1月31日のユーロ円

daily0131.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます。)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は下落しました。やはり、黒い下降トレンドラインAからの抵抗を受けて下落に転じました。昨日の解説の後、日足平均線を下抜けし、日足-1σをやや下回ったところで安値を付けたので、ショートで追いかけていった場合はいつ上昇に転じても損失を出さないように損切が重要でした。

今も再び日足-1σ付近まで下がってきて来ますが、このまま日足-1σを下抜けすれば、日足-2σまで下落する可能性が見えてくるでしょう。

それでは、1時間足チャートを見ていきましょう。

hourly0131.jpg


前日営業日の展開は、

前半 下降
中盤 下降
後半 下降

の流れとなりました。

今も1時間足平均線が下に向かっていて、ロウソク足は1時間足-1σ付近にいますので、これからまた下がる可能性が見えています。これからショートで攻めるなら、やはり日足-1σを下抜けしたときにエントリーして、日足-2σを目標に攻めて行くといいでしょう。

ロングで攻めるなら、1時間足平均線を越えるまで待つべきです。このラインを越えれば日足-1σ~日足平均線の間で持ち合いの値動きになる可能性が見えてきますので、日足平均線を目標に攻めて行くといいでしょう。

★ご注意
ご提供する配信データはあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


1月30日のユーロ円

daily0130.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます。)

まずは日足チャートからの分析です。

先週金曜日のユーロ円は上昇しました。

そして、私が指摘した通り1月20日に抵抗を受けた日足+1σを越えたことによって、黒い下降トレンドラインAまで伸びて行きました。

今は日足+1σの付近にいますが、これから日足+1σを下抜けすれば、日足平均線まで下がる可能性が見えてくるでしょう。

それでは、1時間足チャートを見ていきましょう。

hourly0130.jpg


前日営業日の展開は、

前半 上昇
中盤 上昇
後半 レンジ

の流れとなりました。

今は1時間足ボリンジャーバンドが収束して水平になろうとしているので、これからレンジ相場になる可能性が見えています。これからロングで攻めるなら、日足+1σを上抜けしたときにエントリーして、1時間足+2σを目標に攻めて行くといいでしょう。

ショートで攻めるなら、1月26日の高値を下回るまで待つべきです。いまはこのラインからのサポートを受けている可能性が考えられるので、このラインを下抜けすれば、日足+1σを完全に下抜けして下がる可能性が見えてきますので、日足平均線を目標に攻めて行くといいでしょう。

★ご注意
ご提供する配信データはあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。

1月27日のユーロ円

daily0127_20170127115507588.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます。)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は上昇しました。その理由は、24日に日足-1σを上抜けして以来、日足-1σ~日足平均線の間でレンジの動きをしていましたが、昨日は日足平均線を上抜けしたことによってさらに伸びて行ったことが考えられます。

ただしこのままロングで追いかけて行くには注意が必要です。これから日足+1σを越えることができれば黒い下降トレンドラインAまで伸びていく可能性が見えて来ますが、日足+1σからの抵抗を受ければ、日足平均線から+1σの間でレンジの動きをする可能性が見えてくるでしょう。

それでは、1時間足チャートを見ていきましょう。

hourly0127_2017012711550897f.jpg


前日営業日の展開は、

前半 上昇
中盤 上昇
後半 レンジ

の流れとなりました。

今は青い下降トレンドラインbを上抜けしていますが、すぐ上に日足+1σがありますので、ロングで攻めるなら、やはり日足+1σを上回ったときにエントリーして、日足チャートの黒い下降トレンドラインAを目標に攻めて行くといいでしょう。

ショートで攻めるなら、日足+1σからの抵抗を受けて1時間足+1σを下抜けするまで待つべきです。そうなった場合に日足平均線~+1σの間でレンジの動きをする可能性が見えてきますので、日足平均線を目標に攻めて行くといいでしょう。

★ご注意
ご提供する配信データはあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。

1月26日のユーロ円

daily0126_20170126134021e12.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます。)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は下落しました。

昨日のロウソク足を見ると、日足-1σからの支持と、日足平均線からの抵抗を受けて、様子見の展開だったことが読み取れます。

また、一昨日も日足平均線付近からの抵抗を受けていますので、このラインの抵抗が強いことが感じられます。これから日足平均線を越えれば、さらに伸びていく可能性が見えてくるでしょう。

また、サポートラインになっている日足-1σを下抜けすれば、23日の安値まで下がる可能性が見えてくるでしょう。

それでは、1時間足チャートを見ていきましょう。

hourly0126_20170126134023882.jpg


前日営業日の展開は、

前半 下降
中盤 レンジ
後半 レンジ

の流れとなりました。

24日に日足-1σを上抜けして以来、日足-1σ~日足平均線の間でレンジの動きをしていますので、上昇・下降のどちらの勢いも出ていません。これからロングで攻めるなら、やはり抵抗値である日足平均線を越えた場合にエントリーして、青い下降トレンドラインbを目標に攻めて行くといいでしょう。

ショートで攻めるなら、新たに生まれた赤い上昇トレンドラインBを下抜けするまで待つべきです。日足-1σを下抜けしてもこの上昇トレンドラインBからサポートを受ける可能性もありますので、このラインを下抜けしたらエントリーして、23日の安値を目標に攻めて行くといいでしょう。

★ご注意
ご提供する配信データはあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


1月25日のユーロ円

daily0125_2017012512004398e.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます。)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は上昇しました。

一昨日に日足-2σ付近で安値を付け、昨日はその日足-2σからのサポートを受けて上昇したと考えられますので、やはり日足ボリンジャーバンドが収束して水平なので、ショート中心に攻めるにはまだ早いことが読み取れます。

今日のロウソク足を見ると、今のところ日足平均線で高値を付けているので、この日足平均線から抵抗を受けていることがわかります。これから日足平均線を越えれば、さらに伸びていく可能性が見えてくるでしょう。

それでは、1時間足チャートを見ていきましょう。

hourly0125_2017012512004458e.jpg


前日営業日の展開は、

前半 上昇
中盤 レンジ
後半 上昇

の流れとなりました。

昨日の解説の後、黄色い下降トレンドラインCを上抜けしたことによって大きく伸びて行きました。

今日の市場が始まってから下落し、今は1時間足平均線の付近に来ています。これからショートで攻めるなら、日足-1σを下抜けするまで待つべきです。今はこのラインがサポートとなっていることが考えられますので、このラインを下抜けしたらエントリーして、日足-2σを目標に攻めて行くといいでしょう。

ロングで攻めるなら、やはり日足平均線を越えた場合にエントリーして、1月20日に抵抗を受けた日足+1σを目標に攻めて行くといいでしょう。

★ご注意
ご提供する配信データはあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。



1月24日のユーロ円

daily0124.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます。)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は下落しました。やはり、先週金曜日に日足+1σからの抵抗を受けたために下落に転じたことが読み取れます。

今は日足ボリンジャーバンドが収束して水平なので、まだ下降傾向には入っていません。

1月9日から下落が続きましたが、1月17日に安値を付けて、下降が止まりましたので、1月17日の安値にサポートがあることが感じられます。これから1月17日の安値を下抜けすれば、日足平均線が下に向かい、より、ショートで攻めやすい流れになると思います。

今日のポイントは昨日の安値で、昨日の安値を下抜けすれば1月17日の安値まで下落する可能性が見えてくるでしょう。

それでは、1時間足チャートを見ていきましょう。

hourly0124.jpg


前日営業日の展開は、

前半 下降
中盤 レンジ
後半 下降

の流れとなりました。

今はロウソク足が1時間足平均線の下にいますので、売り目線です。これからショートで攻めるなら、やはり昨日の安値を下抜けしたときにエントリーして、黄色い下降トレンドラインCを損切りのラインにして、1月17日の安値を目標に攻めて行くといいでしょう。

ロングで攻めるなら、1時間足平均線を上抜けすれば上昇に転じる可能性が見えてきますので、そうなった場合にエントリーして、日足平均線を目標に攻めて行くといいでしょう。

★ご注意
ご提供する配信データはあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


1月23日のユーロ円

daily0123.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます。)

まずは日足チャートからの分析です。

先週金曜日のユーロ円は上昇しましたが、日足+1σぴったりの所で高値を付けましたので、日足+1σからの抵抗を受けたことが読み取れます。

また、今日の市場が始まってから日足平均線を下抜けしましたので、先週金曜日に日足+1σからの抵抗を受け、その後、サポートしていた日足平均線を下抜けしたことによって再び下落に転じようとしていることが考えられます。

これから日足-1σ付近からのサポートを受けて先週金曜日の高値を越えることができればさらに上昇を続ける可能性が見えてきますが、日足-1σを下抜けすれば、さらに下落していく可能性が見えてくるでしょう。

それでは、1時間足チャートを見ていきましょう。

hourly0123.jpg


前日営業日の展開は、

前半 レンジ
中盤 上昇
後半 レンジ

の流れとなりました。

今はロウソク足が1時間足-2σに沿って値動きをしていますので、これからも下落を続ける可能性が残っています。

これからショートで攻めるなら、3本前のロウソク足の安値を下抜けするまで待つべきです。今はその安値がサポートとなっている可能性が考えられ、その安値を下抜けすれば、日足-1σを下抜けする可能性が見えてきますので、まずは121.5円を目標に攻めて行くといいでしょう。

ロングで攻めるなら、日足平均線を越えるまで待つべきです。このラインを越えれば再び持ち合いの状態になる可能性が見えてきますので、1時間足+1σを目標に攻めて行くといいでしょう。

★ご注意
ご提供する配信データはあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


1月20日のユーロ円

daily0120_20170120125618a43.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます。)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は上昇しました。

1月16日と17日のロウソク足は日足-2σに沿って下降していましたが、18日に日足-2σを上抜けしたことによって上昇に転じたことが考えられます。

昨日の上昇によって日足平均線を上抜けしましたが、これから日足平均線からのサポートを受けて日足+1σを上抜けできれば、黒い下降トレンドラインAまで伸びていく可能性が見えてくるでしょう。

それでは、1時間足チャートを見ていきましょう。

hourly0120_201701201256191c6.jpg


前日営業日の展開は、

前半 上昇
中盤 上昇
後半 上昇

の流れとなりました。

昨日は赤い下降トレンドラインBを上抜けしたことによって大きく上昇していきました。

昨日の高値を付けてからは、持ち合いの動きをしています。

これからロングで攻めるなら、昨日の高値を越えるまで待つべきです。この高値を越えれば日足+1σを上抜けして伸びていく可能性が見えてきますので、日足チャートの黒い下降トレンドラインAを目標に攻めて行くといいでしょう。

ショートで攻めるなら、日足平均線を下抜けするまで待つべきです。このラインを下抜けすれば1時間足平均線を下抜けして下落に転じる可能性が見えてきますので、1時間足-2σを目標に攻めて行くといいでしょう。

★ご注意
ご提供する配信データはあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


1月18日のユーロ円

daily0118_201701181430133fb.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます。)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は下落しました。

1月9日から昨日までほぼ陰線が続いていることから、下降の流れになっていることが読み取れます。昨日、一昨日のロウソク足を見ると、いったん日足-2σを上回ったものの、また値戻りをしていることから、日足-2σに関して上値が堅いことが感じられます。

今は日足-2σを上回っていますが、これから日足-2σ付近からの抵抗を受ければショートで攻めるチャンスが見えてくるでしょう。

それでは、1時間足チャートを見ていきましょう。

hourly0118_20170118143014c25.jpg


前日営業日の展開は、

前半 レンジ
中盤 上昇
後半 下降

の流れとなりました。

昨日はいったん日足-2σを上回りましたが、すぐに値戻りをしましたので、これでは日足-2σを上抜けしたとは言えません。

今日の市場が始まってから上昇していますが、また日足-2σを上回ってもすぐに値戻りをする可能性があるのでロングで攻めるには注意が必要です。これからロングで攻めるなら、1時間足+2σを越えた時にエントリーして、赤い下降トレンドラインBを目標に攻めて行くといいでしょう。しかし、再び日足-2σまで値戻りをするなら下落に転じる可能性を考えて損切をすべきでしょう。

ショートで攻めるなら、再び日足-2σを下抜けしたときにエントリーして、昨日の安値を目標に攻めて行くといいでしょう。

★ご注意
ご提供する配信データはあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


1月17日のユーロ円

daily0117.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます。)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は下落しました。ただし、121円のラインで終値を付けているので、やはりこの121円について下値が堅いのではないかと思います。

今日の市場が始まってからは上昇に転じ、今は日足-2σに一致したところまで値戻りをしています。これから日足-2σを上抜けできれば、日足バンド内に戻るチカラが働き、さらに上昇する可能性が見えてきますが、昨日の安値を下回れば121円のラインを下抜けしてさらに下落していく可能性が出てくるでしょう。

それでは、1時間足チャートを見ていきましょう。

hourly0117.jpg


前日営業日の展開は、

前半 下降
中盤 レンジ
後半 レンジ

の流れとなりました。

今は1時間足ボリンジャーバンドが収束して水平なので、上昇・下降のサインは見えていません。これからロングで攻めるなら、やはり日足-2σを上抜けしたときにエントリーして、新たに生まれた赤い下降トレンドラインBを目標に攻めて行くといいでしょう。

ショートで攻めるなら、昨日の安値を下抜けしたときにエントリーして、120円を目標に攻めて行くといいでしょう。

★ご注意
ご提供する配信データはあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


1月16日のユーロ円

daily0116.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます。)

まずは日足チャートからの分析です。

先週金曜日のユーロ円は上昇しましたが、ロウソク足を見ると、実体部分が短く、上ヒゲが伸びているため、上からの圧力を受けて値戻りをしたことが読み取れます。

また、先週金曜日は日足-2σからのサポートを受けましたが、今日の市場が始まってから日足-2σを下抜けしましたので、下降する勢いが出てきたことがわかります。

12月8日と9日には、121円付近で安値を付けているため、121円がサポートラインになっているのではないかと考えています。これから121円を下抜けすれば、ショートで攻めるチャンスが見えてくるでしょう。

それでは、1時間足チャートを見ていきましょう。

hourly0116.jpg


前日営業日の展開は、

前半 上昇
中盤 上昇
後半 下降

の流れとなりました。

前回の解説の後、まさに黄色い上昇トレンドラインCを下抜けしたことによって下落していきました。

今はロウソク足が1時間足-2σに沿って値動きをしていますので、下降が続いていると考えています。このままショートで攻めるなら、やはり121円のラインを下抜けしたときにエントリーして、120.5円を目標に攻めて行くといいでしょう。

ロングで攻めるなら、日足-2σを上回るまで待つべきです。このラインを上回れば、日足バンド内に戻るチカラが働くと考えて、日足+1σを目標に攻めて行くといいでしょう。

★ご注意
ご提供する配信データはあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


1月13日のユーロ円

daily0113_20170113115730ab0.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます。)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は下落しました。

昨日のロウソク足を見ると、前日と同じところで安値を付け、下ヒゲが伸びていますので、昨日の安値がサポートラインになっている可能性が考えられます。

今日の市場が始まってから上昇し、今は日足-1σの付近にいます。これから日足-1σできればさらに伸びていく可能性が見えてきますが、日足-2σを下回れば、再び昨日の安値まで下がる可能性が出てくるでしょう。

それでは、1時間足チャートを見ていきましょう。

hourly0113_2017011311573141b.jpg

前日営業日の展開は、

前半 下降
中盤 上昇
後半 レンジ

の流れとなりました。

今は日足-1σに上値トライをしているところなので、まだロングで攻めるべきではありません。ロングで攻めるなら、やはり日足-1σを越えたときにエントリーして、日足平均線を目標に攻めて行くといいでしょう。

ショートで攻めるなら、新たに生まれた黄色い上昇トレンドラインCを下抜けするまで待つべきです。このラインを下抜けすれば日足-2σを下抜けしてさらに下がる可能性が見えてきますので、昨日の安値を目標に攻めて行くといいでしょう。

★ご注意
ご提供する配信データはあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。

1月12日のユーロ円

daily0112_20170112120026027.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます。)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は下落しました。昨日、一昨日と、前日の安値を更新しているので、加工する勢いが出てくる気配が感じられます。

ただ、昨日はサポートラインである12月19日の安値を下回ってから値戻りをしましたので、この12月19日の安値については未だに下値が堅いのではないかと思います。

今の価格はそのサポートラインの付近にいますが、これからサポートラインを下抜けしても昨日のように値戻りをする可能性もあるので、ショートで攻めるなら、損切が重要となってくるでしょう。

それでは、1時間足チャートを見ていきましょう。

hourly0112_20170112120028bb9.jpg


前日営業日の展開は、

前半 上昇
中盤 下降
後半 下降

の流れとなりました。

今は1時間足平均線が下がってきていて、ロウソク足が1時間足-1σの下で推移しているので、これから下降を続ける可能性がありますが、12月19日の安値を下抜けするかがカギになっています。これからショートで攻めるなら、12月19日の安値を下抜けした場合にエントリーして、1時間足-1σを損切のラインにして121円を目標に攻めて行くといいでしょう。

ロングで攻めるなら、1時間足平均線を越えるまで待つべきです。このラインを越えれば上昇に転じる可能性が見えてきますので、日足平均線を目標に攻めて行くといいでしょう。

★ご注意
ご提供する配信データはあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


1月11日のユーロ円

daily0111_201701111141589db.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます。)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は下落しましたが、灰色の上昇トレンドラインaをわずかに下回っただけなので、大きな下落には繋がりませんでした。

今は日足ボリンジャーバンドが収束して水平なので、持ち合いの状態が続いています。昨日のロウソク足を見ると、上ヒゲが出ているので、その高値に抵抗がある可能性も考えられます。その高値を越えることができれば、黒い下降トレンドラインAまでロングで攻めていける可能性が見えてくるでしょう。

それでは、1時間足チャートを見ていきましょう。

hourly0111_20170111114200609.jpg


前日営業日の展開は、

前半 レンジ
中盤 レンジ
後半 下降

の流れとなりました。

今の価格は1時間足平均線付近にいますので、加工する勢いが衰え、上昇に転じるかどうかといったところです。

昨日の東京市場からの動きを見ると、昨日の高値から何度も抵抗を受けているので、これから1時間足平均線を上抜けしても、また昨日の高値からの抵抗を受ける可能性が考えられます。これからロングで攻めるなら、昨日の高値を越えた場合にエントリーして、日足チャートの黒い下降トレンドラインAを目標に攻めて行くといいでしょう。

ショートで攻めるなら、日足-1σを下抜けした場合にエントリーして、12月19日の安値を目標に攻めて行くといいでしょう。

★ご注意
ご提供する配信データはあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。

1月10日のユーロ円

daily0110.jpg
チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます。)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は下落しました。昨日のロウソク足を見ると、黒い下降トレンドラインAにピッタリと一致したところで高値を付けていますので、やはりこの下降トレンドラインに抵抗があることが読み取れます。

今は日足ボリンジャーバンドが収束して水平なので、相場が様子見の状態になっていることがうかがえます。12月16日の高値と12月19日の安値のどちらかを抜けるまでは、この持ち合いの状態が続くと見ています。

それでは、1時間足チャートを見ていきましょう。

hourly0110.jpg


前日営業日の展開は、

前半 上昇
中盤 下降
後半 レンジ

の流れとなりました。

今は1時間足平均線が下に向かっていて、1時間足ロウソク足が1時間足平均線より下にいますので売り目線ですが、まだショートで攻めるべきではありません。新たに生まれた上昇トレンドラインaからサポートを受ける可能性もありますので、このラインを下抜けしたときにエントリーして、12月19日の安値を目標に攻めて行くといいでしょう。

ロングで攻めるなら、1月4日の高値を越えるまで待つべきです。このラインから抵抗を受ける可能性が考えられますので、このラインを越えた場合にエントリーして、日足チャートの黒い下降トレンドラインAを目標に攻めて行くといいでしょう。

★ご注意
ご提供する配信データはあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。

1月9日のユーロ円

daily0109.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます。)

まずは日足チャートからの分析です。

先週金曜日のユーロ円は上昇しました。

先週金曜日に日足+1σを上抜けし、今日のロウソク足が日足+1σの上にいますが、今は日足ボリンジャーバンドが収束して水平なので、上昇傾向にはなっていません。去年の12月16日頃から、ほぼ12月16日の高値と12月19日の安値の間で持ち合いの状態になっています。

これから、新たに生まれた黒い下降トレンドラインAを上抜けすればさらに伸びていく可能性が見えてくるでしょう。

それでは、1時間足チャートを見ていきましょう。

hourly0109.jpg


前日営業日の展開は、

前半 上昇
中盤 レンジ
後半 上昇

の流れとなりました。

今も1時間足ロウソク足が1時間足+1σの上にいますので、上昇を維持しています。これからロングで攻めるなら、新たに生まれた赤い上昇トレンドラインBからサポートを受けて日足チャートの黒い下降トレンドラインAを上抜けしたときにエントリーして、124円を目標に攻めて行くといいでしょう。

ショートで攻めるなら、1月4日の高値を下抜けするまで待つべきです。今はこの高値がサポートラインになっている可能性が考えられますので、この高値を下抜けしたときにエントリーして、122.5円を目標に攻めて行くといいでしょう。

★ご注意
ご提供する配信データはあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


1月6日のユーロ円

daily0106_20170106112938d2b.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます。)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は下落しましたが、122円ピッタリの所で安値を付けたので、大きな下落には繋がらなかったことが読み取れます。やはり、年明けで値動きが不安定なことがうかがえます。このような時期は無理にトレードをするのは控えるか、エントリーしても損失を出さないように損切りを徹底することが重要です。

昨日は一昨日と同じところで高値を付けていますので、昨日の高値に抵抗があることが考えられます。今日の市場が始まってから122円のラインからのサポートを受けて上昇していますが、これからロングで攻めるなら昨日の高値を越えるのを待ってからの方がいいでしょう。

それでは、1時間足チャートを見ていきましょう。

hourly0106_201701061129408e3.jpg


前日営業日の展開は、

前半 下降
中盤 レンジ
後半 レンジ

の流れとなりました。

今は1時間足ボリンジャーバンドが収束して水平なので、1時間足+2σから抵抗を受けて下落に転じる可能性が考えられます。これからロングで攻めるなら、やはり昨日の高値を越えてからエントリーして、日足+2σを目標に攻めて行くといいでしょう。

ショートで攻めるなら、新たに生まれた黄色い上昇トレンドラインCを下抜けするまで待つべきです。このラインを下抜けすればある程度下落する可能性が見えてきますので、122円を目標に攻めて行くといいでしょう。

★ご注意
ご提供する配信データはあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


1月5日のユーロ円

daily0105_20170105113145509.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます。)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は上昇しましたが、大きな値動きにはなりませんでした。やはりとしが明けたばかりで、日足ボリンジャーバンドも収束していますので、値動きの勢いが出ていないことがうかがえます。

昨日のロウソク足を見ると、いったん日足+1σをわずかに上回ったものの、結局日足+1σに一致したところで終値を付けていることから日足+1σについて上値が重く感じられます。また、今は日足平均線がサポートとなっていますので、このようなときはトレードをするのは控えるか、トレードをする場合は日足+1σあるいは日足平均線のどちらかを抜けるかがポイントとなり、損切を徹底して損失を出さないことが重要です。

それでは、1時間足チャートを見ていきましょう。

hourly0105_201701051131470a4.jpg


前日営業日の展開は、

前半 上昇
中盤 下降
後半 上昇

の流れとなりました。

今は1時間足ロウソク足は1時間足-1σの下にいますが、1時間足ボリンジャーバンドが拡がっていないので下降の勢いが出ていません。これからショートで攻めるなら、やはり日足平均線を下抜けするまで待つべきです。このラインを下抜けすればさらに下落する可能性が見えてきますので、12月19日の安値を目標に攻めて行くといいでしょう。

ロングで攻めるなら、1時間足-2σからサポートを受けて1時間足平均線を上抜けすれば持ち合いの状態になる可能性が見えてきますので、1時間足平均線を上抜けしたときにエントリーして、日足+1σを目標に攻めて行くといいでしょう。

★ご注意
ご提供する配信データはあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。

1月4日のユーロ円

daily0104_20170104114303bbc.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます。)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は下落しました。

今は日足ボリンジャーバンドが収束していますので、年末年始ということで値動きが控えめになっていることが読み取れます。

昨日は日足平均線で安値を付けていますので、日足平均線がサポートラインになっている可能性が考えられます。つまりこれから日足平均線を下抜けすれば、さらにその下にあるサポートラインの12月19日の安値まで下がる可能性が出てくるでしょう。

また、12月30日から1月3日までのロウソク足を見ると、徐々に高値が下がっているため、1時間足チャートで下降トレンドラインができている可能性が考えられます。その下降トレンドラインを利用すれば、ロングで攻めるチャンスが見えてくるでしょう。

それでは、1時間足チャートを見ていきましょう。

hourly0104_20170104114305600.jpg


前日営業日の展開は、

前半 上昇
中盤 下降
後半 下降

の流れとなりました。

今日の市場が始まってから上昇していますが、今は1時間足ボリンジャーバンドが拡がっていないので、上昇の勢いが出ていません。これからロングで攻めるなら、新たに生まれた赤い下降トレンドラインBを越えるまで待つべきです。このラインを越えれば日足+1σを上抜けしてさらに伸びて行く可能性が見えてきますので、日足+2σを目標に攻めて行くといいでしょう。

ショートで攻めるなら、やはり日足平均線をした抜けした場合にエントリーして、12月19日の安値を目標に攻めて行くといいでしょう。

★ご注意
ご提供する配信データはあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


応援クリックお願いします
 にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
総合FX口座ランキング
1位 ヒロセ通商
2位 外為オンライン
3位 JFX
4位 YJFX
5位 みんなのFX
プロフィール

トウケンFX

Author:トウケンFX
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
投研ツィッター