするまで待つべきです。このラインを下抜けすれば、146円のラインを下抜けしてさらに下がる可能性が出てきますので、15分足-1σを損切りのラインにして追いかけて行くといいでしょう。


再度1.24台へ

田村04_目指せ
火曜日のNY時間には1.2450付近まで上昇、昨日朝のNY終わりでは
1.2360付近に戻す展開。
今日は東京時間~欧州午後入りまではドル円のドル売り買いに影響を
受けながらも2360~95のレンジ相場。
NYダウが開場すると、昨日と同様下窓で売りスタート。一気のドル売りと
なりフィッキングで2435まで上昇。
昨日までの展開では欧州終了頃から切り返しで下げ戻すのですが、
今日はNYダウが上げ戻さず下げたところで押し気味のレンジに。
そのせいか2420~30で推移中。
一方のドル円はダウ通りの値動きで118円中段以上には上げ戻さない
展開。NYダウに変化ありです。
T20141210_01_01.jpg
T20141210_01_02.jpg
==============================================================
チャート設定:
・茶色 トレンドライン。
・細いボリバンは時間足相当、期間25、赤-平均水色-±σ緑-±2σ
 太いボリバンは4時間足相当。
紫破線は1分200MA相当。
・矢印は同色の抵抗線からの抵抗値トレードのエントリーポイント
==============================================================
田村06_一つ


12月10日のユーロ円

eurojpy1d1210_20141210105058a97.jpg

チャートはゴルスパチャートです。(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は大きく下落しました。昨日のロウソク足を見ると、長い上ヒゲが出ていて、149円にピッタリと一致する所で高値をつけています。つまり、昨日はこの149円のラインを越えることが出来ず、ここで上から押し返されたために大きく下落したことが読み取れます。また、昨日の解説で指摘しましたとおり、一昨日の安値を下抜けしたことによってさらに下落する勢いが増したことも考えられます。そして、昨日は日足平均線にほぼ一致した所で安値を付けていて、下ヒゲが長く出ていますので、日足平均線に強い抵抗があることがわかります。

今は148円まで値戻りをしていますが、この148円のラインを越えることが出来れば、日足+1σまで伸びて行く可能性が出てくるでしょう。

それでは、1時間足チャートを見て行きましょう。

eurojpy1h1210_201412101050599ce.jpg


前日営業日の展開は
前半 レンジ  
中盤 下降
終盤 レンジ
の流れとなりました。

これからロングで攻めるなら、1時間足+1σを越えるまで待つべきです。このラインを越えれば、日足+1σを越えてさらに伸びて行く可能性が出てきますので、15分足+1σを損切りのラインにして149円を目標に攻めて行くといいでしょう。

反対にショートで攻めるなら、147.5円のラインを下抜けするまで待つべきです。このラインを下抜けすればさらに大きく下がる可能性が見えてきますので、そうなった場合は15分足-1σを損切りのラインにして、昨日の安値を目標に攻めて行くといいでしょう。


ドル売り過激に進行

田村04_目指せ
昨夜のNYダウは大下落。下落というか高値からの利益確定か。若干
ですがNY後半のロックハートさんの「利上げは2015年半ば以降を予想」、
「”相当な期間”の文言を慌てて削除する必要ない」「文言の変更で利上
げが切迫していると解釈されたくない」との発言が微妙に受け取られたの
かも・・。
結局昨夜はNYダウ、米金利の下落で為替はドル売りの流れ。NY終わり
でユロドルは1.2345付近、ドル円は120.5付近と雇用統計での上昇
分を行って来いで埋め戻しました。
マネーゲームと言えばそうなのでこういうこともあるんですね。
明けて東京時間、日経は反落スタートもお昼にかけては買い戻されたの
ですが後場再下落。これにあわせドル円が下げ、為替は以降ドル売りの
流れに。
欧州入り~欧州開場にかけて2365付近まで上昇。ユロは裏ではショート
カバーも多そうです。ドル円は119円台に。
更にNY入りで再ドル売りの流れに。NYダウが開場すると下窓スタート、
欧州午後から下げていた米金利も下げ継続。ユロドルは1.24台、ドル円
は119円前半までドル売りでNY序盤は昨夜の流れが継続。
この後も目が話せない展開ですが、株も為替もFOMCを控え一旦利確ない
し調整がそれなりに進んでいる感じです。あくまでも対ドルの値動き。
長期的には米利上げを見据えたドル買い方向なのでしょうが、この間の思惑
でのヒートアップが一時冷却的な感じでしょうか。これで手仕舞う投資家もいる
かもです。
年末にかけて値動きが細るとトレードする方としては嬉しくないのですが・・・
昨日今日は良く動いていい感じ。
T20141209_01_01.jpg
T20141209_01_02.jpg
==============================================================
チャート設定:
・茶色 トレンドライン。
・細いボリバンは時間足相当、期間25、赤-平均水色-±σ緑-±2σ
 太いボリバンは4時間足相当。
紫破線は1分200MA相当。
・矢印は同色の抵抗線からの抵抗値トレードのエントリーポイント
==============================================================
田村06_一つ


12月9日のユーロ円

続きを読む

雇用統計のドル買いの巻き戻し進む

田村04_目指せ
雇用統計明け、東京時間は雇用統計の流れでドル買いの流れ。
ただ、121円を台に乗せ、日経が18000円台に乗せたせいか
ドル円だけは円買いに調整指向。
この流れは欧州時間に入っても継続。
しかし、17時台にノボニーさんの「景気低迷」発言があり、
ここからクロスユーロが全面的に売られる展開でユロは下げ、
ポンドやオージは上げ戻す展開に。
これで2245付近まで押し。
欧州お昼には一旦全体がドル売りに向くも結局22時台に入り
NY勢が参入するまでユロクロス売りの流れが継続。
NY勢が参入するとユロ買いに転換。クロスユーロが買われ、
ドル売りの流れに。ドル円はここで120円台へ。
ユロ買いはフィッキング~欧州終了まで継続し1.23台へ復帰。
ということでユロドルだけは回り道をしたものの早くも雇用統計の
ドル買いは巻き戻されているようです。
調整が更に続くかどうかわかりませんが、
次はいよいよ来週のFOMCを睨んでの動きになってくるはず。
明日以降のお楽しみです。
T20141208_01_01.jpg
T20141208_01_02.jpg
==============================================================
チャート設定:
・茶色 トレンドライン。
・細いボリバンは時間足相当、期間25、赤-平均水色-±σ緑-±2σ
 太いボリバンは4時間足相当。
紫破線は1分200MA相当。
・矢印は同色の抵抗線からの抵抗値トレードのエントリーポイント
==============================================================
田村06_一つ


12月8日のユーロ円

eurojpy1d1208.jpg

チャートはゴルスパチャートです。(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です。

先週金曜日のユーロ円は解説の後、大きく上昇しました。そのきっかけとなったのはやはり解説に書きましたとおり、木曜日の高値を越えたことです。木曜日のロウソク足を見ると、上ヒゲが長く伸びていて、149円のラインにほぼ一致する所で止まっています。つまり、149円のラインに上値抵抗があったことが読み取れます。このラインを越えたことによって上昇する勢いが強まったと考えられます。

そして今日の市場が始まってから下落し続けています。

今日のポイントは日足+1σです。いまはこのラインで揉み合っていますが、このラインを下抜けすればさらに下落する勢いが増し、148円のラインも下抜けする可能性が出てくるでしょう。

それでは、1時間足チャートを見て行きましょう。

eurojpy1h1208.jpg


前日営業日の展開は
前半 上昇  
中盤 上昇
終盤 上昇
の流れとなりました。

今も1時間足-1σの下にいますので、下落する勢いは続いています。これからショートで攻めるなら、やはり日足+1σを下抜けした場合にエントリーして、15分足-1σを損切りのラインにしてまずは黄色い上昇トレンドラインCを目標に、それを下抜けした場合は147円を目標に攻めて行くといいでしょう。

反対にロングで攻めるなら、再び149円のラインを越えるまで待つべきです。このラインを越えれば上昇する勢いが生まれる可能性が出てきますので、15分足+1σを損切りのラインにして150円を目標に攻めて行くといいでしょう。


応援クリックお願いします
 にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
総合FX口座ランキング
1位 ヒロセ通商
2位 外為オンライン
3位 JFX
4位 YJFX
5位 みんなのFX
プロフィール

Author:トウケンFX
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
投研ツィッター