11月20日のユーロ円

daily1120.jpg

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます。)

まずは日足チャートからの分析です。

昨日のユーロ円は一時的に132円のラインを上回りましたが、上昇は続かず、今週月曜日の高値と一致したところで高値を付けました。長い上ヒゲが出ていることから、昨日の高値つまり月曜日の高値が上値抵抗値になっていることが読み取れます。

また、昨日のロウソク足を見ると、上下に長いヒゲが出ていますので、上からも下からも押し返されて、不安定な値動きをしていたことがわかります。

気になるのは、日足ボリンジャーバンドの4本のラインのうち、日足-2σが下を向かなくなってきたことです。これは、これまでより下降する勢いが弱くなってきたことを表しています。

今日のロウソク足を見ると、下ヒゲが出ていてその先が日足-1σに一致していることから、この日足-1σに支えられていることが読み取れます。これから日足-1σを下回ればさらに下降する可能性が高くなりますが、昨日の高値を越えることが出来れば日足平均線まで上昇する可能性が出てくるでしょう。

それでは、1時間足チャートを見ていきましょう。

hourly1120.jpg


前日営業日の展開は、

前半 上昇
中盤 レンジ
後半 レンジ

の流れとなりました。

昨日は東京時間に大きく上昇し、132円のラインを越えましたが、赤い下降トレンドラインBを僅かに上回る所で高値を付けてからすぐに下落に転じましたので、まだ、このトレンドラインを上抜けしたわけではありません。

また、下落に転じてからも緑色の上昇トレンドラインDを下回ることはなかったので、この緑色の上昇トレンドラインDも有効となっています。
今は1時間足平均線の下にいますので、どちらかというと売り目線です。これからショートで攻めるなら緑色の上昇トレンドラインDを下抜けするまで待つべきです。このラインを下抜けすれば日足-1σを下抜けしてさらに下落して行く可能性が見えてきますので、15分足-1σを損切りのラインにして一昨日の安値を目標に攻めて行くといいでしょう。

反対にロングで攻めるなら、1時間足+1σを越えるまで待つべきです。このラインを越えれば再び大きく上昇する可能性が出てきますので、15分足+1σを損切りのラインにしてまずは赤い下降トレンドラインBを目標に、それを越えた場合は日足平均線を目標に攻めて行くといいでしょう。


コメントの投稿

非公開コメント

応援クリックお願いします
 にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
総合FX口座ランキング
1位 ヒロセ通商
2位 外為オンライン
3位 JFX
4位 YJFX
5位 みんなのFX
プロフィール

Author:トウケンFX
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
投研ツィッター