7月29日のユーロ円

daily0729.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます。)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は上昇しましたが、大きな値動きはありませんでした。昨日のロウソク足を見ると日足+1σで高値を付けていることから、やはり日足+1σが今の抵抗値になっていることがわかります。また、今はボリンジャーバンドが水平になろうとしているので、上昇・下降どちらの勢いも出ていません。これから大きな変化が生まれるには、日足+1σあるいは114.5円のラインのどちらかを抜ける必要があると思います。

それでは、1時間足チャートを見ていきましょう。

hourly0729.jpg


前日営業日の展開は、

前半 レンジ
中盤 レンジ
後半 上昇

の流れとなりました。

今日の市場が始まってから日足+1σに押し返されて下降しています。また、ボリンジャーバンドが広がりだしていますので、これから下降する勢いが生まれるかどうかといったところです。このままショートで攻めるなら、短時間足―1σを損切りのラインにして114.5円のラインを目標に攻めて行くといいでしょう。

反対にロングで攻めるなら、赤い上昇トレンドラインbに押し返されるまで待つべきです。このラインが有効であれば上昇に転じる可能性が見えてきますので、日足+1σを目標に攻めて行くといいでしょう。

★ご注意
ご提供する配信データはあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


7月28日のユーロ円

daily0728.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます。)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は上昇しました。今はボリンジャーバンドが収束しようとしていますので、上昇・下降どちらの勢いも出ていません。昨日のロウソク足に上ヒゲがでて、日足+1σにピッタリと一致した所で高値を付けていることから、日足+1σが抵抗値となっていることが読み取れます。今日の市場が始まってからこのラインに押し返されて下落しています。

また、一昨日は114.5円にほぼ一致した所で安値を付けていることから、そこがサポートとなっていることがわかります。今のところは上昇・下降どちらの勢いも出ていないので、日足+1σ~114.5円の間でトレードをすることを考えるといいでしょう。


それでは、1時間足チャートを見ていきましょう。

hourly0728.jpg


前日営業日の展開は、

前半 上昇
中盤 レンジ
後半 レンジ

の流れとなりました。

昨日の東京市場から平均線が上がり続けていますが、今はボリンジャーバンドが収束しているので、上昇の勢いは出ていません。

今日の市場が始まってから日足+1σに押し返されて下落していますが、今は黄色い上昇トレンドラインCの付近にいますので、ここで押し返されて上昇に転じる可能性があるので注意が必要です。これからショートで攻めるなら、このラインを下抜けしてからエントリーして、15分足ー1σを損切りのラインにして日足平均線を目標に攻めて行くといいでしょう。

反対にロングで攻めるなら、黄色い上昇トレンドラインCにサポートを受けるのを確認して、日足+1σを目標に攻めて行くといいでしょう。

★ご注意
ご提供する配信データはあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。

7月27日のユーロ円

daily0727.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます。)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は下落しました。その理由は116円のラインを下抜けしたことです。21日にこのラインにほぼ一致した所で安値をつけてから、それまでこのラインを下抜けしなかったため、このラインがサポートになっていたことが考えられます。

また、昨日は日足平均線を下回ったもののそこから大きな下落に繋がらなかったのは、114.5円にピッタリと一致した所で安値を付けたためで、今度はこの114.5円が下値抵抗値になったことが読み取れます。

そして昨日のロウソク足は下落を暗示する下ヒゲ陰線となったため、これから昨日の安値を下回れば、さらに大きく下落する可能性が見えてくるでしょう。

それでは、1時間足チャートを見ていきましょう。

hourly0727.jpg


前日営業日の展開は、

前半 下降
中盤 レンジ
後半 上昇

の流れとなりました。

今は青い下降トレンドラインbと黄色い上昇トレンドラインCが有効になっています。

これからショートで攻めるなら、青い下降トレンドラインbに押し返されて、黄色い上昇トレンドラインCを下抜けするまで待つべきです。黄色い上昇トレンドラインCを下抜けすればさらに下降する勢いが出てくる可能性が見えてきますので、15分足ー1σを損切りのラインにしてまずは昨日の安値を目標に、さらにそれを下回った場合は114円を目標に攻めて行くといいでしょう。

反対にロングで攻めるなら、黄色い上昇トレンドラインCに押し返されて青い下降トレンドラインbを上抜けするまで待つべきです。そうなった場合にさらに上昇する勢いが生まれる可能性が見えてきますので、117円を目標に攻めて行くといいでしょう。

★ご注意
ご提供する配信データはあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


7月26日のユーロ円

daily0726.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます。)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は下落しました。昨日・一昨日と小さな値動きが続いています。昨日は117円にピッタリと一致した所で高値を付けていることから、ここで抵抗を受けたことが読み取れます。また、21日にサポートしていた116円のラインを下抜けすることが出来なかったために大きな下落には繋がりませんでした。

今日の市場が始まってから下落を続け、116円のラインを下抜けしましたが、日足平均線でサポートを受けています。これから日足平均線を下回れば、さらに下落する勢いが生まれる可能性が見えてくるでしょう。

それでは、1時間足チャートを見ていきましょう。

hourly0726.jpg


前日営業日の展開は、

前半 下降
中盤 レンジ
後半 下降

の流れとなりました。

今日の市場が始まってから下落し、平均線が下を向き、ボリンジャーバンドが拡散しているので下降の勢いが出てきそうですが、日足平均線からサポートを受けていますので、まだショートで攻めるべきではありません。これからショートで攻めるなら、やはり日足平均線を下抜けしたときにエントリーして、15分足ー1σを損切りのラインにして114円を目標に攻めて行くといいでしょう。

反対にロングで攻めるなら、1時間足-2σを越えるまで待つべきです。このラインを越えれば平均線に向かって戻るチカラが働く可能性が見えてきますので、15分足+1σを損切りのラインにして116円を目標に攻めて行くといいでしょう。

★ご注意
ご提供する配信データはあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


7月25日のユーロ円

daily0725.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます。)

まずは日足チャートからの分析です。

先週金曜日のユーロ円は下落しましたが、あまり大きな値動きではありませんでした。

今はボリンジャーバンドが水平なので、特に上昇・下降の勢いが出ていないことが読み取れます。

今月の15日と21日の高値が一致していることから、その高値に抵抗があることが考えられます。

また、21日は116円のラインにほぼ一致した所で安値を付けていますので、このラインがサポートしていることが読み取れます。先週金曜日はそのどちらのラインも抜けることが出来なかったので、大きな値動きには繋がりませんでした。

今日の市場が始まってから上昇していますが、これから日足+1σを越えれば、抵抗値である21日の高値まで伸びて行く可能性が見えてくるでしょう。

それでは、1時間足チャートを見ていきましょう。

hourly0725.jpg

前日営業日の展開は、

前半 レンジ
中盤 下降
後半 下降

の流れとなりました。

前回の解説の後、黄色い下降トレンドラインCを越えましたが、ボリンジャーバンドが収束して行き、水平となり、上昇する勢いが生まれなかったので、ロングでポジションを持った場合は損切りが重要でした。

今日の市場が始まってから上昇していますが、まだボリンジャーバンドが水平で、上昇する勢いが出ていないため、やはりロングで攻める場合は、日足+1σを越えた場合にエントリーして、15分足+1σを損切りのラインにして21日の高値を目標に攻めて行くといいでしょう。

反対にショートで攻めるなら、やはり116円のラインを下抜けしたときにエントリーして、日足平均線を目標に攻めて行くといいでしょう。

★ご注意
ご提供する配信データはあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。



7月22日のユーロ円

daily0722.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます。)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は下落しました。昨日のロウソク足を見ると、先週金曜日と同じ所で高値を付けていますので、やはりこの高値が抵抗になっていることがわかります。ここで抵抗を受けて下落に転じ、日足+1σを下抜けして116円にほぼ一致した所まで下がりました。

昨日のロウソク足には下ヒゲも出ているので、116円のラインがサポートなっていることがわかります。今はボリンジャーバンドが水平なので、上昇・下降どちらの勢いも出ていません。これから昨日の高値を越えることが出来れば上昇する勢いが生まれ、灰色の下降トレンドラインaまで伸びて行く可能性が見えてくるでしょう。

それでは、1時間足チャートを見ていきましょう。

hourly0722.jpg


前日営業日の展開は、

前半 レンジ
中盤 下降
後半 下降

の流れとなりました。

昨日は先週金曜日の高値で押し返されたので、やはり前回の解説の後、ロングで攻めるべきではありませんでした。また、私が指摘したように日足+1σを下抜けしてからショートで攻めて行っても利益を出すことが出来たと思います。

今はボリンジャーバンドが下を向いていて拡散していますので、売り目線です。これからショートで攻めるなら、やはり116円のラインを下回ったときにエントリーして、15分足-1σを損切りのラインにして日足平均線を目標に攻めて行くといいでしょう。

反対にロングで攻めるなら、新たに生まれた黄色い下降トレンドラインCを越えるまで待つべきです。このラインを越えれば上昇に転じる可能性が見えてきますので、15分足+1σを損切りのラインにして日足+1σを目標に攻めて行くといいでしょう。

★ご注意
ご提供する配信データはあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


7月21日のユーロ円

daily0721.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます。)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は上昇しました。昨日のロウソク足を見ると、日足+1σを僅かに上回る所で高値を付けていますので、やはり日足+1σが上値抵抗値であったことが読み取れます。しかし、今日の市場が始まってからこの日足+1σと118円のラインを越えています。

また、先週金曜日のロウソク足に長い上ヒゲが出ていますので、その先に抵抗があることが感じられます。今はその高値まで伸びてきていますので、先週金曜日の高値を越えることが出来ればさらに伸びて行く可能性が見えてくるでしょう。

それでは、1時間足チャートを見ていきましょう。

hourly0721.jpg


前日営業日の展開は、

前半 レンジ
中盤 上昇
後半 上昇

の流れとなりました。

前回の解説のあと、私が指摘した通り1時間足平均線を越えたことによって上昇に転じました。そしてNY時間に117.5円のラインを越えたことによってさらに大きく伸びて行きました。

今も1時間足平均線が上がっていて、ボリンジャーバンドが拡散していますので上昇する勢いは続いています。これからロングで攻めるなら、やはり先週金曜日の高値を越えたときにエントリーして、15分足+1σを損切りのラインにして119円を目標に攻めて行くといいでしょう。

反対にショートで攻めるなら、日足+1σを下抜けするまで待つべきです。このラインを下抜けすれば下落に転じる可能性が見えてきますので、15分足-1σを損切りのラインにして117円を目標に攻めて行くといいでしょう。

★ご注意
ご提供する配信データはあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


7月20日のユーロ円

daily0720.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます。)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は下落しました。昨日のロウソク足を見ると、先週金曜日と同様、日足+1σにほぼ一致した所で高値を付けていることから、やはりこの日足+1σが今の上値抵抗値になっていることが読み取れます。

また、昨日の安値は前日の安値の上にあり、下ヒゲが出て、116.5円でサポートを受けていることから、昨日は下降したものの、下落する勢いは出ていないことがわかります。

今日の市場が始まってから下降していますが、これから116.5円を下回れば116円を目標に、また、117円を越えれば日足+1σを目標に攻めて行くといいでしょう。

それでは、1時間足チャートを見ていきましょう。

hourly0720.jpg


前日営業日の展開は、

前半 レンジ
中盤 レンジ
後半 下降

の流れとなりました。

昨日は赤い上昇トレンドラインBを下抜けしたものの、BBは拡散せず、大きな下落には繋がらなかったので、ショートで攻めた場合は損切りが肝心でした。

今日の市場が始まってから117円のラインからの抵抗を受けて下降しています。これからショートで攻めるなら、やはり116.5円を下回ったときにエントリーして、15分足-1σを損切りのラインにして116円を目標に攻めて行くといいでしょう。

反対にロングで攻めるなら、1時間足平均線を越えるまで待つべきです。このラインを越えれば117円を越えて伸びて行く可能性が見えてきますので、15分足+1σを損切りのラインにして日足+1σを目標に攻めて行くといいでしょう。

★ご注意
ご提供する配信データはあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


7月19日のユーロ円

daily0719.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます。)

まずは日足チャートからの分析です。昨日のユーロ円は上昇しました。昨日のロウソク足を見ると、陽線となっていてヒゲが上下共にほとんど出ていないため、上昇の勢いが強かったことが読み取れます。

つまり先週の木曜日と金曜日に上からの圧力を受けたけれども、再び上昇する勢いが出てきたことが考えられます。

今は日足+1σが上値抵抗値です。このラインを越えることが出来ればさらに上昇して行く可能性が見えてくるでしょう。

それでは、1時間足チャートを見ていきましょう。

hourly0719.jpg

前日営業日の展開は、

前半 レンジ
中盤 レンジ
後半 上昇

の流れとなりました。

今日の市場が始まってから1時間足+1σを下抜けしていますので上昇の勢いは弱まっています。これからロングで攻めるなら、やはり日足+1σのラインを越えた時にエントリーして、15分足+1σを損切りのラインにして119円を目標に攻めて行くといいでしょう。

反対にショートで攻めるなら、新たに生まれた赤い上昇トレンドラインBを下抜けするまで待つべきです。今はこのラインが有効になっていますので、このラインを下抜けすればさらに下降する勢いが生まれる可能性が見えてきますので、15分足-1σを損切りのラインにして日足平均線を目標に攻めて行くといいでしょう。


★ご注意
ご提供する配信データはあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。



7月18日のユーロ円

daily0718.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます。)

まずは日足チャートからの分析です。

先週金曜日のユーロ円は下落しました。先週の月曜日から上昇を続けていましたが、木曜日に上ヒゲ陽線が出て、金曜日に上ヒゲ陰線となったことで、上昇する勢いが弱まり、下降に転じやすくなったことが読み取れます。

また、先週金曜日は先日の高値である118円のラインを僅かに上回ったものの、日足+1σにほぼ一致した所で高値を付けているため、上昇に対する抵抗が強いと考えられます。

そして、先週の木曜日と金曜日は共に日足平均線で安値を付けていることから、この日足平均線がサポートとなっていることが考えられます。

つまり、今の上値抵抗値は日足+1σで、下値抵抗値が日足平均線と考えられます。

それでは、1時間足チャートを見ていきましょう。

hourly0718.jpg


前日営業日の展開は、

前半 上昇
中盤 下降
後半 下降

の流れとなりました。

先週金曜日は私が指摘した通り青い上昇トレンドラインbを下抜けしたことによってさらに下降しました。

そして先週金曜日の安値を付けてから117円付近まで値戻りをしていますが、今も1時間足平均線の下にいますので、上昇・下降のどちらの勢いも出ていません。

これからロングで攻めるなら、新たに生まれた黄色い下降トレンドラインCを越えるまで待つべきです。このラインを越えればさらに上昇して行く可能性が見えてきますので、15分足+1σを損切りのラインにして日足+1σを目標に攻めて行くといいでしょう。

反対にショートで攻めるなら、116.5円のラインを下抜けするまで待つべきです。このラインを下抜けすればさらに下落して行く可能性が出てきますので、日足平均線を目標に攻めて行くといいでしょう。

★ご注意
ご提供する配信データはあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


7月15日のユーロ円

daily0715.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます。)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は上昇しました。今週は上昇が続いています。しかし、昨日のロウソク足は上ヒゲ陽線となったことから、上昇の勢いが少し弱まっていることが読み取れます。そして昨日は118円にぴったりと一致した所で高値を付けていることから、この118円のラインに抵抗があることが読み取れます。このラインを越えれば、日足+1σを越えて伸びて行く可能性が見えてくるでしょう。

それでは、1時間足チャートを見ていきましょう。

hourly0715.jpg


前日営業日の展開は、

前半 上昇
中盤 上昇
後半 下降

の流れとなりました。

昨日はまさに私が指摘した通り黄色い下降トレンドラインCを越えたことによって大きく伸びて行きました。

そして昨日の高値を付けてから下落に転じましたが、今日の市場が始まってから再び上昇しています。

ただ、今はボリンジャーバンドが収束してきているので、まだ上昇・下降のサインは出ていません。これからロングで攻めるなら、やはり昨日の高値を越えるまで待つべきです。このラインを越えれば新たに生まれた青い上昇トレンドラインbがより有効になると思いますので、15分足+1σを損切りのラインにして119円を目標に攻めて行くといいでしょう。

反対にショートで攻めるなら、青い上昇トレンドラインbを下抜けするまで待つべきです。このラインを下抜けすればさらに下落して行く可能性が見えてきますので、赤い上昇トレンドラインBを目標に攻めて行くといいでしょう。

★ご注意
ご提供する配信データはあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


7月14日のユーロ円

daily0714.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます。)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は上昇しました。昨日のロウソク足は下ヒゲ陽線となっていて、115円のラインにほぼ一致する所で安値を付けていますので、この115円のラインからのサポートを受けていることが読み取れます。下からの圧力を受けていることを表していますので、これからさらに上昇して行く可能性を示唆しています。今の上値抵抗値は一昨日の高値である116.5円のラインですが、このラインを越えれば上昇する勢いが生まれてくるでしょう。

また、これから下降に転じるにはまず今サポートを受けている115円のラインを下回ることが必要です。

それでは、1時間足チャートを見ていきましょう。

hourly0714.jpg


前日営業日の展開は、

前半 下降
中盤 上昇
後半 レンジ

の流れとなりました。

ロウソク足は前日の21時から現在まで1時間足-1σ~+1σの間で値動きをしていて、今はBBが収束していて水平となっていますので、上昇・下降の気配はまだ見えていません。

これからロングで攻めるなら、新たに生まれた黄色い下降トレンドラインCを越えるまで待つべきです。このラインを越えれば一昨日の高値を越えてさらに上昇して行く可能性が見えてきますので、15分足+1σを損切りのラインにして117円を目標に攻めて行くといいでしょう。

反対にショートで攻めるなら、赤い上昇トレンドラインBを下抜けしたときにエントリーして、まずは115円のラインを目標に攻めて行くといいでしょう。

★ご注意
ご提供する配信データはあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


7月13日のユーロ円

daily0713.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます。)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は前日に続いて大きく上昇して行きました。やはり先週末米雇用統計を受けてリスク懸念が後退したことと、参議院で与党が勝利したことで円安の動きが続いています。

昨日は116.5円のラインにピッタリと一致した所で高値を付けていますので、このラインに抵抗があることが読み取れます。

今日の市場が始まってから下降していますが、これから下降して行く材料が特に見当たらないので、まだ円安の流れが続くと見ています。これから昨日の高値を越えることが出来れば、さらに伸びて行く可能性が見えてきますので、ロングで攻めて行くチャンスが出てくるでしょう。

また、下降に転じるには115円のラインを下回る必要があると思います。

それでは、1時間足チャートを見ていきましょう。

hourly0713.jpg


前日営業日の展開は、

前半 上昇
中盤 上昇
後半 上昇

の流れとなりました。

今は青い上昇トレンドラインBを下抜けしていますので、上昇する勢いは弱まっています。

しかし、今は1時間足平均線を下回ったばかりなので、まだショートで攻めるべきではありません。これからショートで攻めるなら、やはり115円のラインを下回ったときにエントリーして、損切り設定をしながら、1時間足-1σを目標に攻めて行くといいでしょう。

また、ロングで攻めるなら、やはり昨日の高値を越えた時にエントリーして、15分足+1σを損切りのラインにして追いかけて行くといいでしょう。

★ご注意
ご提供する配信データはあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


7月12日のユーロ円

daily0712.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます。)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は一気に上昇して行きました。その理由は先週末米雇用統計を受けてリスク懸念が後退し、円安が加速したためです。これによって先週の下降の動きから上昇に転じ、日足-1σを越えることが出来ました。この円安の流れがどこまで続くかわかりませんが、今は114円のラインで揉み合っていますので、とりあえずはこのラインを越えるかどうかが今後伸びて行くカギになっています。このラインを越えれば115円のラインあるいは日足平均線まで追いかけて行くチャンスが見えてくるでしょう。

それでは、1時間足チャートを見ていきましょう。

hourly0712.jpg


前日営業日の展開は、

前半 上昇
中盤 上昇
後半 上昇

の流れとなりました。

昨日は午後になったのをきっかけに上昇しましたが、私がお勧めしたように黄色い下降トレンドラインCを上抜けしてからロングで攻めて行っても充分利益を出すことが出来たと思います。

今も1時間足平均線が上を向いていますので、上昇の流れが続いています。今日の市場が始まってから一度1時間足+1σを下回りましたが、再びこの上に戻っていますので上昇の勢いは残っています。このままロングで追いかけて行くなら、やはり114円のラインを越えたときにエントリーして、115円を目標に攻めて行くといいでしょう。

反対にショートで攻めるなら、新たに生まれた青い上昇トレンドラインBを下抜けするまで待つべきです。このラインを下抜けすれば一時的に下落する可能性が見えてきますので、15分足-1σを損切りのラインにして日足-1σを目標に攻めて行くといいでしょう。

★ご注意
ご提供する配信データはあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


7月11日のユーロ円

daily0711.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます。)

まずは日足チャートからの分析です。

先週金曜日のユーロ円は下落しました。6日は日足-2σからのサポートを受けて値戻りをしましたが、7日には5日の安値を下回り、さらに8日に7日の安値を下回っていますので、下降する勢いが出てきたことが感じられます。

ただし、未だに111円のラインを下抜けすることが出来ないため、このラインに下値抵抗があることが読み取れます。このラインを下抜けすればさらに下落する可能性が見えてくるので、ショートで追いかけて行くチャンスが見えてくるでしょう。

それでは、1時間足チャートを見ていきましょう。

hourly0711.jpg


前日営業日の展開は、

前半 下降
中盤 下降
後半 レンジ

の流れとなりました。

今は1時間足平均線で揉み合っていて、ボリンジャーバンドが拡散していないため、上昇・下降のどちらの勢いもありません。これからショートで攻めるなら、やはり111円のラインを下抜けした場合にエントリーして、15分足-1σを損切りのラインにして110円を目標に攻めて行くといいでしょう。

反対にロングで攻めるなら、黄色い下降トレンドラインCを上抜けするまで待つべきです。このラインを越えれば上昇に転じる可能性が見えてきますので、15分足+1σを損切りのラインにして112円を目標に攻めて行くといいでしょう。

★ご注意
ご提供する配信データはあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。

7月8日のユーロ円

daily0707_20160708113052f21.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます。)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は下落しました。しかし、前日の安値を下回ることが無かったので、まだ下降の勢いが生まれたわけではなく、様子見の展開だったことがわかります。

今はボリンジャーバンドが下を向いていて、ロウソク足が日足-1σの下にいることから、基本的にショート中心に攻めて行く流れです。また、一昨日のロウソク足に長い下ヒゲが出ていて日足-2σにピッタリと一致した所で安値を付けていることから、日足-2σがサポートしていることが読み取れます。これからショートで攻めるなら日足-2σを目標に、また、逆張りロングを狙うなら113円を目標にするといいでしょう。

それでは、1時間足チャートを見ていきましょう。

hourly0708.jpg


前日営業日の展開は、

前半 上昇
中盤 下降
後半 下降

の流れとなりました。

今は1時間足平均線を下回っているところですが、ボリンジャーバンドが水平になりつつあるので、下降の勢いはまだ出ていません。これからショートで攻めるなら昨日の安値を下抜けするまで待つべきです。このラインを下抜けすれば下降の勢いが生まれた111円のラインを下抜けして行く可能性が見えてきますので、15分足-1σを損切りのラインにして日足-2σを目標に攻めて行くといいでしょう。

反対にロングで攻めるなら、112円のラインを越えるまで待つべきです。このラインを越えれば上昇に転じ、黄色い下降トレンドラインCを上抜けして伸びて行く可能性が見えてきますので、15分足+1σを損切りのラインにして113円を目標に攻めて行くといいでしょう。

★ご注意
ご提供する配信データはあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


7月7日のユーロ円

daily0707.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます。)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は下落しました。しかし、昨日のロウソク足を見ると、長い下ヒゲが出ていますので、下からの強い支持を受けていたことがわかりますので、まだ下落の勢いが出てきたわけではなく市場が様子見の状況だったことが読み取れます。

そして昨日は日足-2σにピッタリと一致した所で安値を付けていますので、昨日ショートで攻めて行った場合は私が指摘した通り日足-2σを目標に攻めて行くべきでした。長い下ヒゲが出るということは、その先に下値抵抗があるということですので、これからショートで攻める場合も日足-2σを決済の目安にするといいと思います。

今は日足ボリンジャーバンドが下を向いていますので、ショート中心に攻めて行く展開です。今日の市場が始まってから下降していますが、これから111.5円のラインを下回ればさらに下落して行く可能性が見えてくるでしょう。

それでは、1時間足チャートを見ていきましょう。

hourly0707.jpg


前日営業日の展開は、

前半 下降
中盤 レンジ
後半 上昇

の流れとなりました。

昨日は15時台に赤い下降トレンドラインbを一旦越えましたが、112円のラインから抵抗を受けたため下落し、その後21時台に再びこの赤い下降トレンドラインbを越えたことによって大きく伸びて行きました。

今はボリンジャーバンドが水平で、1時間足平均線で揉み合っていますので、まだ上昇・下降のサインは見えていません。これからショートで攻めるなら、やはり111.5円のラインを下抜けしたときにエントリーして、15分足-1σを損切りのラインにしてまずは日足-2σを目標に攻めて行くといいでしょう。

反対にロングで攻めるなら、新たに生まれた青い下降トレンドラインBを越えるまで待つべきです。このラインを越えれば上昇に転じる可能性が見えてきますので、15分足+1σを損切りのラインにして113円を目標に攻めて行くといいでしょう。

★ご注意
ご提供する配信データはあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


7月6日のユーロ円

daily0706.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます。)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は大きく下落しました。先月24日の急落からの買戻しの流れが一服し、再び下落に転じたということでしょうか。

先週は買戻しの動きで週足-2σまで値戻りしましたが、今週になってまた下落しています。

昨日のロウソク足を見ると、安値が先日の安値を大幅に下回っているため、下落の勢いが出ていることが読み取れます。

今はボリンジャーバンドが下を向いていますので、下降して行く流れになっていることがわかります。また、日足-1σの下にいることによって下降圧力を受けています。今は111.5円のラインより少し下にいますが、このままこのラインを下抜けすればさらに下落を続ける可能性が見えてくるでしょう。

それでは、1時間足チャートを見ていきましょう。

hourly0706.jpg


前日営業日の展開は、

前半 下降
中盤 下降
後半 下降

の流れとなりました。

昨日は私が指摘した通り113.5円のラインを完全に下抜けしたことがきっかけとなって下落し、その後NY時間に112.5円で揉み合いましたが、今日の市場が始まってからこのラインを下抜けしたことにより、下落の勢いが続いています。このままショートで追いかけて行くなら、やはり111.5円のラインを下抜けしたときにエントリーして、15分足-1σを損切りのラインにしてまずは日足-2σを目標に攻めて行くといいでしょう。

反対にロングで攻めるなら、新たに生まれた赤い下降トレンドラインbを越えるまで待つべきです。このラインを越えれば一時的に上昇する可能性が見えてきますので、112.5円を目標に攻めて行くといいでしょう。

★ご注意
ご提供する配信データはあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


7月5日のユーロ円

daily0705.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます。)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は上昇しましたが、NY市場が休場のためかほとんど値動きはありませんでした。

昨日のロウソク足を見ると、114円のラインにピッタリと一致した所で安値を付けていますので、このラインがサポートとなっていたことがわかります。また、114.5円で高値を付けていることから、このラインがレジスタンスであり、つまり114円~114.5円の範囲内で値動きをしたことがわかります。

6月27日から30日の間、高値を更新し続けていたためユーロの買戻しの流れが続いていたことが読み取れますが、7月1日以降、前日の高値を更新していないため、ユーロの買戻しの勢いも落ち着いてきたのだと思います。

今はボリンジャーバンドが下を向いていて、ロウソク足は日足-1σの下にいることによって下降圧力を受けていますので、基本的にショート中心に攻めて行く流れです。

今日の市場が始まってから既に昨日の安値を下回っていますが、これから113.5円のラインを下回れば、さらに下落して行く可能性が見えてくるでしょう。

それでは、1時間足チャートを見ていきましょう。

hourly0705.jpg


前日営業日の展開は、

前半 上昇
中盤 上昇
後半 上昇

の流れとなりました。

昨日は一日を通してボリンジャーバンドの幅が狭く、大きな値動きの兆候は見られなかったので、利益を出しにくい展開になりました。

今日の市場が始まってから大きく下落し、今は昨日の安値である114円のラインを下回っていますが、まだショートで攻めるべきではありません。これからショートで攻めるなら、やはり113.5円のラインを下回った場合にエントリーして、15分足-1σを損切りのラインにして113円を目標に攻めて行くといいでしょう。

反対にロングで攻めるなら、新たに生まれた黄色い下降トレンドラインCを越えるまで待つべきです。このラインを越えれば上昇に転じる可能性が見えてきますので、15分足+1σを損切りのラインにして先週金曜日の高値を目標に攻めて行くといいでしょう。

★ご注意
ご提供する配信データはあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


7月4日のユーロ円

daily0704.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます。)

まずは日足チャートからの分析です。

先週金曜日のユーロ円は下降しました。

先週金曜日のロウソク足を見ると、高値が前日の高値を上回っていないため、24日の急落からの買戻しによる上昇の勢いが落ちていることが読み取れます。また、下ヒゲが出ていることから下から支持を受けて値戻りをしたことが読み取れますので、まだこれから下落に転じて行くというサインではありません。

今は日足-1σの下にいることによって下降圧力を受けていますので、基本的にショート中心に攻めて行く流れです。また、すでに週足-2σまで値戻りをしましたので、これから下落を続ける可能性があります。今日はNY市場が休場なのでそれほど大きな変化は期待できませんが、先週金曜日の安値を下回れば、113円まで下降して行く可能性が見えてくるでしょう。

それでは、1時間足チャートを見ていきましょう。

hourly0704.jpg


前日営業日の展開は、

前半 下降
中盤 上昇
後半 下降

の流れとなりました。

昨日のNY市場から今の時間まで1時間足-1σ~+1σの間で値動きをしていて、ボリンジャーバンドが収束してきていますので、値動きの勢いは弱まっています。

これからロングで攻めるなら、青い下降トレンドラインbを越えるまで待つべきです。このラインを越えればさらに上昇して行く可能性が見えてきますので、15分足+1σを損切りのラインにして先週金曜日の高値を目標に攻めて行くといいでしょう。

反対にショートで攻めるなら、114円のラインを下抜けするまで待つべきです。昨日のNY市場からこのラインが下支えになっていますので、このラインを下抜けした場合にエントリーして、15分足-1σを損切りのラインにして先週金曜日の安値を目標に攻めて行くといいでしょう。

★ご注意
ご提供する配信データはあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


7月1日のユーロ円

daily0701.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます。)

まずは日足チャートからの分析です。

ユーロ円は昨日も上昇しました。今も英国民投票の結果による急落からの買戻しの動きが続いていると考えられます。

昨日も書きましたが、トレンドラインとしての役割を持つ日足平均線が右肩下がりになり、ボリンジャーバンドが拡散していることから、大きな流れで考えると下降傾向が続いていますが、今の状態では週足-2σを大きく下回っているため、バンドからはみ出るとバンド内に戻るチカラが働き、下降傾向にあっても上昇して行くということがあります。このため、週足-2σに達するまでは上昇して行く可能性があります。

昨日のロウソク足を見ると、一昨日と同様、長い下ヒゲが伸びていますので、下から上に向かって圧力が出ていることが感じ取れます。

今日のロウソク足は今のところ陰線となっていますが、昨日の高値を越えれば115円のラインを越えて日足-1σまで伸びて行く可能性が見えてくるでしょう。

それでは、1時間足チャートを見ていきましょう。

hourly0701.jpg


前日営業日の展開は、

前半 下降
中盤 レンジ
後半 上昇

の流れとなりました。

今はボリンジャーバンドの幅が拡がっていますが、水平となっているので方向感のない状態です。今日の市場が始まってから下降していますが、今は1時間足平均線で揉み合っています。

これからロングで攻めるなら、やはり昨日の高値を越えた場合にエントリーして、15分足+1σを損切りのラインにして日足-1σを目標に攻めて行くといいでしょう。

反対にショートで攻めるなら、114円のラインを下抜けするまで待つべきです。このラインを下抜けすればさらに下落して行く可能性が出てきますので、15分足-1σを損切りのラインにして昨日の安値を目標に攻めて行くといいでしょう。

★ご注意
ご提供する配信データはあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。

応援クリックお願いします
 にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
総合FX口座ランキング
1位 ヒロセ通商
2位 外為オンライン
3位 JFX
4位 YJFX
5位 みんなのFX
プロフィール

Author:トウケンFX
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
投研ツィッター